閉じる


試し読みできます

もくじ

●はじめに

 

●①生活スタイルを正して、腰痛、坐骨神経痛を改善

 

●②LTF療法巻くだけの特徴

 

●③アルティメットチューブの作成方法&注意書き

 

●④腰痛、坐骨神経痛を改善するためのアルティメットチューブの巻き方

 

●⑤ただ、巻くだけで腰痛、坐骨神経痛改善

 

●⑥腰痛、坐骨神経痛を改善するための3つの巻くだけ股関節エクササイズ方法

 

●⑦巻いてペットボトルで筋トレして腰痛、坐骨神経痛改善

 

●あとがき

 

 


試し読みできます

はじめに

腰痛や坐骨神経痛で悩んでいる人はとても多いです。

痛みが出ても、身体を動かしていたら痛みが消えてくる、なんて経験している人も多い事ことでしょう。

身体を動かすことで血流が良くなり、痛みが消えてしまうのです。

つまり、血流が悪いから痛みが出ているのです。

 

痛みの原因は椎間板ヘルニアだとか脊椎狭窄管症だ等と診断され、手術しか治せない、なんて考えるのではなく、

血流を良くして痛みを取り去ってしまえば、また元気に活躍できるのです。

 

レントゲンやMRIを撮ってもらえば、骨の異常は多少なりとも出てくる人は多い。

そんな異常も血流さえ良ければ痛みも出ずに元気にスポーツや仕事にと励む事が出来ているのです。

 

私自身も長年腰痛と坐骨神経痛に苦しんだ一人です。

30代初めから出だして、整骨院、牽引、鍼、灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティックとありとあらゆる治療に足を運んだのです。幸いにも?病院だけは行かなかった。手術!と言われるのが怖かったからかもしれない。

 

私の場合、的確な治療法が見つからないままだったのです。 

立っている事も辛くて、直ぐに座りたくなる。

座っていると脚がだるくて、上に上げないと辛抱できない程辛い。

新幹線でも飛行機でも直ぐに足を上げて座る姿勢をとっていた程です。

歩くと、太ももやフクラハギが痺れてきて、歩けなくなることも経験しました。少し休むと再び歩けるのです。

 

39才の年に足揉み健康法の先生に出会い、揉んでもらい、冷たかった足がとても暖かくなり、腰痛などが改善することを体験しました。足の反射区(ツボ)に汚れが溜まり、それを取り去ることで腰痛など良くなる、つまり血流が良くなり改善するという仕組みです。

それから足を揉みだし、腰痛などは改善して行きました。

足医術完全図解という書籍も出させてもらったのです。

 

だが、長年足揉みをやっていると効かなくなってきたので、再び痛みが出るようになり試行錯誤を重ねるようになりました。

患者さんや自分の腰痛などをどのようにして取り去るかを研究していくうちにL(レッグ=脚)T(トゥー=足指)F(フィンガー=手指)が大切だと判り、LTF療法という名称で動く事になりました。

 

LTF療法も当初は揉むことから始まったのです。(今でも揉む方法も用いることはある。)

だが揉む方法はフクラハギにしろ足指にしろ、とても痛い方法です。お年寄りの方達は特に嫌がりました。

研究していくうちにアルティメットチューブで巻く方法を思いついたのです。

巻くほうが痛くなく、効果も確かなものがありました。

巻くだけで血管が圧迫され、ちょうどホースから流れ出る水がホースを圧迫することで遠くに飛ぶという考えの元ですから確実に血流改善が出来るのです。

 

腕や脚に巻いて血流を促し、身体全体の血流を促し様々な症状を改善していきました。

その後、体幹の大切さも理解しだし、体幹の血流を促せば効果がとても高い事を掴んだのです。これも巻くだけを使えば体幹の血流は簡単に促す事が出来るのです。

 

体幹筋トレをやれば更に効果が出るのです。体幹のパワーも増し、腹筋や背筋も簡単に強くできるのです。血流の良い状態で筋トレをすれば力が入りやすくなり、強い負荷をクリアーできるのです。

つまり重いウエイトを挙げる事が出来たり、強い負荷を胸にかけても腹筋運動は起き上がって来れるのです。

強い腕や脚ばかりでなく強い体幹も簡単に作り上げられるのです。

これらの強さは腰痛の人にとってもとても役立つモノなのです。

 

筋肉を鍛えなければならないと理解している人も多いのですが、なんせ腰痛、坐骨神経痛を持っている人には、これらを普通に鍛え上げることは難しい場合も多いのが現状です。

だが、LTF療法巻くだけを使えば、簡単に出来てしまう場合が殆どです。

血流の良い状態で鍛えるのですから、痛めるリスクは少ないのです。

 

その後、股関節の大切さを知るまでに至りました。股関節は腰痛や坐骨神経痛にも大きな影響を与えるのです。

股関節の血流が良くないために腰痛や坐骨神経痛を発症している場合がとても多いのです。

 

股関節は普通では軟らかくするのはストレッチ程度しかなく、股関節を強めるのはなかなか至難の技で、強い負荷を掛けると痛めるし、弱い負荷だとなかなか強める事ができない、痛めたら治す方法が難しいのが現代の治療状況なのです。そんなややこしい存在が股関節なのです。

 

 

LTF療法巻くだけならば、股関節を軟らかくするのも得意だし、股関節を強めるのも得意。そしてもし痛めても素早く改善できるという得意技があるから、実に頼もしいのです。

 

股関節を良くしてあげると股関節痛は勿論の事、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、肩痛、肘の痛み、手首、足首に至るまで改善していける場合が多々あるのです。

全身の血流関与に大きくかかわっている関節である事が判ってきます。

LTF療法巻くだけでの素早く高い効果があるから、股関節改善での諸々の効果も如実に現れてくるのです。

 

他に類を見ない効果だと自負しています。

 

股関節を深く考えていくと、日常生活での姿勢、座り方などが良くないために、いくら股関節を良い状態に持って行っても、常日頃の生活で悪くしてしまっているパターンがとても多いです。

こんな偉そうに書いている私自身もそうでした。

姿勢、座り方等をキッチリすると、股関節や腰痛、坐骨神経痛の痛みが出ないばかりか、他の諸々の症状も消えてしまう事も珍しくないのです。

それほど日常のスタイルは大切なのであると気付いてきます。

 

それらの方法を自分一人で出来る内容で、腰痛、坐骨神経痛を改善する方法を、この書籍にまとめました。

 

                                国際足健法協会 会長 原田 秀康

                                       (1950年 2月 3日生まれ)

 

 

 

 


試し読みできます

あとがき

腰痛、坐骨神経痛などを長年抱えていると、腰などの体幹筋力を使わなくなるので、体幹筋力は勿論の事、脚部、腕部の力も衰えてきます。

力が衰える=筋力が衰えている。

すなわち筋肉が小さく弱くなっているのです。

だから血流が悪く、体力も衰え、元気も無くなり、様々な疾病や症状を呼びこんでくる大きな原因となります。

 

放置することで老化を招く大きな要因となり、それに脊椎に異常を生じる元となります。

 

 

いずれにしろ、腰痛などが出たら直ぐに自分で改善してしまう。これが最良の方法なのです。

大抵の人が、腰痛などは一生のうちに何度も起こします。治せないまま過ごしている人もとても多いのです。朝起きたら腰痛が…、なんてことも珍しくないですよね。

直ぐに自分で治してしまえたらどんなに重宝するでしょうか。

 

私も運動や筋トレのやり過ぎで痛めてしまう事は多いです。でも、直ぐに自分で治してしまえるので、そんなに怖いものでもないのです。

 

腰痛などの原因は「血流が悪くなるから」と何度も書いています。

血流が悪い個所は? 股関節だったり、体幹だったり、太股やフクラハギも原因する場合も多い。腕に巻くだけでも取りされる場合もあります。

また、いつも同じ個所が原因とは限らないです。

同じ個所ばかり血流を促していると、そこは血流は良状態が続くが、今度は別の個所に原因がある場合も少なくないのです。

 

また、血流を止めている個所が一か所だとも限らない。各個所でそれぞれなんらかの血流阻害をもたらしているのです。

だから、様々な個所の血流を促す事も大切なのです。

 

ストレスも血流を阻害するので腰痛などの原因となります。

コンクリートやアスファルトの硬い道も関節や筋肉に大きな衝撃を与えるので腰痛などの原因にもなります。

日常生活にも気を付けながら快適な身体で人生をエンジョイしたいものです。

 

                                  2013年 10月 5日    

                                  国際足健法協会 会長 原田 秀康

 

 

 


試し読みできます

奥付



腰痛は自分でカンタン解消法


http://p.booklog.jp/book/77399


著者 : 原田 秀康
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/sokukenhou/profile
 
LTF療法ホームページ
 
アルティメットチューブなどグッズ紹介
http://sokukenhou.com/shop/index.html


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/77399

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/77399



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ




試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について