目次
大事なお話
鏡の法則
男と女
男と女 ここがちがう
究極の浮気防止法
エッチの回数
ブスの25箇条
夫を早死にさせる10か条
お笑い
オチが秀逸なお話
幸福のメール(お笑い編)
大人の会話 
心理テスト『窓』
心理テスト『森と林』
読み物日記
占いで運勢が悪いといわれて落ち込んでる人へ
クリスマスの思い出
かっこいいオッちゃん
落としたサイフが戻ってくる確率を5倍も高める方法
四次元の世界
新しい使い方を提案
最後の授業
藤田隆志さんの講演会
カジノはv( ̄ー ̄)v
仁義
雲の消し方
心が温かくなるお話
赤ちゃんの詩
この気持ち伝えたい
子犬と男の子
子供を教える真の教師
喜ばれるお金の使い方
1番大切な10円玉
りんごの木と男の子の物語
天国からのビデオレター
『詐欺』『金庫破り』『暖かいスープ』
新しいウサギとカメの物語
二人の天使
自分らしく生きるために
イチローの作文
イチローの姿勢
イチロー名言集
マジックジョンソンの言葉
メキシコのジョーク(夢の先取り)
勝者と敗者
答えは全て自分の中にある
勝利者は常に諦めない
もう一度人生をやりなおせるのなら
極楽と地獄の岐れ路
自分の意志で選択した人生
お勧めの本
イヌが教えるお金持ちになるための知恵
マーフィーの黄金律
楽しく生きよう♪笑顔が一番
天使の指輪
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

34 / 49ページ

イチローの作文

 

僕 の 夢
 
                      愛知県西春日井郡とよなり小学校
                             6年2組  鈴木一朗
 
 僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。
 そのためには、中学、高校と全国大会に出て、活躍しなければなりません。
 活躍できるようになるためには、練習が必要です。
 
 僕は3才の時から練習を始めています。
 3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、
 365日中、360日は激しい練習をやっています。
 だから、1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。
 そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。
 
 そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
 そして、その球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。
 ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。僕が自信のあるのは、投手か打撃です。
 
 去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
 そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、
 打撃では、県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。
 そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。
 このように、自分でも納得のいく成績でした。
 
 そして、僕たちは、1年間負け知らずで野球ができました。
 だから、この調子でこれからも頑張ります。
 
 そして、僕が一流の選手なって試合に出られるようになったら、
 お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。
 とにかく、一番大きな夢は、プロ野球の選手になることです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「とにかく、一番大きな夢は、プロ野球の選手になることです」

 

小学6年生にして、はっきり自分の夢や目標を明確にして、
日々それに向けてぶれることなく行動しているのが凄いです。

イチローは自分が一流の選手になって試合にでている姿や、
お世話になった人に招待券を配って、応援してもらっている場面なども
小学6年生の時点で具体的にイメージングできていたんですね。


エンジェルカズキが思うイチローの本当の凄さは

「そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います」

「必ずプロ野球の選手になれると思います」この言葉が出るまで練習をしていることです。

やる気がその気に変わるまで、練習や準備をとことんする。

エンジェルカズキはイチローが大好きです☆

 


イチローの姿勢


イチローは野球選手ですが、イチローの考え方や行動(姿勢)は、
あらゆる分野での模範になるなると思います。


そんなイチローの姿勢を象徴するエピソードを紹介します。

人間力.com より転載します。

 

中村豪(愛工大名電、豊田大谷高校野球部硬式野球部元監督)

の話した言葉です。


 

■高校時代のイチロー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 愛知工業大学名電高校、豊田大谷高校で
 野球部監督を務めた31年間、
 部員たちに口酸っぱく言ってきた言葉がある。

 


「やらされている百発より、やる気の一発――」

 


 いくら指導者が熱を入れても、選手側が
 「やらされている」という意識で
 ダラダラ練習をしていたのでは何の進歩もない。

 


 やる気の一発は、やらされてすることの百発にも勝る。

 


 そのことを誰に言われずとも実践し、
 自らの道を開拓していったのが高校時代のイチローだった。

 


 彼と初めて出会ったのは昭和63年、私が46歳の時である。


「監督さん、すげーのがおるぞ」というОBからの
 紹介を受けた私の元へ、父親とやってきたその若者は、
 170センチ、55キロというヒョロヒョロの体格をしていた。


 こんな体で厳しい練習についてこられるのか、
 と感じたのが第一印象だった。

 


 私の顔を真剣に見つめながら

 


「目標は甲子園出場ではありません。
 僕をプロ野球選手にしてください」

 


 と言う彼に、こちらも「任せておけ」とはったりを噛ました。


 700人以上いる教え子のうち、14人がプロ入りを果たしたが、
 自分からそう訴えてきたのは彼一人だけだった。

 


 愛知には三強といわれる野球伝統校があるが、
 彼が選んだのは当時、新興チームだった我々の愛知名電高である。

 


 監督の私が型にはめない指導をすること。
 プロ入りした選手の数が全国随一だったこと。
 実家とグラウンドの距離が近かったこと。
 3年間寮生活をすることで、自立心を養い、
 縦社会の厳しさを学ぶこと。

 


 すべてあの父子の、熟考を重ねた末の選択であった気がする。

 


■グラウンドに幽霊が出る?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 鳴り物入りで入部したイチローは、
 新人離れしたミートの巧さ、スイングの鋭さを見せた。

 


 走らせても速く、投げては130キロ近い球を放る。


 1年秋にはレギュラーの座を獲得し、
 2年後にはどんな選手になるだろう、と期待を抱かせた。

 


 一方、彼の父親は毎日午後3時半になると
 必ずグラウンドへ駆けつけ息子を見守った。


 打撃練習ではネット裏を、投球練習ではブルペンを陣取り、
 逐一メモを取っている。

 

 まるで、監督の監督をされているようで
 あまり気分のいいものではなかった。

 


 非凡な野球センスを持っていたイチローだが、
 練習は皆と同じメニューをこなしていた。

 

 別段、他の選手に比べて熱心に打ち込んでいる様子もなく、
 これが天性のセンスというものか、と私は考えていた。

 

 

 

 そんなある日、グラウンドの片隅に幽霊が出るとの噂が流れた。

 


 深夜になり私が恐る恐る足を運んでみると、
 暗がりの中で黙々と素振りに励むイチローの姿があった。

 

 結局、人にやらされてすることを好まず、
 自らが求めて行動する、という意識が抜群に強かったのだろう。

 


 その姿勢は日常生活の中でも貫かれており、
 彼は人の話はよく聴くものの、それを取り入れるべきか、
 弾いてしまうべきかについての判断を非常に厳しく行っていた。

 


 友達同士で話していても、自分の関心のないことに話題が及ぶと、
 ふいとどこかへ消えてしまう。

 

 

 そんな、わがままとも、一本筋が通っているともいえる
 「選択の鋭さ」が彼には備わっていたのだ。

 


「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」といわれるが、
 スポーツはただ練習量をこなせば上達していくものではない。

 

 監督の役割はチームを束ねることだけで、
 本人が真に成長するポイントは教えて教えられるものではないのだ。


 自分自身との日々の戦いの中で、
 本人が掴んでいくより他、仕様がないのである。

 

 


「センター前ヒットならいつだって打ちますよ」
 と豪語していた。

 

 

 

■金字塔の陰にあるもの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 プロ入り後の活躍は皆さんもご承知のとおりだが、
 入団1年目に彼は首脳陣からバッティングフォームを
 変えるようにと指示を受けたらしい。

 

「フォームを変えるか、そのまま二軍へ落ちるか」


 と厳しい選択を迫られた彼は、フォームの修正を拒否し、
 自ら二軍落ちの道を選ぶ。そしてその苦境の中から
 あの振り子打法を完成させるのである。

 


 その後も評論家からは「あんなフォームで打てる訳がない」
 などと酷評されたが、結局彼は自分の信念を押し通し、
 球界に数々の金字塔を打ち立てた。


 その根っこには、人並み外れた彼の頑固さと、
 野球に対する一徹な姿勢があるのだと思う。

 

 

 

 高校時代のイチローを思い出す時、必ず浮かんでくる場面がある。
 彼にとって高校生活最後の県大会。

 

 決勝戦で敗れ、惜しくも甲子園行きを逃したナインは
 試合後、抱き合いながら号泣していた。

 

 

 イチローはうな垂れる選手たちを尻目に応援団席に歩み寄り、
 ユニフォームを着れなかったたった一人の同級生に
「ごめんな」と声をかけていた。

 


 涙一つ見せず、その表情は実にさばさばとしたもの。
 あの時、イチローの目はすでに、
 プロという次なる目標を見据えていたのだろう。

 

 

 

 今年、イチローは大リーグで日米通算3,000本安打という
 偉業を達成したが、これも彼にとっては
 単なる通過点にしかすぎないのだと思う。

 


 いまや世界のスーパースターになったにも関わらず、
 彼は毎年正月になると私の元を訪ねてくる。


 その姿勢はどこまでも謙虚で少しも驕るところがない。

 


 私がイチローを育てたと言われることがあるが、
 私は彼のことをただ見守ったにすぎない。
 私のほうが逆に、彼に教えられたことばかりである。

 


イチロー名言集


イチロー名言集
 

【 夢をつかむイチロー262のメッセージ 】
 

著者 「夢をつかむイチロー262のメッセージ」編集委員会
 
発行、発売 ぴあ株式会社
 
 
 

上記の本の中からイチローのメーセージをいくつか紹介します。
 
勝負の世界、プロの世界、
結果を出さないといけない仕事をしてる人には必読のバイブルですよ。
 
イチローのメッセージは野球だけでなく
トレード(株の売買)にも他のスポーツにもビジネスにも当てはまります。
 
トレードでスランプになった時とか、この本を読むと
不思議とスランプから抜け出せるんです。
イチローのプロ意識はさすがだなぁ~とおもいます。
見習いたいです。
 
 
 
-----------------------------------------------------
 
■夢をつかむというのは、一気にはできません。
  小さい事をつみかさねることで、いつの日か、
  信じられないような力を出せるようになっていきます。
 
■小さい事を重ねることが、とんでもないところに行く、ただ1つの道。
 
■自分自身が何をしたいのかを、忘れてはいけません。
 
■自分のやっいることは、理由があることでなくてはいけないとおもっているし、
  自分の行動の意味を必ず説明できる自信もあります。
 
■初心を忘れないことっていうのは大事ですが、
  初心でプレイをしていてはいけないのです。
  成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけません。
 
■誰かを勇気付けようとしたものでもなく、自分を満足させようとした結果、
  世の中の人に何かを感じてもらえて、楽しんでもらえたわけです。
 
■人とちがう事をやるというのが僕の基本ですから。
 
■自分が作りあげてきたものを崩すわけにはいきません。
  自分の技術を支えている気持ちがきれると不安が出ますから、
  それだけはしてはいけません。
 
■常に先の事を予測する習慣をつけることは、大事だとおもいます。
 
■ヒットを1本増やしたいとポィティブに考えるのです。
  そう思っていれば打席に立つのが楽しみになりますよね。
 
■何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、
  打った塁上では「次の打席が大事だ」と思っていました。
 
■勝ちパターンにはまらないと勝てないチームには限界があります。
  いろいろな場面や展開に対応できればチームとしての幅が広がります。
 
■ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。
  自分にとって一番大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。
 
■1試合1試合ベストをつくしましたし、
  準備を怠ったことはなかったとおもいます。
 
■自信がなくてグラウンドに立つことはまずないでしょう。
 
■まッさらな試合に先頭で望むバッターが
  あきらめて打席に立つことなんてありえません。
 
■びっくりするような好プレイが勝ちに結びつくことはすくないです。
  確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いとおもいます。
 
■自分のミスによる凡打が減って前進できました。
 
■なかなかうまくいかないことをのりこえようという自分がいて
  のりこえられたら、それは最高です。
 
■やらされる練習じゃなければ、いろんなことが、うまくまわってきます。
 
■同じ練習をしていても、何をかんじながらやっているかで
  ぜんぜん結果は違ってくるわけです。
 
■満足の基準は、少なくとも誰かに勝ったときではありません。
  自分が定めたものを達成した時に出てくるものです。
 
■「達成できないのではないか?」という逆風は最高です。
  「がんばれ、がんばれ」という人がいるより、僕は
  「できないでいてくれ」と言う人がいるほうが熱くなる。
 
■「できなくてもしょうがない」は終わってから思うことであって
  途中にそれを思ったら、絶対に達成できません。
 
■結果が出ず、その原因がわからない時は不安になった。
 
■いろいろな怖さを知って、その怖さをのりこえて、
  自分の技術を確立して残した数字は重みがちがいます。
 
■苦しい事の先に、新しい何かが見つかると信じてます。
 

■「そう思わないようにする」というなら
  「そう思ってしまっている」ということです。
 

■どんな状況でも一定のラインをクリアするのがプロですから。
 

■ヒットが出ない試合が続いていて
  次の1打席目でもヒットがでないと、
  今日もダメかとおもってしまう人が多いと思います。でもそこが大事。
  きっかけをつかむために、次の打席も集中する自分でないと、まずいですね。
 
■僕の中のスランプの定義というのは、感覚をつかんでいないことです。
 
■自分達のペースで試合をできないという状況なら、
  いくら力を持っていても負けてしまう可能性があるわけです。
 
■どうやってヒットを打ったかが問題です。
  たまたま出たヒットでは、なにも得られません。
 
■ピッチャーの決め球を打つのか、甘い球を待って打つのかで、
  バッテリーに与える精神的影響は、ぜんぜん違ってきます。
 
■練習で100%自分を作らないと、打席に立つことはできません。
  自分の「形」をみつけていないと、どん底まで落とされます。
 
■プレイをみるだけで、なにを語ろうとしているかわかる選手は
  かっこいいとおもいます。
 
■モチベーションは野球が好きだということです。
 
■打線が苦しい時には、守備とか走塁で流れを作るのが野球の基本です。
 
■結果を出せないと、この世界ではいきていけません。
  プロセスは野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です。
 
■打ち続けなければクビだし、プロは勝ち続けなければなりません。
 
■自分のベストを更新していくというのは、したいことでもあるし、
  しなくてはいけないことです。
 
■突出した実力者になるには、長い間、安定した成績を残さないといけません。
 
■アマチュアではないので、勝つことだけが目標ではありません。
  プロとして自分がどういうプレイをするのかがすごく大事です。
 
■他人が思う成功を、追いかける必要はありません。
 
■勝負の世界っていうのは、結果をださないとものを言えない世界ですから。
 
■実戦でないとできないことがあります。一瞬の判断は、練習では養われません。
 
■バッターには、積極的に打とうと思う体と、我慢する体の両方が要ります。
 
■考えて実行して見せてやることの効果は大きいです。
 
 
 

【イチローの凄さのまとめ】
 

ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。
自分にとって一番大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。
1試合1試合ベストをつくしましたし、
準備を怠ったことはなかったとおもいます。
自信がなくてグラウンドに立つことはまずないでしょう。
 

基本といえば基本ですが、
シーズンを通して当たり前のことを当たり前にできることが
イチローのすごさだとエンジェルカズキはおもいます。
 
 
 
最後にイチローが少年野球の子供達に話した言葉です。
子供がいたら話してあげたいです。
 
 
 
自分の思った事をやりつづけることには後悔がありません。
  もし、それで失敗したとしても後悔は絶対にないはずですから。
 
何かをしようとしたとき、失敗をおそれないでやってください。
  失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。
  必ず、将来の役に立つとおもいます。
 
僕からみんなへのおねがいです。
  みんなもぜひ、重要なポイントが来た時に自分の意志で何かを
  決めれるような大人になってほしいとおもいます。


マジックジョンソンの言葉


「マジックジョンソンの言葉」を紹介します。
 
自分の人生は、他人ではなく、自分が生きるということだと思います。
 

☆☆マジックジョンソン☆☆ 
---------------------------------------------
 
『君には無理だよ』という人の言うことを、聞いてはいけない
 
もし、自分でなにかを成し遂げたかったら
 
出来なかった時に他人のせいにしないで
 
自分のせいにしなさい
 
多くの人が、僕にも君にも「無理だよ」と言った
 
彼らは、君に成功してほしくないんだ
 
なぜなら、彼らは成功出来なかったから
 
途中で諦めてしまったから
 
だから、君にもその夢を諦めてほしいんだ
 
不幸なひとは、不幸な人を友達にしたいんだ
 
決して諦めては駄目だ
 
自分のまわりをエネルギーであふれ
 
しっかりした考え方を、持っている人でかためなさい
 
自分のまわりを野心であふれ
 
プラス思考の人でかためなさい
 
近くに誰か憧れる人がいたら
 
その人に、アドバイスを求めなさい
 
その人に、アドバイスを求めなさい
 
君の人生を、考えることが出来るのは君だけだ
 
君の夢がなんであれ、それに向かっていくんだ
 
何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ
 
何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ・・・
 
---------------------------------------------
 

エンジェルカズキは自分の可能性(人間の可能性)について持っている信念があります。
 
自分の可能性は他人が決めるものではない。
自分の可能性は自分で限界を決めない限り、無限の可能性がある。
自分の可能性は人との出逢いによって無限に広げられる。
 

『 無限の可能性を求めて・・・ 』
 


 


メキシコのジョーク(夢の先取り)


エンジェルカズキが今の幸せを確認でき、
いろんな気付きを得たお話を紹介します。
 
-------------------------------------------------------------------
 
 ☆~~~シリコンバレーで大成功した男の助言~~~☆
 
 
 カリブ海沿いのひなびた田舎町。
 
 メキシコ人の漁師が近くの岩場から、
 小さな網を海に投げて魚を捕っていました。
 
 2回も網を投げれば、生きのいい大きな魚が何十匹も取れます。
 
 その光景を最高級リゾートホテルから見ていた、
 アメリカ人旅行者(シリコンバレーの成功者)は非常に感動して、
 麦藁帽子をかぶって腹の出ている漁師に近づいて言いました。
 

 「たった2回の網でこんなにたくさんの大きな魚が取れるなんて、
  この海はなんて豊かなんだ」
 

 「このあたりはこんなもんさ。昨日もそのまえも同じだよ」
 

 「でもどうして2回なんだ。何十回と網を投げたらどうなんだい?」
 

 「わしと嫁さんと5人の子供たちが食べるにはこれで十分なんで」
 

 「欲のないやつだな。それじゃ余った時間は何してるんだ?」
 

 「日が高くなる頃に起きて、それから少しのあいだ漁に出て、
  戻ったらシャワーを浴びてビールを飲んで昼飯さ。 
  それから子供と遊んでみんなでシエスタして、
  夜になったら友達と冗談言いながらテキーラ飲んで、
  ギター弾いて歌を歌って一日が終わるんだ。 
  そんなに余った時間はないよ」
 

 旅行者はまじめな顔で漁師に向かって言いました。
 
 「ハーバード・ビジネススクールでMBAを習得し、
  シリコンバレーで大成功した人間として、
  お前さんに一言アドバイスをしてあげよう」
 
 「いいかい、お前さんは毎日、もっともっと長い時間漁をすべきだ。
  それで余った魚は売る。お金が貯まったらまず小さな漁船を買い、
  漁獲高を上げて、大きな魚船を2隻3席と増やしていくんだ。
  もっと儲けて大漁船団ができたら自前の水産加工工場を建てて世界に進出だ。
  その頃にはお前さんはこのちっぽけな漁村を出てメキシコシティに引っ越して、
  直ぐにニューヨークと東京に事務所を構えるのさ。
  そうしてお前さんはオフィスから大企業の指揮をとるんだ」
 

 麦藁帽子をかぶった漁師は大きなお腹を掻きながら尋ねた。
 
 「そうなるまでにどれくらいかかるんだに?」
 
 「私の経験では20年ぐらいかな」
 

 「それから?」
 
 旅行者は待ってましたと言わんばかりに、
 
 「今度は株を売却して、お前さんは大金持ちさ。億万長者になるんだよ!」
 

 「それで?」
 

 「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村で、
  日が高くなってから起きて、それからチョットだけ漁に出て、
  戻ったらシャワーを浴びてビールを飲んで昼飯さ♪
  それから子供と遊んでみんなとシエスタして、
  夜になったら友達と冗談言いながらテキーラ飲んで、
  ギター弾いて歌を歌って一日が終わるんだ♪ 素晴らしいだろ!!!」
   
 
     -メキシコのジョーク(夢の先取り)より-
 
-------------------------------------------------------------------
 
このお話は、人それぞれ、思うこと気づくことが違うかもしれません。
成功とは何?幸せって何?今の楽しみは何?未来のビジョンは何?
人の成功と自分の成功?人の価値観と自分の価値観?
自分が本当に大切にしてるものは何?本当の自分の幸せは何?
 
このお話から何かをを感じてもらえればうれしいです。



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について