目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

58 / 67ページ

試し読みできます

まるで都会の喧騒!“富士山五合目”

4日目になりました。
この日は道の駅巡りを減らして午前中は観光です。
折角ここまで来たのですから当然
富士山五合目 までは行ってみなければなりません。



ホテルの朝食はやはりバイキングです。
相変わらず中国語の飛び交う食堂で、私たちは窓側のカウンターに座りました。
すると ・・・・・ !



やった~!
初めて見えた富士山です。
霞んではいるけど、まぎれもなく富士山の形です。
急いで携帯で撮ったのがこの写真です。

昨日までの3日間、一度も顔を見せなかった富士山!
今日は海抜2千mを越える地点まで上るのですから期待が持てます。(^∇^)





天気は上々!
河口湖の湖面がきれいです。



でも、7時50分にホテルを出発した時、富士山はほとんど雲に隠れてしまいました。
河口湖から、富士山吉田口5合目までは、“富士スバルライン” を辿ります。
そのルートは、この地図の通りです。



“富士スバルライン” は全長約30kmの山岳ドライブウエイで、通常40分ほどで標高2305mの五合目に到達します。
河口湖を離れスバルラインに入ると、他にほとんど走っている車もなく、快適なドライブと思えました。
ところが ・・・・・・ !

料金所の少し手前の信号のところで、二人のガードマンに車を停められました。
「この先、五合目付近は駐車場が5時間待ちです。専用の駐車場がありますからそこまで戻って、バスに乗り換えてもらえませんか!」
結局、国道139号に近い “富士北麓駐車場” まで引き返す羽目に!!
駐車場に戻って、またびっくり!

広大な駐車場は埋め尽くされており、バス停には長蛇の列!!
どうりでスバルラインを車が走っていなかったはずです。



それでも運良く、それほど待たずにバスがきて、ぎりぎり最後に乗り込むことができました。



私たちの周りの席は外人さんばかりで、ロシア語っぽい言葉が飛び交っていました。
五合目に近付くと車は大渋滞となっていますが、バスは優先なので横をすり抜けて行きます。
そして、9時半頃に五合目到着!
バスに乗り換えて正解でした。




でも、やっぱりここは霧の中!
どっちが富士山なの?
標高2305mの富士山五合目は “天と地の境” といわれます。
本来なら目の前に壮大な富士山を仰ぎ見、足元には富士五湖はもとより、南アルプス、八ヶ岳、秩父山地の壮大な絶景が見渡せるはずです。
この日は、天も地も見えません。(涙)






ざっくりとみて、登山客が7割、一般客が3割といったところでしょうか。
登山客は “富士山登山ツアー” などの団体が多いようで、あちこちに集合して 「頑張って登頂するぞ!」 「おおぅ!」 といった勇ましい掛け声が聞こえます。(笑)
そしてその人の多さにびっくり!
都会の雑踏と変わりません。







折角ここまで来たのに周りが何にも見えず、仕方が無いのでお土産屋でも覗いてみることにしました。



どのお店も動きがとれないくらいの混みよう!
そして聞こえてくるのは相変わらず、中国語、韓国語!
私は土産に “赤富士” を描いた湯飲みを買いました。

帰りはバス停で30分以上待たされて、失意の中で(笑)下山!
結局、この5日間の旅を通じて富士山が見えたのは、この日の朝の食堂の窓から見えたシルエット、ただ一度のみで終わりました。(涙)

余程運が悪かったのだな、と思っていましたが、あとで知ったのは、7月8月の富士山全体の見える確率は10~11%程度で、梅雨時に次いで悪いのだそうな!
時期を間違えたってことです!


試し読みできます

富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”

富士山五合目から下りてきて次は、
道の駅朝霧高原 に向かいました。



この付近、山梨県と静岡県が入り組んでいますが、ここは “静岡県富士宮市” です。
位置関係をもう少し詳しく見てみましょう。


“朝霧高原” は富士山の西麓に広がる標高800~1000mの高原地帯で、“富士箱根伊豆国立公園”にも属します。
澄みきった空気と、富士山の豊富な雪解け水に恵まれ、ハンググライダーや乗馬などのレジャースポットであるとともに、本州有数の酪農地帯でもあります。







この日、晴れ渡っていた空も、午後からは少しだけ雲が多くなってきました。
道の駅の建物は、酪農を象徴する牛舎的なデザインになっています。





“富士山に向かって深呼吸” って書いてあります。
ここ朝霧高原は、どこからでも富士山が見える場所なのです。



これがパンフレットにあった、道の駅の写真!
本来ならこんな美しい富士山が見られるはずなんですね!



道の駅の配置図ですが、建物の裏側の小高い丘に、“富士山展望台” があるのです。





裏手に回ってみると、草原地帯が広がっていますが、富士山はやっぱり見えませんね。


建物の中に入ってみます。







ここでは朝霧高原の新鮮な牛乳で作ったソフトクリームを頂きました。
さて、朝霧高原を離れて次の目的地に行く途中、“本栖湖” があったのでちょっとだけ立ち寄りました。



右下に懐かしい地名が ・・・・・ !
“上九一色村(かみくいしきむら)” 忌まわしいサティアンのあったところですね。
でも、今は北部が “甲府市” 、南部であるこの付近は “富士河口湖町” に編入され、この地名は消滅しているのです。



この写真では見えませんが、湖面には無数のウインドサーフィンが浮かんでおり、手前に足こぎボートの乗り場があって、平和そのものの風景が広がっていました。






試し読みできます

農村文化公園!“しもべ”

朝霧高原から再び山梨県に戻り、本栖湖をぐるっとまわって
道の駅しもべ へやってきました。







周囲を山に囲まれたこの道の駅、今まで富士山麓の比較的大きな道の駅ばかりでしたから、ちょっと雰囲気が違っています。



中心になる建物は “下部ふるさと振興館” ですが、周囲には芝生公園やバーベキュー広場、吊橋や散策路が整備されています。
これらの全体を “下部農村文化公園” といい、道の駅はその一部なのです。





中央にあるのが “バーベキュー広場” で、このように屋根付きのバーベキューサイトが整備されています。



こちらはそば処で “木喰庵” と書いています。
ひと気が無いけど、営業中の札は下がっていますね。





吊橋が架かっていて、その向こうに別の駐車場があります。





周囲をぐるっと見て回ったところで “下部ふるさと振興館” に戻ってきました。









不思議なものを発見!
“ソーメンかぼちゃ” ってどうやって食べるんだろう?
このお店、意外にいろんな土産ものが揃っていて、いくつかの買い物をしました。
まあ、山梨県の他の道の駅と比べるとちょっと見劣りするけど、山村の雰囲気を味わえる素朴さが特徴なのかもしれません。






試し読みできます

創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”

更に山梨県を南下し、
道の駅富士川ふるさと工芸館 へやってきました。





ここの住所は山梨県の “身延町” ですが、中央を富士川が流れており、“富士川地域” と呼ばれます。
富士川地区は、1100年の伝統をもった和紙をはじめ、製茶、陶芸、湯葉、印材、木工といった地場産業が脈々と受け継がれている工芸の町です。
その伝統工芸を後世に伝える為にできたのがこの “富士川ふるさと工芸館” なのですが、この施設の全体はすごく大きいのです。



ここは全体を “富士川クラフトパーク” といい、公園の全敷地面積が53ha、つまり東京ドームの11個分の広さに相当します。
地図がちょっと見にくいかと思いますが、この公園には道の駅の他に、“イベント広場” “見晴らし広場” “日本庭園” “サバイバルの森” “古民家ギャラリー” などさまざまな施設があります。



この案内板の向こう側が “イベント広場” で、外周にはコロシアム風に階段状の観客席があります。



こちらは売店で、ソフトクリームなどが売っていました。



こちらの建物は “時計台ギャラリー” といいます。
そして道の駅の本体にあたるのがこちらです。


これが “富士川ふるさと工芸館” で、円筒形をしています。
配置図を見るとこのようになります。



円筒形の建物と、その右に扇形の建物があります。
扇形の部分を “パビリオン” と呼びます。



これが玄関ホールなんですが、ここを入ると円筒形の中央に “山梨の広場” があります。




中央の広場を囲んで周囲に、ガラス工房、陶房、展示販売所、喫茶室などがあり、インフォメーションに道の駅スタンプはありました。





販売所にはお客も少なく、ゆっくり見て回る雰囲気ではありませんでした。
隣の扇形のパビリオンの方も、さまざまな体験教室があります。




やけに雑草の多いのがちょっと気になります。
ここでどんな教室をやっているかは、こちらで紹介しましょう。




施設も広大で、様々な設備が整っています。
伝統工芸を後世に伝えるという趣旨もすばらしいと思います。
ただ、この日は土曜日なのに、このまばらな人影はたまたまだったのでしょうか?

 

 


試し読みできます

巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”

4日目の最後の目的地は、山梨県最南部に位置する
道の駅とみざわ です。





ここ “南部町” は地名の通り山梨県の最南部にあたり、静岡県との県境にあります。
ですから、山梨県の南玄関ともいえる地域です。
甲州街道の宿場町であり、富士川舟運の要地として発展し、数々の史跡、そして景勝地にも恵まれています。



国道52号沿いに道の駅はありますが、国道の両側に駐車場があり、私たちは反対側に停めて信号を渡りました。



どちらかというとシンプルな佇まいの道の駅ですが、平成5年に山梨県の第一号でオープンした道の駅でもあるのです。


私たちはこの入口から入ったのですが、どうやらこちらは裏口だったようで、表に回ってみました。



これが正面でした。
こちらにも広い駐車場があります。
そしてこの巨大なタケノコがここのシンボルなのです。



南部町の特産のひとつがこのタケノコです。
春にはタケノコ掘り体験があり、4月にはタケノコ祭りが開催されます。
このタケノコのモニュメントの中は休憩所になっていました。







まあ、スーパー的な店内ですね。
この道の駅、年間20万人が訪れるそうですが、シンプルな割には車やバイクで立ち寄っている人々が多く、やはり山梨県の玄関口という立地の良さがあるのだろうと思います。

さてこの時間16時20分、これから静岡市内まで一気に走ります。
初日に泊った “アーバント イン 静岡” に到着したのが17時50分、1時間半かかりました。


初日と同じホテルに泊り、同じ居酒屋で食事を済ませました。
いよいよ残り1日で、明日は4か所を回って、夕方の飛行機で九州に帰ります。






読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について