twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 作者 猫鰯ひろき
価格 無料
タグ 泣ける短歌詩集
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 これは、ある一つのテーマに絞って私が書いた詩と短歌を集めたものです。
彼岸花に誘われて、どこか遠いところへ行ってしまったある人への想いを詩にこめました。
 普段は小説を書いている私、猫鰯ひろきが書いた「詩集」詩を掲載し、次のページにはその成立経緯が書かれています。

 どうぞ、気軽にお手にとって、気に入ればダウンロードなんかしちゃってくださいな。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる