目次
大事なお話
鏡の法則
男と女
男と女 ここがちがう
究極の浮気防止法
エッチの回数
ブスの25箇条
夫を早死にさせる10か条
お笑い
オチが秀逸なお話
幸福のメール(お笑い編)
大人の会話 
心理テスト『窓』
心理テスト『森と林』
読み物日記
占いで運勢が悪いといわれて落ち込んでる人へ
クリスマスの思い出
かっこいいオッちゃん
落としたサイフが戻ってくる確率を5倍も高める方法
四次元の世界
新しい使い方を提案
最後の授業
藤田隆志さんの講演会
カジノはv( ̄ー ̄)v
仁義
雲の消し方
心が温かくなるお話
赤ちゃんの詩
この気持ち伝えたい
子犬と男の子
子供を教える真の教師
喜ばれるお金の使い方
1番大切な10円玉
りんごの木と男の子の物語
天国からのビデオレター
『詐欺』『金庫破り』『暖かいスープ』
新しいウサギとカメの物語
二人の天使
自分らしく生きるために
イチローの作文
イチローの姿勢
イチロー名言集
マジックジョンソンの言葉
メキシコのジョーク(夢の先取り)
勝者と敗者
答えは全て自分の中にある
勝利者は常に諦めない
もう一度人生をやりなおせるのなら
極楽と地獄の岐れ路
自分の意志で選択した人生
お勧めの本
イヌが教えるお金持ちになるための知恵
マーフィーの黄金律
楽しく生きよう♪笑顔が一番
天使の指輪
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

41 / 49ページ

勝利者は常に諦めない

 

モチベーションを高めるいいお話がありましたので紹介しま~す☆

やる気がなくなってきたと思った時や
モチベーションを高めたい時にぜひ読んでみてください

 

--------------------------------------------------------

ここはヤンキースタジアム。

6歳になるピートはお父さんと野球の観戦です。

9回裏、ヤンキースの攻撃。

ヤンキースは1対0で負けていますが、ワンアウト、ランナー一塁。

一発出れば逆転のチャンスです。

ピート君は興奮して言います。

『ねぇ、パパ見てて!!次の打者がきっとホームランを打つよ!!』

そしてその結果は…。

見事ホームラン!! さよならアーチです!!

ピート君は夢見心地で、

『ねぇパパ、僕もメジャーリーガーになれるかな?

ヤンキースタジアムのバッターボックスに…立てるかな?』

うつむきながらピート君は言います。

お父さんはにっこり微笑んで、

『あぁ、なれるさ。最後まで諦めなければな。』  
それからピート君の猛練習が始まりました。

右腕に障害のあったピート君、始めは仲間に入れてもらえませんでしたが、

一人もくもくと練習を続けました。

そして、ある日試合に出してもらえたピート君は、八面六臂の大活躍!!

草野球チームで引っ張りだこになりました。

中学を卒業したピート君は、プロを目指し、野球学校に入校します。

ピートは誰よりも真面目に練習しました。

誰よりも早く練習場に行き、誰よりも遅く練習場を出ました。

守備も打撃も誰よりもうまいピート。

しかし…。

どこのDリーグもピートと契約してくれません。

アメリカはメジャーリーグを頂点とし、

AAA、AA、A、B、C、Dリーグとピラミッド型を構成しています。

でもピートは腐らず黙々と練習します。

その姿に感動した学校の先生は、Dリーグの監督を集め、ピートを見てもらいます。

そして、結果は……!!!

どこの監督も契約してくれませんでした。

ピートが利き腕に障害があったからです。

卒業したピートはアマチュア選手として活躍しました。

しかし、彼は夢を諦めきれず、

24歳の時、ニューヨークに行き入団テストを受けにいきました。

しかし取り合ってくれません。

十ドル紙幣を取り出し

【此れはぼくの全財産ですが、あなたに預けます。

 僕に入団テストを受けさせて下さい。もし、ぼくがチームの役に 
 立てそうになかったら、返さなくて結構です】

といいいました。

オーナーは自信と必死な態度に負けて、 テストだけは受けさせることにしました。

その時ピートは…。

見事合格することが出来たのです!!

1942年晴れてマイナーリーグのプロになることなりました。

その年、ピートの打率は3割8分1厘で【打率トップ】でした。

2Aリーグに昇格し、1944年には3割3分3厘の打率と、

ホームラン5本、ホームスチール10回を含む68盗塁という

輝かしい成績をあげ、【MVP】を獲得しました。

そして、その翌年…。

メジャーリーグのブラウンズと契約できたのです!!

打席に立つピート。

夢にまで見たメジャーリーグの打席です。

第一打席。

ピートは力いっぱいバットを振ります!!!

三振!!

第二打席。

ピートは渾身の力でバットを振りますが…。

またしても三振です。

第三打席。

ピートは狙い済ましてバットを振りますが…。

残念ながらバットとボールは離れ離れ。

三球三振です。

しかし、観客はピートが三振して打席を去っても、

席から立って拍手を止めませんでした。

ずっと続くかと思われるくらい、拍手を止めませんでした。

三球三振なのにです。

なぜでしょうか?

それは…。

そう、彼には右腕がなかったのです。

片腕のメジャーリーガー、ピート・グレイ。

彼は6歳のとき、列車から転落するという事故で利き腕の右腕を失います。

絶望しかけるピート。 それを力強く励ます父親。

ピートは夢を諦めませんでした。

メジャーリーガーになるという夢を諦めませんでした。

そして、かれはとうとうその片腕で夢をつかんだのです。

最後にピートの言葉を書きます。

私の子供の頃の夢は、ヤンキースタジアムで野球をすることでした。

そして、それを叶えられたことが、自分の人生にとって、

もっとも素晴らしい出来事だったと思います。

自分のような、体に障害をもつ者にとって、練習こそが全てでした。

でもたとえ練習しても自分にやってくるチャンスはわずかなものでした。

ある時こう言われたことがあります。

「両方の腕があっても、野球をするのが難しいのに、

片腕で野球なんかできるわけがないだろう」

それでも諦めず、自分は常に夢に向かって練習したのです。

A winner never quits.

『勝利者は常に諦めない』

ピートグレイ

--------------------------------------------------------

ピートグレイ氏の『勝利者は常に諦めない』というお話から、
何かを感じてもらえればうれしいです。

 

エンジェルカズキは20代の頃

『世の中は勝者を求めてる!!敗者に用はない!!』

という言葉に凄く刺激されました。
当時は、この勝者というのを他人と比べての勝者だとおもって
ガムシャラに競争して走ってました。
障害物は、よけずに、やっつけたり、蹴飛ばしたり、してきました。
洋梨?にはなりたくないというハングリー精神で生きてました。
それが正しいかまちがってるかはわかりません。
でも一ついえることは、いつも気が張っていて安堵感はなかったです。

年を重ねていろんな経験をしてきた今はわかります。
勝者というのは、他人と比べてどうかじゃなく
自分の弱い心(あきらめや絶望や罪悪感)に負けずに
いつも希望を持って自分らしく生きている人なんだと。


ピートグレイ氏がいう

『勝利者は常に諦めない』 は

どんな状況でも自分の信じた道を、自分の人生をあきらめないという意味じゃないかと
エンジェルカズキは思ってます。

 


もう一度人生をやりなおせるのなら


ピータードラッカーが晩年95歳のときに書いたという詩を紹介します。

この詩から何かを感じてもらえたら嬉しいです。

 

-----------------------------------------------

 

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。

もっと寛ぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、

もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、

行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、

お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、

頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

 


もう一度最初から人生をやり直せるなら・・・

春はもっと早くから裸足になり、

秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、

もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、

もっとたくさんの夕日を見て、

もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

 


もう一度人生をやり直せるなら。

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、

起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、

構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、

もっとシンプルに生きよう、

たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、

人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。

 

ピーター・ドラッカー

 

 


極楽と地獄の岐れ路

極楽と地獄の岐れ路
京都の松尾寺というところにある
極楽(しあわせ)と 地獄(ふしあわせ)の岐れ路という人生訓を紹介します。


■幸福への近道 

                  

早起きする人 
熟睡できる人     
感謝して真剣に努力する人        
仕事を趣味に能率を計る人        
義務も責任も進んで果たす人      
時間を守る人 
礼儀正しい人      
頼もしい人 
融和を計る人          
人も自分をも尊敬できる人        
常に反省し素直に改める人      
何事も善意に解釈する人        
注意深い人 
決断の速い人     
心身の健康を心掛ける人        
質素で金を活かして使う人        
孝心深い人  
恩に報いる人      
親切で人の為によく尽くす人      
良心と優しい愛情に満ちた人     
恥を知る人 
偽りのない人              
信念に徹した人 
辛抱強い人     
どんな苦難も悠々耐える人       
生き甲斐を求め精進する人      
夢と希望に笑顔で生きる人 

      

 

■不幸を自分でつくる人

 

心の暗い人 
不愉快に暮らす人
絶えず不満や愚痴の多い人
やる気がなくよくサボる人
無責任な人 
法規を守らぬ人
時間も“物”も無駄にする人
陰口が多く人の和(輪)を乱す人
卑下する人 
自信なく焦る人
信仰心がなく自我の強い人
神佛に無理な願いをする人
心が狭くすぐ腹を立てる人
暴飲暴食をする人
自分を粗末にする人
お金を浪費し賭け事をする人
悪友も道楽閑も多すぎる人
公徳心なく迷惑を掛ける人
利己的気儘自分本位の人
迷いも取り越し苦労も多い人
欲の深い人 
自惚れの強い人
依頼心の強い人 
苦労に負ける人
義理より権利を主張する人
貴重な一生を無為に過ごす人

 

 

 

 

この人生訓を見てエンジェルカズキが思ったのは


良い事をすれば良い事がおこる
悪い事をすれば悪い事がおこる  という因果応報の法則ですね。


人生は日々の生活習慣の積み重ねですから、
良い生活習慣を続けてると良い人生になり、悪い生活習慣を続けてると悪い人生になります。

 

そして類友の法則(類は友を呼ぶ)が働き、
(幸福への近道)に書かれてることを実践している人の周りには幸福な人達が集まってきます。
そして本当に幸せになっていきます。
(不幸を自分でつくる人)に書かれてることを実践している人からは幸福な人達は自然と遠ざかり、
同じように(不幸を自分でつくる人)に該当している人達が周りに集まってきます。
そして本当に不幸になってしまいます。


(不幸を自分でつくる人)に該当している人はどうすればいいかというと、
この人生訓が明確に示してくれています。


(不幸を自分でつくる人)に書かれている日々の行動や考え方を改め、
(幸福への近道)に書かれていることを実践していけばいいです。


いきなり全部をしようと思えば大変ですから
どれか1つ実践して、まず1年なら1年、やり通してみてください。

 

1年間やり通しているうちに少しづつ、(不幸を自分でつくる自分)から
(幸福への近道を進んでる自分)へと転換していきます。


そして、その積み重ねが人生を良い方向に大きく転換させてくれると思います。

 


自分の意志で選択した人生


安藤昇さんの言葉をご紹介します。
何かを感じてもらえたらうれしです。

 

------------------------------------------------------------

 

たとえば、プロゴルファーをめざすI君のような
強烈な個性を貫くのも人生なら、

ヤマっ気を起こさず、
「会社の歯車で結構」
というのも、ひとつの見識だ。

あるいは、
「生き甲斐などというむさくるしいものは願い下げ、自由気ままに生きるさ」
というのもまた立派な見識だ。

要するに人生は与えられるのではなく、
自分の意志で決定することが大切なのではあるまいか。

ろくな人生を歩んでこなかったオレだが、ひとつだけ自負できるのは、
よくも悪くも、すべて自分の意志で選択した人生であるということだ。


           by  安藤昇

 


イヌが教えるお金持ちになるための知恵

おすすめの本をご紹介します。
 

それは
 
「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」
 
  著者 ボード・シェーファー
 

という本です。
 

先日、なにげなく本棚を見ていたら
この本を急に読みたくなり、10年ぐらいぶりに読みました。
 

エンジェルカズキは読まなくなった本を
BooK Off にこの5年間で10000冊以上は売ってるので
本棚にこの本が残ってること自体、奇跡に近いことです。
潜在意識がこの本は売ってはいけないと訴えてたんだと思います。
 

読んでみて忘れていたことをいっぱい思い出しました。
 

10年前に独立して、今現在、経済的にある程度自由になれて、
プチリタイヤ生活が出来てるのもこの本のおかげのような気がします。
 
今のエンジェルカズキがいるのは
この本の影響が大きかったことに改めて読んでみて気づきました。
 

特に本の中に出てくる
 
 
 
「サクセスダイアリー」
 
 
 
という自信のつけ方。
 
これは本当にすごいです。
 
サクセスダイアリーは今ではエンジェルカズキの
自分だけの宝のバイブルになっています。
 
困難な状況になったり不安になったり、
自信を失くしかけたりしたときに、
このサクセスダイアイリーをいつも読みなおしました。
サクセスダイアリーを読んでると自信と勇気が沸いてきて、
どんな状況も乗り越えて前に進むことができました。
そして、サクセスダイアリーのページがまた増えていく・・・
 
家が火事になっても、エンジェルカズキは
このサクセスダイアリーだけは持って逃げます。
 
 
 

「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」の
訳者の方が最後のあとがきで
 
 
 
「この本を手にしたあなたはとても幸せな人です。
 なぜって、こんなに素晴らしい本にめぐりあうことは、
 人生の中でそう何度もあることではないからです。」
 

「お金の話がこれほど面白く物語られ、読む者の心を揺り動かし、
 しかも、お金と付き合うための大事な知恵が
 筋を追いながら自然と身につく。
 こんなに便利で楽しい本はまたとありません。」
 

「この本がもつとても不思議な魅力は、
 大人が読んでも子供が読んでも、
 つまりどんな社会のどんな立場の人が読んでも、
 今すぐその状況から自分のお金に対する意識と、
 人生に対する姿勢を考え直して
 実行に移すことが出来るところにあります。
 そしてまごころあふれる健康な富にむかって、
 無理なく自分なりの自分らしいやり方で進んでいけるのです。」
 

と言っていますが、そのとおりの本だと思います。
 
 
 
ぜひ、皆さんも読んでみてください。
 
 
 
特に子供さんがいてる方は、子供にも読ませてあげてください。
 
この本の主人公は11歳の女の子ですから
子供にもすごくわかりやすく読みやすい内容になっています。



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について