閉じる


1 はじめに

1 はじめに

みんなで学ぶ-はじめてのパーソナル・クラウドの選び方
1. はじめに
 かなり昔,企業や家庭の電気・水道は,自ら電気を起し,水の資源を川や井戸を 採掘して,業務に利用し,生活に生かしていた。そのための機械の手配や保守も自らが実施し,許容量は利用時の最大等を想定するか,限度を心得ていた。それ がある時代から企業や家庭で利用する電気・水道は,地域単位に供給する会社と契約をして、スイッチをオンにすると電気・水道を利用出来て,利用料金は月単 位に利用した分の請求となった。
 現在のコンピューター資源(コンピューターのハードウエア,基本ソフトウエア(= OS Operating System),アプリケーション・ソフトウエア,ネットワーク機器等)も,大規模のコンピューター資源(サーバー,大規模ディスク装置) とその施設を含んだインフラストラクチャーや個人単位のコンピューター資源(パソコン・携帯電話等)を,企業においては、自ら施設の維持管理とコンピュー ター資源の保守・管理・維持は自前になることが多い(オン・プレミスOn Premise)。個人や家族が主に利用するパソコン及びそのアプリケーションやハードディスクの購入や保守も経費はかかる。このようなコンピューター資 源が、電気・水道のように利用できるコンピューター環境をクラウド・コンピュティング( Cloud Computing)と呼ばれる。
  著者 は、各個人や各家庭で利用するクラウド・コンピュティングには,どんなアプリケーションがあり,どんな選択方法をすべきかを検討した。本文では,企業でな く個人や家庭で利用する範囲をパーソナル・クラウド・コンピュティング( Personal Cloud Computing )と定義する。今回(2013年10月)は、パーソナル・クラウドの選定方法について記述する。
 オリジナルの本文は2011年11月に書かれた。 その構成は,第2節はパーソナル・クラウド・コンピュティングの定義, 2.1クラウドの定義, 2.2 クラウドの分類(Saas/Paas/Iaas), 2.3 パーソナル・クラウド・コンピュティング第3節は, パーソナル・クラウド・コンピュティングのアプリケーションの分類と機能, 3.1 パーソナル・クラウドの利用条件とアプリケーションの分類, 3.2 アプリケーションの機能3.2.1コミュニュケーション(電子メール等), 3.2.2データの格納(保存)3.2.3アプリケーション利用(データの新規作成・編集・保存)3.2.4 クリッピング機能(インターネット画面 等)3.2.5写真(編集・保存)3.2.6その他,第4節は, パーソナル・クラウド・コンピュティングのセキュリティ, 4.1 ブラウザーのセキュリティ設定4.2 クラウド・デスィク(格納アプリケーション)の共用領域(Share/Public)セキュリティ第5 節は,利用目的ごとのアプリケーションの選定方法と利用範囲,最後の第6節は, パーソナル・クラウド・コンピュティングの考察であり、今回はその第5節を抜粋した。


« 前の章