閉じる


<<最初から読む

33 / 64ページ

 

いよいよ修道院の中へ。そう、今まではただ単に、土産物屋と宿屋と食べ物屋で過密状態の

村を抜けて、修道院への入り口までの坂を上って来ただけ。

 

ガイドさんはかなり息が切れていた。。。


 

そして我々の侵入を阻むかのように、ガーゴイルの口から突然水が!

 

幸い誰も濡れませんでしたが、ビックリしました。

基本的には雨樋なので、水が流れることもあるんでしょうが、雨はまだ降ってなかったんですよ。


 

 

ミカエル様、降臨!

 

随分近づいてきました。どうやら剣を振りかざしているようですが、

見られるという事を全く意識していないデザインと言えなくもない。


 

とはいえ、この尖塔はすごくカッコいいのでアップでどうぞ。


中にはこんなジオラマが



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について