閉じる


洋画部門

大統領の料理人

2013年9月13日鑑賞
シェフ殿、レシピが間違ってますよ。

これはちょっと珍品と言えるでしょうね。
ネタはものすごくいいんです。
なにせフランス大統領のお抱え料理人のお話。
舞台は大統領が普段執務するエリゼ宮、宮殿ですよ。
舞台装置は最高。
それにこの料理人、女性シェフであり、後に「南極料理人」

になってしまうわけですから。こんなドラマチックな経歴を持った料理人はいないわけです。
それをモデルに映画を撮る。
面白くないわけが無い、と誰もが思いますね。
ところが、料理に例えると、最高の材料を最悪のレシピで料理しちゃった、ということなんです。
たとえば、寿司ネタの上にチョコレートソースがかかったものを食べられますか?
どんな後味になると思いますか?
想像してみて下さい。この映画まさにそれをやっちゃったんですね。
 

この作品、まずは南極料理人の務めを終えて、そろそろフランスへ帰ろうかという、主人公オルタンスの描写から始まります。なにせ、元は大統領の料理人です。マスコミが南極まで取材にやってくる。最初は取材を嫌がっていた彼女ですが、やがて、エリゼ宮でのめまぐるしい日々を回想し始めるのです。
本作は回想シーンがあるため、時間軸が現在と過去をしょっちゅう行き来します。編集がイマイチなんですねぇ。ストーリーの流れがぶつ切りになってしまう。
もし僕が監督なら、冒頭と終盤に、南極でのエピソードをまとめて、中盤にエリゼ宮での大統領料理人としての、エピソードを集中させたいですね。
たぶん、ミッテラン大統領の頃のお話だと思うのですが、本作の大統領を演じた役者さん。この人は実にいい味出してます。誠実なんです。ちっとも偉ぶらない。本物のミッテラン大統領は、確か在任中は、「カエルのミッテラン」
と風刺されるぐらい、なかなかの「たぬき親父」だったと記憶してます。むしろこの役者さんのほうが、よほどの人格者のように感じましたね。大きな懐で、この作品を救った立役者だと僕は感じました。
肝心の料理の方なんですが、大統領のお好みはちょっと田舎風の、シンプルな「おふくろの味わい」が大好き。でも、公式晩餐会では、とてもそんな料理は出せない。
本作で始めて知りましたが、エリゼ宮には厨房がいくつかあり、メインの厨房では一流のシェフ達が腕を振るっています。もちろん外国の賓客にお出しする「よそ行きの」料理なわけですね。大統領は、そんな料理にうんざりしてました。そこで、プライベートな食事については、家庭料理を楽しみたいということで、主人公オルタンスが大抜擢されたわけです。しかし、メインの厨房からは、当然ながら猛反発がある。彼らは一流のシェフなのです。自分たちの領分を、フランスのド田舎に住んでいた、元いち主婦の料理人に明け渡してたまるか、という自負があるわけです。さらには、彼女が使う材料のコストにも、お役人サイドから文句が出ます。一人の女性料理人を巡って、エリゼ宮内は徐々に内紛状態に陥っていきます。どんどん居場所がなくなる主人公。やがて、四面楚歌となった彼女はエリゼ宮と、大統領に別れを告げるのです。
彼女にしてみれば、よほど、地球の最果ての地、南極で、自分の料理を喜んでくれる、むさ苦しい男達の中で働く方が、心楽しい日々だったのかもしれません。
いずれにせよ、映画作品として、せっかくの最高級の素材、いやぁ~、実にもったいない料理のレシピでした。

**************
天見谷行人の独断と偏見による評価(各項目☆5点満点です)
物語 ☆☆☆
配役 ☆☆☆☆
演出 ☆☆☆
美術 ☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆

総合評価 ☆☆☆
**********
作品データ

監督   クリスチャン・バンサン
主演   カトリーヌ・フロ、
                  ジャン・ドルメッソン
製作   2012年 フランス
上映時間 95分

予告編映像はこちらのアドレスをコピーしてお使い下さい。
 
 
 
http://www.youtube.com/watch?v=GQdYgriw-n8

« 前の章