閉じる


第3チャクラ

第3チャクラ (1-2)

3ポイント [第三チャクラ]

 

 

エネルギーの部位 「胸まわり」
胸部・心臓・肺といった気管など、呼吸器系に関係しています。

 

 

 

チャクラの役割 「愛の感受性」

一言で言うと、愛そのものです。
人は幸せ=充足感を感じるために、ここに生まれてきました。どんなに成功哲学書を読んで、カタチが成功しても、このチャクラが愛で満たされて充足感を感じないと、幸せを感じることは、まずありません。いろんな幸せの形があります。「幸せになる」という真に欲することを司る、人が愛を感じる最も重要な場所です。

 

 

チャクラカラー「ピンク(桜色)」
3チャクラのテーマカラーは、ピンク(淡い桜色)です。


 


第3チャクラ (2-2)

調子が良い時と悪いとき
ここのチャクラがしっかり循環していると、ゆったりとした呼吸を保ち、自分と他者を許し、愛する慈愛を感じられるようになり、人間らしい優しさに満ちた感情を持ちながら、穏やかな状態を保つことができます。また、循環が滞っているときは、自分や他者を信じることがなかなかできず、感情より理性が勝ってしまい、人間らしい感情の表現が損なわれ、相手の感情をこのチャクラで感じないため、コミュニケーションで相手に誤解されやすくなります。

 

 

チャクラケアのポイント 「許しと感謝」
このチャクラのケアの仕方は、許しと感謝です。
まずは、自分を許すこと。次に、世界を許すこと。つづいて、他者を許すこと。
許すことで、愛を感じることができます。そして、感謝です。あなたが生きていることによって、感謝する人が居ます。人以外にも、地球は感謝という愛のエネルギーを発するあなたに感謝しています。地球のエネルギーの源は、母性のような穏やかな愛です。自分と相手とその間に流れる時間を許して、感謝を通して、愛し合う感受性がケアされていきます。

 

 

チャクラの強化方法
エネルギーを強めるには、感謝を思い出すクセをつけることが、一番効果的です。
一瞬でもいいので、改めて振り返ってありがたいなと感じるようしてみてください。クセがついてきたら、今度は小さな感謝を感じたら口に出したり、表現したりする速度を速めます。

これだけのことをやってから、ありがとうを言おうという判断基準ではなく、
受け取ったらすぐにお返ししていく、スピーディーなレスポンスが感謝には大切です。
感謝は長い間、気持ちを暖めてから伝える手段もありますが、
相手の心が冷え切ってから、それを実行すると、気持ちが伝わらないこともあるので、
ぜひ、このクセや習慣を身に着けてみてください。