閉じる


はじめに

「草生人」とは

「草生人」は埼玉県草加市に密着したフリーペーパー、いわゆるタウン誌です。
2012年6月に創刊以来、ほぼ隔月刊のペースで発刊。インタビューを基本とし、お店の紹介だけではなく、生活に密着したテーマに沿った記事や、市内のイベント、出来事などを掲載しています。
合い言葉は「草加再発見」。
部数は現在2500部。ご協力いただいている店舗で配布させていただいています。

「草生人メルマガ」とは

「草生人メルマガ」は「草生人」編集部が制作する「草生人メイキング」メールマガジン。 
メルマガだけのコラム、編集部日記、取材時のこぼれ話(本誌に載せきれなかったこと)を掲載しています。オリジナルのメルマガは月に3回発行しているテキストベースのメールマガジンですが、3回分をひとつにまとめて読めるようにしました。
スマートホンの場合はePubでお読みください。
なお、今回はメルマガの内容を一部変更したため、2か月分のまとめ版となっています。

草生人関連URL


もくじ

編集部コラム
おもに編集長による日々思っていること
  1. 草加に「美術館」をつくろう!という妄想
  2. 「ショッピングセンター」雑感
  3. 草加のお祭りの変化について
  4. 「メールマガジン」のこととリニューアルのこと
編集部日記
イベントレポート速報版+α
  1. トラブル発生!!
  2. 「ゆったり爽日市庭(そうかいちば)」大盛況!
  3. 浅草で父娘活弁士、麻生八咫(やた)・子八咫(こやた)の舞台を堪能
  4. 親子で自由研究の凄さ
  5. 草加宿場まつりはミニテーマパーク
  6. ウォーターフロントおひろめと「チャリティよさこい」
  7. 「市展」へ(また)行ってきた
  8. 「ふなっしー」で大騒ぎ
起業日記
編集長兼社長による1人会社の「起業」にまつわるいろいろ
  • 起業日記その4:最初の「草生人」を作るまで
  • 起業日記その5:インターネットをどう使うか
草加小話
じつに彰による草加レポート
  1. じつに彰の草加小話:今町工場が熱くなっていること
  2. じつに彰の草加小話:「100円商店街」のワークショップ

草加に「美術館」をつくろう!という妄想

 前回に続き、草加市の話題。

 

 先日、参加しているfacebookのグループで「草加に美術館をつくる」ということについてのやりとりをした。そこで、私自身がどう考えているかを書いたんだけれど、ここで少し記録がてらまとめておこうと思う。

 

 あくまで私の個人的な考え(妄想(^_^;))で、今のところ実現させるために具体的に何か動く、というわけではないので念のため。

 

 趣旨は、『草加にちゃんとした学芸員が勤務する、つまりその道のプロがしっかり運営してくれる独立した美術館・博物館を作りたい。草加のアートと知の拠点をつくりたい』。

 

 実は、「草生人」を作り始めてから、「草加市に美術館みたいなところがあればいいなあ」とは思っていた。

 

 最初に思ったのは、去年初めて「草加市美術展」いわゆる「市展」を見に行った時だ。

『市民から公募した日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真』がアコスに展示されていた。毎年公募されて、毎年入賞・入選作品を展示している。ただ、この作品たちは、期間が過ぎたら見ることができなくなる。たぶん、それぞれ作家さんのもとに戻ってしまうのだろう。

 最新号でインタビューさせていただいた田島一さんのステンレスアートは、工場のど真ん中にでんと置いてあった。いやこれはこれでいいのだろうけれど、何かのイベントがなければ見られないわけで、とってももったいない。

 同じく最新号掲載のため訪ねた「(株)渡辺教具製作所」さんのところには『ミニ博物館』が存在する※。いろいろなタイプの地球儀や天球儀を中心に、ミニプラネタリウム、鉱物コレクション、科学雑誌などの資料が所狭しと並べられていて、私にとってはものすごくどきどくする空間だった(もっと居たかった)。

 詳しくは本誌を見て頂くとして、会長の渡辺さんが、草加にはちゃんとした学芸員のいる博物館が無いと嘆いていらっしゃったのがものすごく気になった。

 

 そういえばもっと以前に一度、草加に美術館が欲しいと思ったことがある。「特撮美術館」を見に行った時だ。エヴァンゲリオンの監督(今なら「風立ちぬ」主人公の声(^_^;))庵野秀明氏が館長を務める、昭和の特撮技術を残すための博物館だ。

 私自身が昭和の特撮で育った人だから、この博物館は面白かった、というより、心に響いた。で、パンフレットかどこかで、庵野秀明館長が「だれかこの博物館を引き取ってくれないか」というようなことを言っていたのだ。このとき、草加市なら東京に近い、だれか草加市に住む金持ちが引き取ってくれないかなと妄想したのだ。これだけ特徴的な博物館があれば、観光の目玉になることは間違いない。

 

 facebookでは、クリエイターたちが集まる場所をまず作ったらどうだろう、という提案があった。

 お手本はこれ

 

 「つどう つながる つくる KANAYA BASE」

  http://kanayabase.com/concept/

 

 町の中心にあった廃業したホテルを利用するもので、コンセプトもいいと思う。しかし、個人的には「美術館を作る」方向とは違うんではないかと思った。

 これは「町おこし」が目的であって、中心が「人」になっている。

 でも、私が思い描いた「美術館・博物館」は、「モノ」の方が中心なのだ。歴史的文化的科学的芸術的なモノ、それをちゃんと管理して、人に見せることのできる空間。それが優先する。

 

 人がメインの場合は、小さな場所から始めて、次第に大きくしていくということができると思うけれど、モノがメインの場合、それは難しいのではないだろうか。

 つまり、最初に「ハコ」が必要であるってこと。デリケートな美術品や史料(資料)を管理する場所(建物)と人(学芸員)が。

 

 facebookで書いた内容を引用。 

 

「個人的には、トップダウン方式が理想かなって思うんです。要するに時代に逆行するハコものを作れってことですが、草加市の市民活動は、さまざまな団体がバラバラに活動しているという現状がある。美術館を「最終目的」にすると、空中分解するような気がするんです。でもまあこれは行政からやんなくちゃ無理なので、あくまで理想ですが(^_^;)」

 

 何もしなければ、草加市(行政側)が美術館・博物館を建設しますよ~という方向になることは絶対にない。じゃあ今何をすればいいんだろうか。

 

 実のところさっぱりわからない。

 

 今思いつくのは、市内のクリエイターの動向を調べる、市内にあるギャラリーを調べる、「草加市美術協会」や「獨協大学」に声をかける。

 東京都周辺、大都市周辺の同じくらいの人口の市で、市立博物館・美術館がある市を探し、そこがどういった経緯で作られたか、現状はどうかなどを調べる。

 くらいか。

 

 とりあえずもしあったら、という妄想。

 

 周りにはちょっとした公園っぽいところがあって、そこで「マルシェ」的なイベントが行われていて、片隅にはちょっとした喫茶店があったりして、館内には、草加市にゆかりのある作家さんの作品や、(株)渡辺教具製作所さんで管理されている科学資料などを集めて管理する常設展示室と、さまざまな企画展を行う大小の展示室があって、大きいところでは、市展や、他に東京からも人が来るような有名作家の作品展とか、小さいところでは、草加在住イラストレーター展とかを開催している、そんな風に、行けばいつもアートに触れられるような、そんな場所。

 

 「草生人」でいつか「草加のアーティスト」という特集をしたいと考えている。そのときまでに、もう少し具体的なことを調べてみようと思った。

 

 

※(株)渡辺教具製作所 ミニ博物館

http://blue-terra.jp/mini.html

 

※館長庵野秀明 特撮博物館

http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/


「ショッピングセンター」雑感

 今回はちょっととりとめないことだけど、ご容赦を。

 

 夏に出身地である岐阜市に行ってきたことは以前書いた。目的はご先祖さまのお墓参りだったが、私自身が子どもの頃育った町ということで、観光地ではなかったが、通った小学校とか、よく行った商店街(柳ヶ瀬)も散歩した。

 で、ちょっとびっくりしたのが岐阜随一のアーケード商店街だった「柳ヶ瀬」が、半分以上の店が閉店状態になっていて、いわゆるシャッター商店街化していたこと。岐阜から関東へ引っ越したのが1973年で、ちょうど40年前だ。

 

・柳ヶ瀬

http://ja.wikipedia.org/wiki/柳ヶ瀬_(岐阜市)

 

 私が岐阜で生活していた頃は、食料雑貨以外はたいてい柳ヶ瀬に買いに行っていた。 映画館もいくつかあって、「東映まんが祭り」「東宝チャンピオン祭り」は柳ヶ瀬の映画館で見ていた。人が多くて活気のある時期の記憶しか無かったから、久し振りに訪れた同じ場所がテレビでよく見る淋しげな風景になってしまっていて、言葉を一瞬失った。

 何か現実でないような気持ちになった。

 

 テレビなどでも取り上げられていたお化け屋敷(山口敏太郎プロデュース・柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」)も見かけたが、お盆だったせいか、そんなに賑わっている感じではなかった。人がバカ多い東京近辺を見慣れているからかもしれないけど。

 また、柳ヶ瀬付近の道路も、妙に淋しげというか、やけにだだっ広く感じると思ったら、当時は当然のように走っていた路面電車と線路がさっぱり無かったことに気がついた。

 

 シャッター商店街になった理由を気になって調べてみた。直接の原因は、郊外にショッピングセンターが出来たかららしい。

 柳ヶ瀬は、名鉄新岐阜駅から近い岐阜市の中心地にある。市役所や観光地の金華山の麓にも近い。以前は市内全域からここに買い物に人が訪れていたのだと思う。

 しかし、1979年、1988年、2000年に中心から少し離れたところ(郊外)にショッピングセンターが登場。客足が落ちて、平成に入ってどんどん衰退したらしい。2009年には「新・がんばる商店街77選」に選ばれている。

 

・新・がんばる商店街77選

http://ja.wikipedia.org/wiki/新・がんばる商店街77選

 

 ただ、人口自体はそれほど減っていないようだ。人口構成が日本全体と同じように高齢化して、買い物人口が減っているってことなんだろうか。

 

・岐阜市の人口推移(1970年後半から40万人ほどで推移)

http://demography.blog.fc2.com/blog-entry-743.html

 

 調べていくうちに、私の通っていた中学校が去年閉校になっていたことがわかった。生徒の人数を確認してびっくりした。一番多いときは1800名、閉校時は300名。通った小学校も統合されて名前が変わっていた。でも全体の人口は同じ。

 

 よく聞く話だが、自分の住んでいたところの具体的な数字を知って、ちょっとぞわっとした。

 

 

 さて、ショッピングセンターネタで最近話題になっているのが、過疎化したショッピングセンター。

 

・滋賀県最大級の大型モール・ピエリ守山の過疎化がヤバすぎる

 http://matome.naver.jp/odai/2137880721958788101

 http://www.watch2chan.com/archives/32836817.html

 

 滋賀県の琵琶湖畔にある、最初は200もの店舗が入っていた大型モールだ。

 リンク先を見ればその凄さがわかる。規模的には「ららぽーと新三郷」と同じくらいだと思うが(面積と店舗数で判断)、その中で10店しか今営業していない。店舗がそれなりにばらついているので、店内の照明はついている。ちゃんと公式サイトもあって、更新されている。

 2013年夏に新たな店舗が入るという情報がネット上にあったが、すでに今年の夏は終わっているので、どうなっているかわからない。

 ここが過疎化したのは、ご近所にいくつもショッピングセンターができたからだという。それと、交通の便が悪い。地図を見てもそれは明らかだ。利用する人間の数が限られているんだから、ご近所にいくつもできたらそちらに取られるのは当然なのに、なぜそんなことになったのか、よくわからない。

 

 そういえば「イオンレイクタウン」は絶好調らしい。

 今期ドラマ「齋藤さん2」では毎回のようにロケしているし(^_^)、イベントも多い。映画館も入っているから、1日中いられる。湖もきれいだしね。

 ただ、それまで別のどこかで買い物をしていた人がイオンレイクタウンに行っていると考えると、草加市内の商店はけっこう影響をうけているんだろうなと思う。

 

 ショッピングセンターになくて、「商店街」にあるもの。

 それは何だろうな。 

 

 

参考)

来るべき社会問題 ショッピングモールの撤退について

http://concretism.hatenablog.com/entry/2013/09/15/001253

ピエリ守山

http://ja.wikipedia.org/wiki/ピエリ守山

 

・岐阜のショッピングセンター

カラフルタウン岐阜 ゲームセンターとTOHOシネマズ岐阜

http://www.colorfultown.jp/

イオン柳津店

http://www.aeon.jp/aeon/yanaizu/

マーサ21 イオン、トイザらスなどとスポーツ・アミューズメント施設がある

http://www.masa21.co.jp/


草加のお祭りの変化について

 先日、神明庵でちょっと雑談したときに、お祭りの話が出た。「市民まつり」と「宿場まつり」と「ふささら祭り」、そして地元神社のお祭り。それぞれ変わってきてるね、という話。

 

 私は草加生まれではなく、20年ほど前に引っ越してきた。

 長女が1才に満たないころだ。彼女が来年、成人する。ということで、お祭りとの関わりは子どもの成長とひも付いている。

 

 まず係わったのが、子どもが楽しめるご近所のお祭り。草加小学校の学区内なので、八幡神社祭禮(高砂2丁目)と神明宮大祭(神明1丁目)が楽しみだった。PTAによる夜のパトロールにも参加した。

 子どもたちだけでいくらかお金を握りしめて遊びにいく、こういうお祭りっていいなと感じたもんだった。

 しかし、今は露店の数があきらかに減っていて、かつての賑わいが無い。

 

 その後、小学校で子どもがバトン部や鼓笛クラブ(今は金管バンドクラブ)に入っていた関係もあり、「市民まつり」に係わる事になった。そう、パレードの参加だ。

 初めて参加したときは、松原遊歩道に軒を連ねた露店の数の多さに圧倒された。橋から見る夜の露店の灯りの美しさが幻想的で、感動した。

 

 ただこの「草加市民まつり」、平成19年(2007年)に行われた第30回を最後に、「草加ふささら祭り」として生まれ変わる。というか、名前が変わったと同時に、「宿場まつり」と同時開催となって、編成し直された。

 

 それ以降、小学生の鼓笛隊/金管バンドのパレードは、「ふささら祭り」から、「草加宿場まつり」へと参加の場が変わる。

 以前「市民まつり」で行われていた大名行列(時代行列)や交通安全・防災パレードも「宿場まつり」に引っ越す。

 

 「宿場まつり」は平成15年(2003年)から、『「今様・草加宿」地域再生のプロジェクト』の1つとして開催されているお祭りで、今年は11回目。

 最初の頃の記憶があまりないのだが、ここ3年くらいだんだんと賑やかになり、コンテンツ(出し物)も充実してきたような印象がある。

 

 特に去年は第10回目という節目でもあり、盛りだくさんなイベントがあったのだが(去年の草生人11・12月号参照※)、台風接近でバタバタ終わってしまったのが残念だった。

 今年のプログラムが今手元にあるのだが、草加駅から旧日光街道沿いで、細かいイベントがものすごくたくさん行われているのがよくわかる。

 カーソンプラザではウルトラマンギンガショー+α、街道沿いでは草加どどん鼓連盟(市内複数の太鼓団体の連合体)による太鼓の演奏と、街角ライブ「六丁物語」という、1丁目から6丁目まで6箇所でのさまざまな音楽演奏があるし、武蔵野銀行の向こうでは

「はいから横町グルメ市」、草加小学校では奥の細道物産店やミニSL………。

 

 ただ、気になったのが去年駅前を人で埋め尽くしていて感動した「御輿かつぎ」の予定が入っていないことだ。

 あれれ?

 

 さて、「ふささら祭り」。

 「ふささら祭り」は、市制50周年を機に、いくつかのお祭りをまとめたイベントだ。平成20年(2008年)から始まった。最初に書いたように、初回は「宿場まつり」と合体していた。

 「商工会議所まつり」と「モノづくりダイレクトセール」、文化会館での「文化の広場」、松原団地東口通りの「パイン・ジャズ・フェス」、そして獨協大学の文化祭「雄飛祭」、川口法人会による社会貢献活動(落語など)、「子ども駅伝」など。

 そして、メインイベントは「第3回 踊るん♪よさこい」だ。去年も35チームが参加。左岸広場のステージも「よさこい」で埋まり、様々な賞が授与されかなりの盛り上がりを見せていた。

 

草加ふささら祭り

http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1401/a09/03.html

 

草加よさこい振興会:「踊るん♪よさこい」のレポートがある

http://www.soka-yosakoi.com/Pages/default.aspx

 

 ちょっとネットを検索してみたら、「草加市民まつり」のページを発見した※。テーマが「こどもたちにふるさとを」。

 このテーマは今「宿場まつり」のものになっている。

 つまり、「草加市民まつり」は地元の人が参加して楽しむお祭りで、その精神は「草加宿場まつり」に受け継がれていることになる。

 一方「草加ふささら祭り」は他の地域からの人を「おもてなし」する草加の観光事業。

 

 位置づけが違っているってことだ。

 

 かつての「市民まつり」では、左岸広場のステージでさまざまな市民による出し物をやっていた時期があった。そのとき娘が参加したダンス発表会の記憶がある。

 まあ、「市民による出し物」は地元民にとってはハレの舞台だが、「観光」じゃあないもんなあ。その代わり、宿場まつりになって、沿道でさまざまな団体がいろいろな出し物をしている状況になっている感じか。

 

 ちなみに、「市民まつり」から「ふささら祭り」になって、ちょっと残念なことがある。

 それは、あの松原遊歩道を埋める圧倒的な露店・出店が、午後5時ごろで終わってしまうことだ。少なくとも一昨年、去年はそうだった。「市民まつり」の頃は、普通の地元の祭礼と同じく、夜8時ごろまでやっていて、「太鼓橋の頂上から眺める露店の幻想的な光の連なり」を見ることができたが、それが無くなってしまった。

 地元のお祭りではなく、昼間がメインのイベントなので仕方が無いのかな。

 

※補足)2013年の草加ふささら祭りでは、さらに露店の数が減っていた。時間制限がある上、左岸広場では飲食店や有志団体による飲食販売の模擬店が大量に出ているため、そちらの方が「安くて美味しい」状況になっていて、客が減っていたのではないかと思う。イベントの秋だ。儲けが無いところで店を出す必要もない。かくしてどんどん露店は減っていく。来年はほとんど無くなるのではないだろうか。淋しい限りだ。

 

 

 だらだら書いてしまったけれど、ここ10年でちょっと混乱していた「草加のお祭り」も、夏の「よさこいサンバフェスティバル」、秋の「宿場まつり」「ふささら祭り」と、コンセプトとかコンテンツの方向性とかがしっかり定まっている感じがしているので、今の子ども達には、ちゃんと記憶が残っていくだろうと思う。

 きっと「草加はよさこい」というイメージも、だんだん定着してくるんじゃないかな。

 

 あとは、地元のお祭りがもうちょっと賑やかになってくれれば、いいんだけど。

 

※草加市民まつり

http://matsuri.sokacity.ne.jp/

過去のページなので、リンク切れになっていたら申し訳ない。



読者登録

ASYMOSさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について