閉じる


<<最初から読む

12 / 19ページ

第5チャクラ (1-2)

5ポイント [第五チャクラ]

 

 

エネルギーの部位 「首元」
首元から喉の前側にある甲状腺付近、主にホルモンや呼吸に関係が深いです。

 

 

チャクラの役割 「調和」
ここのチャクラは、身体にあるエネルギーの調和を司り、身体面では、交感神経・副交感神経のような、臓器が動く時と休む時のバランスを司る大切なホルモン同士の調和を大切に扱ってします。また、感情面では気持ちを受け取ったり、表現する心の調和をつかさどります。自分の気持ちとの交信、人との交流、臓器同士のコミュニケーションなど、放出されるエネルギーと、吸収するエネルギーの調節の役割があります。

 

 

チャクラカラー「青」
5チャクラのテーマカラーは、海や川の流れをイメージした青です。

 

 


第5チャクラ (2-2)

調子が良い時と悪いとき
ここが調子がいいときは、うまく自分の思っていることを伝えられたり、ホルモンバランス良くなり、汗や体液の分泌など代謝がよくなったりします。この調子が悪くなってくると、思っていることをうまく伝えられないと感じたり、ホルモンのバランスが悪くなり、代謝がよく働かなかったりします。

 

 

チャクラケアのポイント 「受け取る・表現する」
吸収する「食べ物・会話・知識・空気・光など」を飲み混んで身体に取り込み、
自分を表現する「会話・芸術・製造・家庭・栽培など」していき、この二つの要素を同時に行うことで、チャクラは流れを取り戻します。まず、自分が現在の状況をうまくチョイスして飲み込んでいるのか。また、自分の感情をうまく表現しているのか。どちらのバランスに比重がかかっているのかを中心に、時折見つめなおすクセをつけると、足りない部分をつとめて行ったり、過ぎた部分を押さえたりすることができるので、大きな誤差が生じる前に、チャクラをケアすることができます。

 

 

チャクラの強化方法
一番良い方法は、人とコミュニケーションすることです。
相手の話を一言も漏らさず聞いていると疲れてしまい、重要な相手が本当に伝えたかったことが理解できないまま返答するので、自分を表現することも難しくなっていきます。まず、大切なところを聞くことが大切とおもって大らかに受け取ること、そして、受け取ったものと自分の気持ちの調和したところから表現すること。これがポイントです。


親しい人でなくてもいいです、ネットの世界でもいいです。

相手の感情や話を、知識にある美味しい食べ方から選んで、自分なりの噛み砕き方をみつけて、唾液や飲み物を使って、のど元にやさしく食べ物を飲み込むことができれば、自然と消化がうまくいき、食物に余すことなく活力に変えていく経験の数こそが、チャクラを強化していきます。

 

 


第6チャクラ (1-2)

6ポイント [第六チャクラ]

 

 

エネルギーの部位 「眉間」
目と目の間、眉間を位置する眉間が関係が深いです。
また目から耳にかけた三半規管に含まれる場合があります

 

 

チャクラの役割 「直感のアンテナ」
高貴なる精神、神聖な精神が宿り、繋がっていく場所です。
直接的な宇宙エネルギーを身体に受け取るというよりも、神の意思である「宇宙がバランスよく平和に成長していく」意思に基づいたアイディアを受け取ったり、直感で決断・回避を示唆することを感じる場所です。この直感優れている人は、波動がとても高い人です。


ここでいう波動が高い人というのは、慈愛・思いやり・忍耐・感謝・調和などの精神力が高いことを意味します。つまり、目に見えない第三の目が開くのです。本能的に身体に危機を回避することにも時折使われますが、それは神なる(宗教とわず共に幸せになろうとする)意思に添って、「魂に貢献する」という考えからです。 

 

 

チャクラカラー「紫」
6チャクラのテーマカラーは、紫です。
紫は高貴なものを示唆する場面で、よく使われています。

 

 


第6チャクラ (2-2)

調子が良い時と悪いとき
調子が良いときは、自分の最も清らかな心の声を聞き取ることができ、またそれに伴う行動の援助も光の存在から受け取るアドバイスである直感がよく働きます。調子が悪いときは、他者の意見に振り回されて、自分の心の声が聞こえにくくなり、またそれに伴い、光の援助であるアドバイスも直感から受け取りにくくなります。

 

 

チャクラケアのポイント 「楽しむ」
ここでいう楽しむとは、大騒ぎするだけではありません。
周りに振り回されず、ストレスをなるべく感じない状態、一人よりもみんなと繋がって楽しむことを選ぶと、直感は鋭くなっていきます。誰かと比べず、リラックスして、みんなと一緒に幸せになる状態を努めることに、アンテナはより、感度を増していきます。

 

 

チャクラの強化方法
このチャクラは強化しようと向上できないのは、元々完璧であるためです。
他のチャクラから上がった波動に伴い、神の意思のアンテナを聞かせる役目であり。
修行のように鍛えても、あまりチャクラはケア・向上していきません。なるべくチャクラをクリアに保つために、眠る前、優しい言葉・楽しい言葉・奇麗な言葉で、自分に語りかけてみたり、誰かを思い浮かべて語りかけてからなどしすると、クリアが保たれてます。

 

 


第7チャクラ (1-2)

7ポイント [七第チャクラ] (スピリチュアルソース)

 

 

エネルギーの部位 「頭上」
身体に触れていない、頭の上辺りの空間を指します。

 

 

チャクラの役割 「高次元の意識を繋げる」高次元の意識とは、わかりやすく言うと、神の意識とのつながりを示します。自分の中にも神なる意識は存在しますが、この場合繋がるのは現在所持する魂以外の神、つまり高次元の神との交流に当てはめられます。

 私達は色んな意識と繋がって生きています。繋がることによって、様々な情報を有することができます。第4チャクラでは、生きるためにスピリチュアルな宇宙パワーなど受け取る分野でしたが、この第7チャクラでは、情報やクリアな意識を保つために、意識の中で光を見失わないようにしていく役割があります。

 

 

チャクラカラー「透明(輝いたクリアな水晶)」
透明かつ、輝きのある光沢のあるものが適切です。その中でも、日差しや月の光に照らされた磨かれた水晶がおすすめです。水晶を使用する場合は、パワーを受け取ることと同時に、身体に眠っている使用しない余分な分野のパワーもクリアにする意識で使用してください。

 

 



読者登録

里穂さゆりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について