目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

54 / 67ページ

試し読みできます

緑深い水郷の郷!“どうし”

次に向かうのは、初めての山梨県となる
道の駅どうし です。





まずは “山梨県南都留郡道志村” がどこにあるのかを見てみましょう。

山梨県の東南端、神奈川県と接したところに位置します。
更に道志村を拡大すると、このようになります。



“道志村” は世帯数が627世帯、人口が1900人程の小さな村です。
太古の昔から富士山に続く交通の要所であり、“道志川” を始めとする豊かな自然に恵まれ、「日本一の水郷の郷」 を目指す、緑と歴史と清流の里なのです。
須走からは距離にして26km、35分ほどで到着しました。







山の中の小さな道の駅を想像していた私たちは、その規模にまず驚きました。
そしてこの日は金曜日、平日だというのに停まっている車の多さと、人の多さにびっくり!



建物の配置はこのようになっていますが、左手の駐車場はかなり広いので全体の敷地は相当なものと思います。



航空写真でみると、山に囲まれた細長い土地であることが分かります。



入口付近にあったこの “富士山” 中身は “鐘” なのです。





水郷だけあって、この岩の中心部には冷たくてきれいな水が流れていて、子供の水遊びができます。
その向こうは芝公園が広がっています。



外にはテントもあり、多くの人たちが休憩しています。
中に入ってみることにしましょう。







奥がレストランですね。
私たちはここでソフトクリームを買い、外の川辺に腰をおろして頂きました。
写真を撮る前に食べてしまいったので、HPからお借りしました。



濃厚なミルクの味でした。
コーンの部分の形が違いますね。
たっぷりソフトが入っているようで、得した気分です。(^∇^)



道の駅のすぐ裏手が道志川です。
先の方に見えるのが “かっぱ橋” という吊橋です。



ここにもカッパがいますね。
子供たちを水難から守ってくれるのでしょう。



川の中では大勢の子供たちがはしゃぎながら水遊びを楽しんでいました。
ここは首都圏からも近く、ひとときの涼と癒しを求めて、多くの人たちがこのように集まって来るのだと思いました。

 

 

 


試し読みできます

富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”

道志村から戻って山中湖畔を走り、
道の駅富士吉田 へやってきました。





“富士吉田市” は富士山の北麓、山中湖と河口湖の中間地点にあります。
日本の象徴ともいえる富士山の眺めや富士五湖などの豊かな観光資源に恵まれ、地域全体では年間2100万人もの観光客が訪れる日本有数の観光エリアです。
そしてこの道の駅も、標高900mに位置しています。



この道の駅に着いて最初に驚くのがこちらの建物です。



これが道の駅に隣接する “富士山レーダードーム館” です。
昭和30年代、日本は度重なる大型台風に見舞われ、特に1959年(昭和34年)の伊勢湾台風では甚大な被害を蒙ります。
日本で一番高い場所に気象レーダーを設置することは、気象関係者にとって永年の悲願でした。

昭和38年年6月に標高3776mの富士山山頂への気象レーダー建設に着手、過酷で危険な環境の中で難工事と戦い続け、ついに昭和39年9月に完成します。

この当時、気象庁の気象レーダー建設責任者の一人として難工事に挑んだのが、小説家 “新田次郎”で、のちにこの体験を基に “富士山頂” という小説を書き上げています。
NHK番組の “プロジェクトX” でもその第1回目でこの世紀の挑戦を取り上げています。



富士山レーダーは台風監視の砦として日本の空を見続け、災害防止や天気予報に活躍してきましたが、気象衛星などに後進を譲り、1999年、ついに35年間におよぶ役割を終えました。
その功績を永く後世に伝える為、ここ富士吉田市に体験学習施設として移設されたものです。



この道の駅の航空写真ですが、手前に “道の駅富士吉田” 右手に先程の “富士山レーダードーム館”があります。
更に “富士山アリーナ” “レストラン&地ビールふじやま” “ふじ産品発見館” “歴史民俗博物館” など、さまざまな施設が集まった複合施設で、全体を “リフレふじよしだ” と呼びます。
“リフレ” とはリフレッシュのことかな?



まずこれが “レストラン&地ビールふじやま” です。
富士山の伏流水を使って醸造した地ビールが自慢のレストランです。


こちらは “富士山アリーナ” です。
冬はアイスホッケーの他、一般も滑走できるスケートリンクになります。
春から秋の期間は、各種のイベント会場になっていますね。



そして正面にあるこちらの建物が “道の駅富士吉田” の本体です。





早速中に入ってみます。









これが道の駅本体の館内図です。
左側イベントデッキの端に “富士山の名水” があります。



この水は富士山に降った雨や雪が数十年の年月をかけ、大自然に浄化され伏流水となったものを地下100mから汲み上げたものです。
溶岩層によって濾過されたこの水は多くのミネラル分を含んでおり、「バナジウム」 の含有率の高いのが特徴です。
お持ち帰り自由のこの名水、まさに “富士山の恵み” といえます。

写真を見直して気がついたのですが、ここ富士吉田市出身の “米満達弘” 選手は、レスリング66㎏級で金メダルを取りましたね。
遅ればせながらおめでとうございます。ヘ(゚∀゚*)ノ



 


試し読みできます

河口湖畔のデートスポット!“かつやま”

次は河口湖の湖畔にある
道の駅かつやま を目指しました。





富士吉田からわずか10kmのこの道の駅は、富士山を背にした河口湖畔にあります。
“富士河口湖町 勝山” っていう地名、かっこいいです!



かっこいいのは地名だけでなく、信号機もですね!(笑)


県道714号から右にカーブを曲がると河口湖畔に出て、そこに道の駅かつやまはあります。







ここには二つの建物があって、まず左側が休憩所などのある道の駅の駅舎です。



奥に “円形展望台” が見えますね。



そして右手にある丸い建物が、“勝山特産品販売所” で、その2階はレストランになっています。



道の駅スタンプは特産品販売所の方にありました。







私たちがスタンプ帳にスタンプを押しているのをじっとみていた小さな女の子が、「私も押したい!」 とおかあさんにせがんでいました。
大きくなったら全国制覇に挑戦しろよ!(笑)

さて、この道の駅、目の前には河口湖が広がっています。



この時間、16時40分でそろそろ夕暮れです。
道の駅の駐車場と道路を挟んで河口湖畔に面する広大な芝生公園があります。





河口湖の湖面がきれいです。
この芝生広場を “小海公園” といい、1.6kmの湖畔遊歩道が整備されています。
河口湖の景観を楽しみながら、そして反対側の富士山を仰ぎ見ながら遊歩道を歩く!
素敵なデートスポットだと思います。
(もちろんこの日は富士山は見えませんでしたけど!涙)



芝生公園では小学生らしい子供たちが元気に野球をしていました。



ちょうど横の道路をキャンピングカーが走りぬけて行きました。
この辺で車中泊をするのでしょうね。
羨ましいな~!





試し読みできます

富士山博物館を併設!“なるさわ”

3日目の最後に向かったのは、
道の駅なるさわ です。





地図でご覧の通り、道の駅なるさわは富士五湖のほぼ中心付近に位置します。
富士山側に何も視界を遮るものがないために、裾野までの富士山全身を眺望する絶好のロケーションであり、その絵のような姿を見る為にここを訪れるリピーターも多いそうです。
でもやっぱりこの日は、「富士山ってどっちの方向?」 という状態でした。(涙)

“南都留郡鳴沢村” は、人口が約3200人で、標高900m~1000mにかけて、この鳴沢と大田和という二つの集落があります。
そして、富士山北麓の頂上付近までが “鳴沢村” なのです。

富士山頂付近に静岡県との県境がありますが、調べてみると “富士山頂郵便局” や、最高地点の “剣ヶ峰” は、静岡県の富士宮市になるんですね。
ただ、ここから見える(はずの)富士山北麓の裾野は、大半が鳴沢村なのだそうです。





この道の駅は、乗用車が263台、大型バスが17台も停められる広大な駐車場があります。
夕暮れのこの時間でさえ、大型バスが何台も停まっていました。



国道139号からはいって、広い駐車場の右手に “情報交流施設” があり、奥に “富士山博物館” があります。
あとで気がついたんだけど、博物館の更に裏手には “鳴沢いきやりの湯” という温泉施設もあったのですね。
他に “自然探索路” なども整備されていて、その全体を “なるさわクリエーションパーク” と呼びます。





これが “情報交流施設” の建物です。
中に入ってみましょう。





鳴沢村で収穫される高原野菜や、富士桜ワインなどの特産品が並んでいます。
スタンプも無事に取得。
でも、道の駅登録証は見当たりませんでした。


ここにも地下300mからボーリングした富士山の水がありました。
嫁が飲んでみたら美味しかったそうで、車にペットボトルの空き瓶を取りに行って戻ってきたら、「本日は終了!」 になっていました。(泣)


そして “富士山博物館” へ行ってみました。
表には何故か、大きな恐竜の頭だとか、巨大な岩石が陳列されています。





正面を入るとロビーには、富士山を構成する様々な岩石や水晶が展示されています。
その右奥がショップになっています。





ショップの反対側、ロビー奥の左手には博物館の入口があります。
中に入ると真っ暗な中をスロープで地下に下りて行きます。
そのスロープに巨大な恐竜がいて、時々首を持ち上げて “ウォー!” と唸り声をあげます。
写真を撮ったんだけど、ピンボケでした。(泣)



地下に降りると中央に巨大な富士山の模型があります。
スケルトンになっていて、富士山の地下の仕組みが分かるようになっています。
そして周囲には様々な富士山に関する資料が展示されています。





この巨大な水晶にはパワーがあるのだそうです。
私が手をかざすと、静電気で引っ張られるような感触がしました。
嫁は何も感じないとのことでしたから、私の気のせいかな?(笑)

さて、本日の目的地をすべて回り終えて今夜の宿泊地へ向かいました。
今夜泊るのは、河口湖畔の “ホテルルートイン河口湖” です。
実はこの付近をネットで探した際、ほとんどのホテルや旅館がひとり1泊うん万円!
唯一、夕食までついて二人で16,000円というこのビジネスホテルを見つけて即座に予約したものです。



周囲は高級そうな観光ホテルばかりが並んだ中のビジネスホテルですが、ちゃんと河口湖畔に面していてロケーションは抜群です。

夕食はバイキングでした。
食堂に入ると、そのいっぱいになった食堂の中で聞こえるのは中国語だけ!(笑)
従業員の方たちも、片言の方が多かったように思います。

日中も政治面はぎくしゃくしてますが、観光客には大いに来て貰って日本という国を好きになって欲しいものです。





試し読みできます

まるで都会の喧騒!“富士山五合目”

4日目になりました。
この日は道の駅巡りを減らして午前中は観光です。
折角ここまで来たのですから当然
富士山五合目 までは行ってみなければなりません。



ホテルの朝食はやはりバイキングです。
相変わらず中国語の飛び交う食堂で、私たちは窓側のカウンターに座りました。
すると ・・・・・ !



やった~!
初めて見えた富士山です。
霞んではいるけど、まぎれもなく富士山の形です。
急いで携帯で撮ったのがこの写真です。

昨日までの3日間、一度も顔を見せなかった富士山!
今日は海抜2千mを越える地点まで上るのですから期待が持てます。(^∇^)





天気は上々!
河口湖の湖面がきれいです。



でも、7時50分にホテルを出発した時、富士山はほとんど雲に隠れてしまいました。
河口湖から、富士山吉田口5合目までは、“富士スバルライン” を辿ります。
そのルートは、この地図の通りです。



“富士スバルライン” は全長約30kmの山岳ドライブウエイで、通常40分ほどで標高2305mの五合目に到達します。
河口湖を離れスバルラインに入ると、他にほとんど走っている車もなく、快適なドライブと思えました。
ところが ・・・・・・ !

料金所の少し手前の信号のところで、二人のガードマンに車を停められました。
「この先、五合目付近は駐車場が5時間待ちです。専用の駐車場がありますからそこまで戻って、バスに乗り換えてもらえませんか!」
結局、国道139号に近い “富士北麓駐車場” まで引き返す羽目に!!
駐車場に戻って、またびっくり!

広大な駐車場は埋め尽くされており、バス停には長蛇の列!!
どうりでスバルラインを車が走っていなかったはずです。



それでも運良く、それほど待たずにバスがきて、ぎりぎり最後に乗り込むことができました。



私たちの周りの席は外人さんばかりで、ロシア語っぽい言葉が飛び交っていました。
五合目に近付くと車は大渋滞となっていますが、バスは優先なので横をすり抜けて行きます。
そして、9時半頃に五合目到着!
バスに乗り換えて正解でした。




でも、やっぱりここは霧の中!
どっちが富士山なの?
標高2305mの富士山五合目は “天と地の境” といわれます。
本来なら目の前に壮大な富士山を仰ぎ見、足元には富士五湖はもとより、南アルプス、八ヶ岳、秩父山地の壮大な絶景が見渡せるはずです。
この日は、天も地も見えません。(涙)






ざっくりとみて、登山客が7割、一般客が3割といったところでしょうか。
登山客は “富士山登山ツアー” などの団体が多いようで、あちこちに集合して 「頑張って登頂するぞ!」 「おおぅ!」 といった勇ましい掛け声が聞こえます。(笑)
そしてその人の多さにびっくり!
都会の雑踏と変わりません。







折角ここまで来たのに周りが何にも見えず、仕方が無いのでお土産屋でも覗いてみることにしました。



どのお店も動きがとれないくらいの混みよう!
そして聞こえてくるのは相変わらず、中国語、韓国語!
私は土産に “赤富士” を描いた湯飲みを買いました。

帰りはバス停で30分以上待たされて、失意の中で(笑)下山!
結局、この5日間の旅を通じて富士山が見えたのは、この日の朝の食堂の窓から見えたシルエット、ただ一度のみで終わりました。(涙)

余程運が悪かったのだな、と思っていましたが、あとで知ったのは、7月8月の富士山全体の見える確率は10~11%程度で、梅雨時に次いで悪いのだそうな!
時期を間違えたってことです!



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について