twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 作者 猫鰯ひろき
価格 無料
タグ 泣ける短歌詩集
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 これは、ある一つのテーマに絞って私が書いた詩と短歌を集めたものです。
彼岸花に誘われて、どこか遠いところへ行ってしまったある人への想いを詩にこめました。
 普段は小説を書いている私、猫鰯ひろきが書いた「詩集」詩を掲載し、次のページにはその成立経緯が書かれています。

 どうぞ、気軽にお手にとって、気に入ればダウンロードなんかしちゃってくださいな。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...
100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

もっとみる