目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

41 / 67ページ

試し読みできます

3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”

静岡県の西の端から、静岡市内を目指して一気に戻り
道の駅宇津ノ谷峠(うつのやとうげ) へやってきました。




いっぷく処横川の道の駅からは、一般道を “袋井IC” まで戻り、そこから “焼津IC” までの46kmを東名高速で走り、次いで国道1号藤枝バイパスに乗るとその沿線に道の駅はあります。
全行程は80kmでしたが、途中の渋滞もあって予定より長い1時間40分もかかってしまいました。



バイパス沿いなのでパーキングエリアのような大きな所を想像していたのですが、以外にこじんまりしているのでちょっとがっかり!
実はこの道の駅、スタンプ帳にも “宇津ノ谷峠(藤枝側)” と “宇津ノ谷峠(静岡側)” という二つのスタンプを押すようになっています。
更に “静岡側” には上りと下りがあるので、このバイパス沿線に合計3か所の道の駅があるのです。

最初に訪れたこの場所は、“宇津ノ谷(藤枝側)” になります。



この配置図が分かり易いですね。
“宇津ノ谷トンネル” を挟んで、手前が藤枝市(旧岡部町)、向こう側は静岡市になるのです。



これが藤枝側の配置図ですが、駐車場はすごく広いけど、建物としては売店、情報コーナー、トイレがあるだけです。









この小さな売店で、スタンプを押し、ちょっとだけ買い物をして次の静岡側に向かいました。



藤枝側を出るとまもなく長いトンネルがあり、それを抜けた先に “道の駅宇津ノ谷峠(静岡側)” はありました。
距離にしてわずか2kmです。
静岡側は上りと下りの両方にあるのですが、この上りの道の駅は何とトイレだけ!



スタンプを押す為には、下りの側に渡らねばなりません。



道路の向かい側には結構大きな道の駅の建物が見えます。
そして、先程出てきたトンネルの入口付近に歩道橋が掛かっています。


この歩道橋、下り側に渡った後に撮った写真なので、ちょっと位置が違うと思います。
いずれにせよ行くしかないので、歩道橋を渡りました。



これが歩道橋の上から写したトイレしかない上りの道の駅 ・・・・・・



そしてこちらが、下りの道の駅です。
ご覧のように、歩道橋はそれぞれの道の駅から結構離れた場所にあるので、大きく迂回しなければなりません。





ようやく下りの道の駅へやってきました。
3つの施設の中で、ここだけが大きくて立派です。







ここには立派な売店とレストランがあり、お店の前の通路にもいろんな商品が並んでいます。
別棟の情報センターは広い休憩室にもなっており、こんなものもありました。



これは街並みを再現したジオラマですね。
“宇津ノ谷峠” は古くから東海道の東西交通の難所として知られ、「伊勢物語」 の中でも寂しく心細い峠越えの道として詠まれています。
むかし峠の入口には茶店などが並んで賑わったのですが、現在は民家が並ぶ静かな集落となっており、往時を偲んで軒先には “屋号” を復刻した看板が掛けられているそうです。

このジオラマはその集落を再現したのだと思います。



かつて旅人達を苦しめた峠道のひとつ “蔦の細道” は国定史跡に指定され、今では身近なハイキングコースになっています。

さて、初日の5か所の道の駅をこれで回り終えました。
ここから10kmを走って静岡市内にはいり、今夜の宿は “アーバント イン 静岡” です。
ここはビジネスホテルなので、朝食付2人で7000円、それに駐車料金が1000円加わって合計8000円です。
しかもウエルカムドリンクがついているプランで、部屋の冷蔵庫に入っているビール、チューハイ、スポーツドリンク、ミネラルウオーターがすべて無料でした。

ホテルの到着は18時50分、近くの居酒屋で初日の疲れを癒しました。



上が藤枝側の道の駅スタンプ、
下が静岡側です。





試し読みできます

富士山はどこに?“富士川楽座”

2日目になりました。
この日は伊豆半島をぐるっと回るのですが、その前に最初に向かったのは
道の駅富士川楽座 です。



“道の駅富士川楽座” は東名高速道路 上り線の “富士川SA” と一緒になっていて、高速からも一般道路からも入れる道の駅です。
静岡市内から出発した私たちは、ナビの誘導で高速道路は使わず一般道を走ったのですが、それでも国道1号バイパスの部分が多いので道路は快適です。
富士市の市街地を通り、1時間ほどかかって到着しました。



この道の駅は、私が今度の旅の中でも特に期待した道の駅のひとつです。
何故かというと、パンフレットにあるここの道の駅の写真がこれです。



富士山を一望できる道の駅なのです。
amebloにオフィシャルブログもあるので、以前から読者登録して読んでいました。

私は富士山の実物をまだ見たことがありません。
むかし飛行機の上からか、列車の窓から見たような気もするけど定かではありません。
ですから、富士山を間近から見れる、というのが今回の旅の楽しみでもあったのです。



到着したのが9時で、開店は8時からなので開いているはずです。
それなのに一般道からの入口はそれ程の人影も無く寂しげだったので、ちょっと意外でした。
車を停め、とにかく入口を入ってみます。



この玄関をはいると、観光パンフレットがたくさん並んだコーナーがあり、その先に観光案内所らしいカウンターがあります。
更に奥は事務所になっていて、ガラス越しに働いている人たちの姿が見えます。

スタンプコーナーがあったのでまずは道の駅スタンプを押し、カウンターにいた男性に 「道の駅ってここなんですか?」 と尋ねてみました。
「そうですよ」 と素っ気なく返事されただけで会話が続かないので、仕方なく横にあった階段を上がってみました。



2階にあがると床にこんなものが貼ってあります。
早速その方向に進み、テラスに出てみました。



そこからは “富士川” の雄大な流れは見えるものの、富士山の影も形もありません。
何故見えないのか状況が掴めないまま、テラスの奥へ行くと階段があります。

更に上に上ってみました。
すると・・・・・・



そこが東名高速のサービスエリアだったのです。
ここには車がぎっしりと詰まっているし、大勢の人たちが行き交っています。
結果から言えば、一般道ではなく東名高速を走ってきた方が分かり易かったし、早かったのかもしれません。



なるほど、これが確かに写真で見た “道の駅富士川楽座” です。





これは、第二東名高速道路 富士川トンネルの “貫通石” なのだそうです。



付近の地図を確認するとこのようになります。
私たちは一般道から来て、建物の1階から上がってきたのですが、やはり高速からが便利そうです。

建物の入口に全体の分かるものがありました。



どうやらここは4階建ての建物で、今いるサービスエリアは3階にあるようです。



まるでデパートのようにいろんな施設が入っています。







レストランもかなりの規模で、ここは富士山を眺めながら和洋中の食事ができるというのが最大の魅力です。
ここは3階なので、エスカレーターで4階に上がってみました。
4階には富士山を一望できるラウンジがあるのです。



ラウンジからの眺望も、2階から見たのと同じでした。
下に置いてある写真が、富士山の見える時のものです。


この日は雲もそれほどない快晴なのに、空気が霞んでいるとこんなにでかい富士山も全く見えないことを初めて痛感しました。



この4階では英国物産展があっていましたが、その奥の表示が見えますか?
“プラネタリウム” と書いてあります。
この道の駅、プラネタリウムまで備えた “多目的複合型施設” だったのです。
小学生などの団体を多く受け入れる体験・教育施設でもあります。

とても魅力的なこの道の駅でしたが、私の “富士山を見る” という目的は、ここでは果たすことができませんでした。

 

 


試し読みできます

静岡県第一号の道の駅!“富士”

2か所目は、14kmほどしか離れていない
道の駅富士 にやってきました。







ここも前回と同じ “富士市” です。
どういう位置関係にあるかを詳細の地図で見てみましょう。



東名高速を離れて、ここは “国道1号富士由比バイパス” の途中にこの道の駅はあります。
ナビ任せなのでどういうルートを走ったかよく分かりませんが、私たちが入ったのは “下り車線” 側だったようです。



ここには2つの建物があって、手前が “軽食コーナー” で、奥がトイレです。



“軽食コーナー” は、つまり立ち食いうどんのお店です。
入ってみましたが、スタンプなどはありません。
念のためにトイレの方にも行ってみたけど、勿論あるはずがありませんね。

立ち食いうどんのおばさんに尋ねてみました。
「向こう側の道の駅に置いてますよ。地下道を通って向こうに渡れます。」 とのこと。



なるほど、道路の反対車線にそれらしいのがあります。



上り車線の道の駅は結構大きいようです。
早速、地下通路を通って行ってみました。



地下通路から地上に出ると、そこには洒落た建物が建っていました。





“富士市” は富士山麓の南側に位置し、富士山の傾斜が次第に緩やかになって海岸線に至る、緩やかな傾斜の平野部にあります。
富士山系から大量に供給される豊かな地下水をもとに紙、パルプを始めとして多様な工業が発展し、現在は県下第二の工業都市になっています。

そして富士市東部にある比奈地区は、かぐや姫で知られる 「竹取物語」 の舞台でもあります。
平安時代にはここは “姫名郷” という地名で、竹取物語の原型になった民話が語り継がれていたのだそうです。



道の駅富士は、静岡県で最初にできた道の駅です。
この道の駅の案内図が上の写真ですが、レストラン、情報コーナー、特産品コーナーがあります。
そして、2階が “展望台” で、そこは “富士山ビューポイント” となっていますね。


(HPより借用)
富士山の見える時の写真がこれです。
でも、こんなに天気は良いのに、前回の富士川楽座同様、この日は富士山の影も形もありません。





こちらが “特産品コーナー” の写真です。
本当はレジのところに店員さんがおられたのですが、「写真を撮っていいですか?」 と声をかけたら、さっと柱の陰に隠れてしまわれました。(^_^;)
ここには富士山の土産品がいっぱい並んでいましたが、それはいずれ買うことにして、ここでは見るだけにしました。

さて、次はいよいよ伊豆半島に向かいます。

 

 


試し読みできます

ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”

いよいよ伊豆半島に入り、その最初は
道の駅伊豆のへそ です。



道の駅富士からは国道1号をひたすら東へ走り、沼津を越え、三島市で国道136号に進路を変えて伊豆半島に入って行きます。
伊豆半島の地図をアップするとこうなります。



道の駅伊豆のへそは、伊豆半島といってもまだ付け根の付近です。
“へそ” というには、ちょっと上過ぎるかな?(笑)



国道136号のバイパスを下りて、414号と交わった付近に道の駅はありました。
道の駅富士からは、45kmですが、1時間18分もかかってしましました。
やはり市街地を走ると時間通りには走れませんね。



広い駐車場の端にこの道の駅がありました。
もう一方の側に、もっと大きな建物が建っています。



“HAWAIIAN” と看板のある、ど派手で大きな建物です。



実にカラフルで、トロピカルな建物です。
右端の “みんなの Hawaiians” と書いた建物にまず行ってみると、そこにはハワイアンスタイルの案内嬢がいて、どうやら有料のようです。



ここは元々、“伊豆洋らんパーク” という植物園みたいな施設だったのですが、今年(2012年)5月2日に、参加型リゾートとして生まれ変わったのだそうです。
  詳しくは → http://www.yoran.co.jp/

ここには、フラ愛好者が自由にステージで踊れる “フラウェーブ” の他、動植物園、レストラン、お土産ショップなどがあります。



面白そうなのですが、道の駅と直接は関係が無さそうなので、本来の目的である道の駅の建物へ行ってみました。



先程の建物に較べると見劣りします。(汗)





無事にスタンプを取得できました。
売店を抜けて奥へ行ってみると・・・・・



レンタル自転車や、カヌーがあります。
実はこの道の駅、すぐそばを “狩野川” が流れています。



“狩野川” は、アユの友釣りの発祥の地なのだそうです。
ですから、この付近は釣りやカヌー、サイクリング、ウォーキングなどのアウトドアが盛んで、この道の駅はその拠点になっているのです。



道の駅には、こんなコーナーもありました。
この自転車はむかしのエンジン付きで、古い時代を再現しているのだと思います。
アウトドアとは関係無さそうですが ・・・・・・ 。(^_^;)

伊豆半島の旅、更に続きます。




試し読みできます

伊豆の踊子の舞台!“天城越え”

「伊豆のへそ」 から30分ほど南下し
道の駅天城越え へやってきました。





ここは正に伊豆半島のど真ん中、“へそ” に当たる場所です。
この三島と下田を結ぶ “下田街道” の中で、ここ天城山を越える “天城峠” はその昔から旅人を苦しめる最大の難所でした。
峰を挟んだ天城六里は峻嶮な峰が “屏風のような障壁” と形容され、旅人は喘ぎ喘ぎ急坂を上り、狼の足跡に怯えながら、灯り一つない峠で苦難の旅を強いられたのです。



これは安政2年にハリスの一行が江戸に向かう為天城峠を越えた際の様子を、ハリス自身が 「日本滞在記」 の中に記したものです。
この伊豆半島最大の難所は、明治37年 “旧天城隧道” の完成でようやく解放されます。
川端康成の小説 “伊豆の踊子” や、松本清張の “天城越え” は、この旧天城隧道がその舞台になっています。
そして昭和45年の新トンネル開通により、旧天城隧道はその役割を終えたのです。





峠の小さな道の駅を想像していた私は、まずその大きさに驚きました。



まず正面左にあるのが “昭和の森会館” というメイン施設で、その右手は “山のレストラン 緑の森” です。



更にその右手には、“天城わさびの里” と “たけのこかあさんの店” が並んでいます。



全体の配置はこのようになっていて、駐車場もかなりの広さですが、ほぼ埋まっていました。
配置図の左端に “井上靖旧邸” というのがありますが、これは実際に井上靖が住んでいた家屋をここへ移設したものです。



これがメイン施設である “昭和の森会館” の玄関です。
“昭和の森” というのは昭和53年3月、昭和天皇在位50年を記念して、林野庁が天城峠一帯の約1600ヘクタールの国有地を “天城山昭和の森” に指定したことで誕生しました。
いくつもの遊歩道が整備され、伊豆の踊り子が辿った “踊子歩道” を始め、9本のハイキングコースが作られています。



“昭和の森会館” と “レストラン緑の森” は、次のような配置になっています。





最初に目についたのは、このポスターです。



天城越え といえば “石川さゆり” ですよね!

 隠しきれない 移り香が
 いつしかあなたに 浸みついた
 誰かに盗(ト)られる くらいなら
 あなたを殺していいですか

 寝乱れて 隠れ宿
 九十九(ツヅラ)折り 浄蓮(ジョウレン)の滝
 舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに
 あなた・・・山が燃える

 何があっても もういいの
 くらくら燃える 火をくぐり
 あなたと越えたい 天城越え


この歌詞にある “浄蓮の滝” は、この道の駅に来る少し手前にありました。



ここは陶器などの民芸品などが売っていますが、その奥が “森の情報館” や “伊豆近代文学博物館” などに通じています。
博物館の方は有料ですが、既に名前の出た “川端康成” “松本清張” “井上靖” を始めとした伊豆にゆかりのある120名の文学者の資料や直筆原稿などが展示されています。



そして中庭はきれいに整備されて、ブロンズ像や噴水が配置されていました。



レストラン緑の森の手前にある売店で、ワサビ漬けを土産に買いました。





天城はワサビの産地で、別棟に “天城わさびの里” というわさび生産者の直営店があります。



そこには生ワサビや三杯酢などがあり、試食させて貰うととても美味しかったのですが、冷蔵しないと持ち帰れないと言われて諦めたものです。
かつて人々の往来を拒み続けたここ天城峠は、今は買い物やハイキングを楽しむ人たちの憩いの場所になっていました。






読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について