閉じる


序文

試し読みできます

序文

 この電子書籍は、2013年に刊行した『Starry souls』の改訂版です(2017年7月末に改訂版刊行)。
 3人の宇宙意識体存在からの情報を、それぞれ1人称の語りの形式で起こしたチャネリング記録であることや、大筋は変わっていません。しかし意識体存在であるヒューマノイドソウル(人間)がどうやって物理界に降り、物理像をつくるのか、他星の意識体存在たちによってテラン(地球人)が創出された経緯とその後の展開など、本書のキモといっていい情報の部分がもっと詳細になり、訂正を必要とする箇所もあったので、全体を見直して改稿しました。
 チャネリング(チャネル=周波数帯を合わせる)とは、天使だとか精霊、神話という形で伝えられている神々、「ハイアーセルフ」と呼ばれるソウルコスモス(魂宇宙)の中軸意識など、物理的には認識できない存在から送られてくる信号を受信することです。それは直感、気づきとして起きることもあれば、エネルギーとして感じることもあります。一部には、言葉、絵、音楽、ダンス、技術、製品、何らかの行為など、体性感覚で認識できる形に変換してアウトプットされることもあります。
 この本が小説という形式をとったのは、見たりさわったりできない、さらには感情でも思考でもない非物理帯域には、仮の世界を設定したり、喩えを使ったりしないと言い表せないことが多々あるためです。
 たとえば、非物理帯域では、時間や空間は、伸ばしたり縮めたり、位置を変えたり、順序を逆にしたり、飛ばしたりと自在に扱えるのですが、これを正確に描写するのはおよそ不可能なので、文中では「ある日」「次に」「ここで」「どこそこに向かって」といった、物理界の通常の時空表現を導入して、それに沿って出来事を進行させています。また、文中ではとくにことわっていませんが、西暦2010年あたりに合意された事項が前世紀に実現するという矛盾も、非物理帯域では矛盾ではありません。地球に生まれることが2010年に決定した人物の人生が、遡って20世紀の後半からスタートするといったようなことです。
 さて、私のチャネリングの対象は宇宙人です。宇宙人といっても、「アリゾナ州で発見された、墜落したUFOと思われる物体の残骸から地球外生命体とおぼしき遺体が」といった類の人たちではありません。そういう存在も実在するのかもしれませんが、私はまだそういうケースには遭遇したことがないのでわかりません。ここでいう宇宙人とは、天使や精霊と同じく、物理的には認識できない意識体存在です。私には宇宙人として感知される存在でも、別の人が感知したら、天使や精霊など別の形態をとり、別の名前をもっているということもありえるでしょう。
 チャネリングというのは客観的に証明できる現象ではなく、「これは本物/偽物」と保証することは誰にもできません。真実性を担保するのは本人の確信だけです。ですから本書も、他愛ないSFとして読んでいただいてもいっこうにかまいません。どのような形であれ、楽しんでいただけましたらさいわいです。


最終更新日 : 2017-07-27 13:46:42

« 前の章