目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

61 / 67ページ

試し読みできます

創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”

更に山梨県を南下し、
道の駅富士川ふるさと工芸館 へやってきました。





ここの住所は山梨県の “身延町” ですが、中央を富士川が流れており、“富士川地域” と呼ばれます。
富士川地区は、1100年の伝統をもった和紙をはじめ、製茶、陶芸、湯葉、印材、木工といった地場産業が脈々と受け継がれている工芸の町です。
その伝統工芸を後世に伝える為にできたのがこの “富士川ふるさと工芸館” なのですが、この施設の全体はすごく大きいのです。



ここは全体を “富士川クラフトパーク” といい、公園の全敷地面積が53ha、つまり東京ドームの11個分の広さに相当します。
地図がちょっと見にくいかと思いますが、この公園には道の駅の他に、“イベント広場” “見晴らし広場” “日本庭園” “サバイバルの森” “古民家ギャラリー” などさまざまな施設があります。



この案内板の向こう側が “イベント広場” で、外周にはコロシアム風に階段状の観客席があります。



こちらは売店で、ソフトクリームなどが売っていました。



こちらの建物は “時計台ギャラリー” といいます。
そして道の駅の本体にあたるのがこちらです。


これが “富士川ふるさと工芸館” で、円筒形をしています。
配置図を見るとこのようになります。



円筒形の建物と、その右に扇形の建物があります。
扇形の部分を “パビリオン” と呼びます。



これが玄関ホールなんですが、ここを入ると円筒形の中央に “山梨の広場” があります。




中央の広場を囲んで周囲に、ガラス工房、陶房、展示販売所、喫茶室などがあり、インフォメーションに道の駅スタンプはありました。





販売所にはお客も少なく、ゆっくり見て回る雰囲気ではありませんでした。
隣の扇形のパビリオンの方も、さまざまな体験教室があります。




やけに雑草の多いのがちょっと気になります。
ここでどんな教室をやっているかは、こちらで紹介しましょう。




施設も広大で、様々な設備が整っています。
伝統工芸を後世に伝えるという趣旨もすばらしいと思います。
ただ、この日は土曜日なのに、このまばらな人影はたまたまだったのでしょうか?

 

 


試し読みできます

巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”

4日目の最後の目的地は、山梨県最南部に位置する
道の駅とみざわ です。





ここ “南部町” は地名の通り山梨県の最南部にあたり、静岡県との県境にあります。
ですから、山梨県の南玄関ともいえる地域です。
甲州街道の宿場町であり、富士川舟運の要地として発展し、数々の史跡、そして景勝地にも恵まれています。



国道52号沿いに道の駅はありますが、国道の両側に駐車場があり、私たちは反対側に停めて信号を渡りました。



どちらかというとシンプルな佇まいの道の駅ですが、平成5年に山梨県の第一号でオープンした道の駅でもあるのです。


私たちはこの入口から入ったのですが、どうやらこちらは裏口だったようで、表に回ってみました。



これが正面でした。
こちらにも広い駐車場があります。
そしてこの巨大なタケノコがここのシンボルなのです。



南部町の特産のひとつがこのタケノコです。
春にはタケノコ掘り体験があり、4月にはタケノコ祭りが開催されます。
このタケノコのモニュメントの中は休憩所になっていました。







まあ、スーパー的な店内ですね。
この道の駅、年間20万人が訪れるそうですが、シンプルな割には車やバイクで立ち寄っている人々が多く、やはり山梨県の玄関口という立地の良さがあるのだろうと思います。

さてこの時間16時20分、これから静岡市内まで一気に走ります。
初日に泊った “アーバント イン 静岡” に到着したのが17時50分、1時間半かかりました。


初日と同じホテルに泊り、同じ居酒屋で食事を済ませました。
いよいよ残り1日で、明日は4か所を回って、夕方の飛行機で九州に帰ります。





試し読みできます

優雅な日本庭園!“玉露の里”

最終日、5日目になりました。
再び静岡県に戻って、今日は4か所を回ります。
最初に向かったのは
道の駅玉露の里 で、ホテルから30分ほどの距離です。





“藤枝市岡部町” は、東海道五十三次の21番目の宿場町で、広重の絵でも知られます。
清流 “朝比奈川” の上流に位置し、山間の傾斜地が甘みを帯びたまろやかな味の玉露の生産に適しています。
玉露の三大産地は、京都の “宇治” 福岡の “八女” そしてここ、静岡の “岡部” です。
“八女” は我が家からすぐ近くなんだけど、そんなに有名だとは知らなかった!

“玉露” というのは、1835年(天保6年)に製茶業者である “山本山” の6代目山本嘉兵衛が茶葉を露のように丸く焙り、これが名前の由来になったといわれています。
最初に低温の湯を急須に入れて甘みを出し、その後に高温の湯を入れて苦みを味わうのだそうです。




これが道の駅の建物で、奥に駐車場があります。
駐車場の更に奥に、もうひとつ大きな建物があったので行ってみました。





“ふるさと世界の昆虫館” と書いてあります。
でも ・・・・・



閉鎖になっていました。(;一_一)



ここへ到着したのが8時40分。
オープンが9時なので、まだ閉まったままです。



現在いるのはこの案内図の右上の部分ですが、朝比奈川を挟んで対岸にも施設があるようなので行ってみることにしました。


朝比奈川では子供たちが水遊びをしています。
対岸にあるのが、本来の “玉露の里” だったようです。



こちらもオープンは9時のようで入口に鎖がありましたが、人がおられたので尋ねてみると、「どうぞ見学して下さい」 と快く中に案内してくれました。



これが拡大した配置図ですが、左上の “長屋門” から中に入れて貰いました。
長屋門では、玉露ソフトや団子(だったかな?)など簡単な飲食ができます。







中はすばらしい日本庭園で、とてもきれいに整備されています。



この門が “茶室 瓢月亭” の入口で有料ですが、この時間はまだ開いていません。
日本庭園の中央部分にあり、日本伝統建築の茶室で玉露・抹茶と和菓子でお点前体験ができます。
ここの嬉しいのは、正座が苦手の人の為に椅子席の茶室があることですね。

しばらく庭園を散策していると9時を過ぎたので、道の駅の方へ戻りました。



こちらが道の駅ですが、“茶の華亭” といいます。
売店と食事処があります。









売店はあんまり大きくはありませんが、やはり玉露のお茶や、茶道具が多いようですね。
結局ここでは45分ほど時間を費やしてしまいました。
次は一気に一番遠いところまで走ります。




試し読みできます

大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”

次に向かったのは、大井川上流に位置する
道の駅奥大井音戯の郷(おくおおい おとぎのさと) です。



玉露の里の道の駅からは距離にして43kmでしたが、結構山道のハードな上り下りが多く、しかもナビに従っていたらがけ崩れによる通行止め箇所があり、引き返して大きく迂回する羽目になってしまいました。
結局、到着までに1時間20分を費やしました。







この道の駅は、大井川鉄道の “千頭駅(せんずえき)” に隣接しています。
“大井川鉄道” というのは、JR金谷駅に接続する “金谷” から、ここ “千頭” までをSL列車が走ることで全国的に有名です。



この地図が大井川鉄道の全線ですが、南アルプスに源を発する大井川に沿って走っており、これから回る残り2か所の道の駅もやはりその沿線です。
ここ “千頭駅” から先の北側は “大井川鉄道 井川線” となり、これは別名を “南アルプスあぷとライン”といいます。
“あぷと式機関車” というのは急な勾配を歯車を使って上るもので、日本では唯一ここだけしかありません。
全長25.5kmの南アルプスあぷとラインには、1000m進むあいだに80mを登る日本一の急勾配があり、ここであぷと式機関車を連結して一気に上がるのです。

南アルプスあぷとラインはもともと水力発電所建設の資材を運ぶトロッコとして敷設された為にトンネルも小さく、それに合わせた小さいサイズの車両が運行します。
沿線には、この急勾配以外にも、“湖上に浮かぶ鉄道駅” とか “私鉄日本一の高さの鉄橋” など見どころが多く、鉄道ファンには憧れの路線といえるでしょう。



先に配置図をお見せするとこのようになっていて、駐車場からは千頭駅に停まっている車両が見えます。



そして道の駅の正面がこちらです。





“音戯の郷(おとぎのさと)” というのは、音と戯れる、という意味です。
先程の千頭駅を始発とするSL列車の汽笛は、「南アルプス山麓にこだまするSLの汽笛」 として、“残したい日本の音風景100選” に選ばれています。
この道の駅は、“音” をテーマとした体験ミュージアムなのです。





ゲートをくぐって中にはいると不思議なものがあります。
巨大な水道の蛇口です。
その栓を回すと、まず水が出てくる時の “ごぼごぼ” といった音が鳴り響き、続いて小鳥のさえずりなど、3つの蛇口それぞれ違う音が出るのです。



この図の左側 “ミュージアムゲート” から入ってきたのですが、建物に入るには “風の散歩道” を通ります。





これが “風の散歩道” ですが、木立のあいだを抜けた先に玄関があります。







ロビーできょろきょろしていると、「スタンプだったらこちらですよ!」 と声をかけていただきました。



これが今いる1階ですが、右上の四角いところがロビーです。
その先は有料になりますが、“音戯ビジョン” とか “びっくりドーム” など様々な体験施設があります。



2階には、“オリジナルオルゴール” “音戯工房” などの施設があります。

“音” だけをテーマとした博物館、おそらく日本でここだけではなかろうかと思いますが、川根本町の恵まれた自然の中、一度来てみる価値のある道の駅だと思いました。



 

 

 

 

 


試し読みできます

お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”

次も同じ川根本町で、15分ほど走って
道の駅フォーレなかかわね茶茗館(ちゃめいかん) へやってきました。







国道362号を下ってきて、案内看板を勘違いしてひとつ早く曲がってしまい、道の駅の裏側に出てしまいました。
裏口は大井川に面していました。


大井川の川幅はずいぶん広く、対岸を大井川鉄道が走っています。


裏口から入ると古風な雰囲気の大きな建物があり、その前には芝生広場がありました。




この日は小学校の遠足か何かがあっていたらしく、木陰で弁当を食べ、食べ終わった子供たちは芝生で元気に遊びまわっていました。





もうひとつ、芝生の奥にある一回り小さめの建物が特産品館で “緑のたまてばこ” といいます。



ここは川根本町の特産品を販売していますが、その大半は “川根茶” です。
先日の記事で “玉露の三大産地” を紹介しましたが、“日本の三大銘茶” は、というと次の3つです。

 ・宇治茶(京都府)
 ・狭山茶(埼玉県)
 ・静岡茶(静岡県)


この静岡茶を代表する一つがこの “川根茶” です。
川根地域で茶づくりが始まったのは13世紀頃といわれています。
南アルプスを源とする大井川に沿った山間斜面でお茶は栽培されますが、山間地は平地に較べて日照時間が短いためお茶の渋みが押さえられます。

また、昼夜の温度差が大きいことや大井川の川霧が、お茶の旨み成分を出すのに最適です。
この道の駅 “茶茗館” は、この川根茶をキーワードとしたテーマ館なのです。





それではメインの建物の方に入ってみましょう。





奥に見える “洗心庵” というのは茶室です。





天井や照明も実にしゃれています。



懐かしい茶箱の上にある近代的な照明とのコントラストがいいですね。
芝生で遊ぶ子供たちの歓声、そして建物の中のほっとする空間、なかなか印象的な道の駅でした。

さて、この静岡・山梨の旅のレポートも、いよいよ次回で最終回を迎えます。






読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について