閉じる


<<最初から読む

33 / 62ページ

炊きたてのカスタードクリームのような色のバラ。

 


誰かが白い絵の具を刷毛で掃いた空。


百年以上も、通り過ぎる人を眺めてきたかもしれない砂時計。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について