目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

34 / 67ページ

試し読みできます

ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”

最終日である5日目の朝を迎えました。
本日最初に向かうのは
道の駅伊勢志摩 です。



最終日の行程はまずホテルから近い道の駅伊勢志摩を訪ね、次に伊勢神宮をちょっとだけお参りして、一気に愛知県に戻ります。
愛知県の残った2か所を回るだけですから道の駅の数としては少ないのですが、今日もかなりの距離を走ることになります。

朝起きて、ホテルの窓からの景色に驚きました。
今月(5月)のブログのトップ写真にも使っていますが、見事な絶景が広がっていました。



“パールロード奥伊勢ライン” の “的矢湾大橋” が真下です。
左奥に “志摩スペイン村” が見えます。
ここは “的矢湾” ですが、右奥の湖は “伊雑ノ浦” といいます。


これが “的矢湾” の方角、そして下の写真が “伊雑ノ浦” です。





ホテルは “伊勢志摩国立公園” のほぼ中央に位置します。
“伊勢志摩国立公園” は昭和21年に戦後初の国立公園として指定されました。
志摩半島やこの的矢湾付近は入江が複雑に入り組んだリアス式海岸を形作っています。

志摩半島は陸地が長い年月で沈降し、河や谷だったところに海水がいりこんで、この複雑な海岸線を形成しました。
逆に “的矢湾” や “英虞湾” などは隆起海触台地なのだそうです。
リアス式海岸ができた経緯は違っても、いずれも見事に美しい景観をこの地に与えてくれていると思います。



ホテルから道の駅伊勢志摩までは、ほんの15分で到着しました。



国道167号からほんの少し高台に上った見晴らしの良い場所に道の駅は建っています。





大きく二つの建物があり、左側(上の写真)が道の駅本体で、右側(下の写真)が物産館です。
いずれもスペイン風の建物ですね。
伊勢志摩にはスペイン村もあり、何かスペインと繋がりがあるのかもしれません。

開店の9時前に到着したのでしばらく待つと、9時と同時にスピーカーから歌が流れ始めました。
いずれも古い歌ばかりで、私の時代のだ~(笑)





道の駅の本体は主に農産物の直売所の雰囲気です。
ここで道の駅スタンプはゲット!

お隣の物産館に移動します。



この物産館には土産物屋さんのテナントが入っています。





伊勢志摩の特産品から海産物まで様々な商品があります。
最終日でもあり、今日は行程に少し余裕もあるのでいっぱい買い物をしました。

この伊勢志摩国立公園、ほんの一部しか見ることができませんでしたが、本当はもっと素晴らしい景色や観光施設がいっぱいあります。
数日じっくりここに滞在してそれらを巡ったら、さぞや楽しいだろうと思います。





試し読みできます

再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”

三重県は全駅制覇が済んだので、次は一気に愛知県へ戻り
道の駅立田ふれあいの里 を目指します。



でもせっかく伊勢志摩に来ているのに、何も観光をしないのも癪です。
伊勢神宮だと高速に乗る少し手前だし、素通りする訳にもいかないだろうからと、外宮(げぐう)だけちょっと立ち寄ることにしました。
道の駅からは30分で到着しました。
駐車場にはたくさん並んでいたけど、ふと横をみると “無料駐車場” の看板が!
時間が限られているようですが、すんなり停めることができました。



日曜だけあって、多くの参拝客があります。





荘厳な建物が並び、この鳥居のような門をくぐるとお参りができます。
この中は撮影禁止になっていました。
わずか30分の滞在だし、お賽銭も少ししかあげなかったから御利益は期待できないな!(;^_^A

そしてすぐ近くの伊勢西ICから高速に乗り、東名阪自動車道 弥富ICまで走ると道の駅はまもなくです。
伊勢神宮から2時間強かかりました。



周りが田んぼののどかな所に道の駅はありました。



この道の駅がある “愛西市” は愛知県の最西端に位置します。
今回の2日目に近くを走ったのになぜ寄らなかったかというと、木曜日が定休日だからです。
それにしても “愛西市” て良い名前ですね。
“あいさい弁当” も売っていましたよ!(笑)



駐車場でこんなクルマを発見!
これって、現役で走っているってことなんですね。
これと同じ車を四国の道の駅に展示されているのを見たことがあります。
もっともそれは “木炭車” でしたけど・・。(笑)





こちらが道の駅ですが、石積みに黒い塀の “水屋” をイメージしているのだそうです。
水屋というのは母屋とは別に石垣の上など高いところに作った家屋で、普段は倉庫として使い、水害などの時の避難場所になったそうです。

 

それにしてもこの空の色、伊勢志摩の青空と打って変わって黒い雲が覆っており、なぜかすごく風が強くて寒いのです。





建物は横に細長いのですが、このように通路があって、いろんなお店が並んでいます。



一番奥にはレストラン!
その手前がパン屋さんで、更に手前には・・・・





“はす工房” と書いてあります。
愛西市は国内でも有数のレンコンの産地です。
なんでも、近江地方を旅した住職が蓮の花の美しさに感動し、その種を貰って帰り育てたことが始まりなのだそうです。
ですから、この道の駅の名物としては “レンコンソフトクリーム” “レンコンチップス” “レンコンコロッケ” “レンコンどら焼き” など、様々なレンコンの加工品があります。

産直コーナーに入ってみました。







ここにもやはりレンコンの加工品が多いですね。



無事にスタンプもゲット!
では、今回の最後の道の駅へ向かうことにします。

次回がこのシリーズの最終回です。





試し読みできます

1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”

いよいよ最終回になりました。
道の駅瀬戸しなの が最後の目的地です。



弥富ICから再び高速道路に乗り、名古屋市街地を走る自動車専用道路を大森ICまで走ります。
大阪でもそうだったけど、大都市の都市高速ってすっごく緊張します。
福岡はまだまだ規模が小さいから大丈夫なんですけどね。(;^_^A

都市高速を下り、一般道を20kmほど走ると目的の “瀬戸しなの” です。
かなり手前から道の駅の案内がいくつも設置されているので安心ですね。



予定では50分で着くはずが、一般道の渋滞なんかもあって1時間20分もかかってしまいました。
道の駅へ到着すると何やら大きなイベントが行われているようで、通常の駐車場ではなく奥にある広い未舗装の空き地に誘導されました。





実はこの日は、道の駅がオープンして1年目の “1周年祭” が行われていたのです。
ですから通常の駐車場をつぶしてたくさんのテントが張られ、いろんなお店が出店しています。







道の駅の入口付近にはステージがあり、生バンドの演奏が行われていて、賑やかさを更に盛り上げています。



ここ “瀬戸市品野町” はご存知の通り1300年もの歴史をもつ陶磁器の町です。
その焼き物を作る職人さん達によって、様々な伝統文化が育まれてきました。
「せともの」 は陶磁器の代名詞にさえなっていますね。

この道の駅、全体が写っていないので分かり難いと思いますが、まずレンガ張りの大きな煙突がシンボルです。
上の写真の生演奏の向こう側に少しだけ見えます。
そして建物自体もやきもの工場をイメージして三段屋根になっています。



これが全体の配置図ですが、図面下の部分が道の駅本体です。
駐車場を挟んだ向こう側に “品野陶磁器センター” があります。

(リーフレットより借用)

この航空写真を見ると分かり易いですね。
この日は中央の駐車場がイベント会場になっているわけです。




“品野陶磁器センター” の入口には、このようにでっかい瀬戸物の壁画があります。
中に入ると1万点以上もの作品が展示されており、陶芸教室やガラス体験も行われています。
この中はさすがに 「撮影禁止」 ですから写真は撮れません。



道の駅スタンプは道の駅本体の建物の、情報コーナーにありました。
その前がトイレなんですが、トイレの壁もこんな風に・・・・。



いろんなところに瀬戸焼が使われていますね。
そして、道の駅のお店に入ってみました。





外のテントも人が多かったけど、お店の中もすごい人だかりです。

実はこの道の駅、駅長さんがこのアメブロでブログを書かれています。
  → 「道の駅 瀬戸しなの」駅チョのつぶ毛

私とは相互読者でもありますから、会って行くことにしました。
“駅長室” と書かれた部屋で、「テントの付近をうろうろしてますよ!多分瀬戸焼そばのところにいるんじゃないかな?」 という情報を貰い、行ってみました。



“瀬戸焼そば” といえばB級グルメの定番ですね。
鹿児島黒豚などを使い、“素材A級のB級グルメ” といわれています。
焼そばのスタッフの人にどなたが駅長さんか教えて貰い、声をかけました。
数日前にメッセージのやり取りもしていたのですぐに分かって頂きました。

大変気さくな方で、あれこれ話がつきず、最後に記念写真をお願いしました。
駅長さんに了解を貰って、(速報)でも紹介しましたね。



左側が駅長の中島さんです。
このユニークな服装がまた良いですね!(笑)



駅長さんは道の駅のリーフレットにも登場されていますが、普段はこの格好なのかな?
中島さんのブログを読むと、本当にいろんな工夫を積み重ねておられるのがよく分かります。
道の駅瀬戸しなのが元気なのは、そのあたりに理由があるようです。



さて、先程まで暑いくらいに晴れていたのに、急に黒い雲に覆われてきました。
そしてクルマに乗りこむときには何と激しくあられが降ってきて驚きました。( ̄□ ̄;)!!
この日の愛知県は、本当におかしな天気だったと思います。

これで愛知県も全駅制覇を果たしたのですが、先程駅長の中島さんから聞いた、「もうすぐ県内にもう1か所の道の駅ができるんですよ!」 という言葉が気になります。(^o^;)

この後、知多半島の中部国際空港を目指したのですが、ナビのデータが古くて新しい高速道路が入っておらす、途中間違った方向に進んでしまって冷汗をかきました。(><;)

19時に中部国際空港を離陸し、20時20分福岡空港に帰還。
走行距離1380kmの旅を終了しました。

今回をもって愛知・三重の旅のシリーズを終わります。
最後までのお付き合い、有難うございました。

 


試し読みできます

全国屈指のお茶処!“掛川”

本日より新シリーズのスタートです。
富士山静岡空港に到着して最初に向かったのは、
道の駅掛川 です。



今回の旅は、“初めて” のことがいくつかあります。
その一つ目は、“7月” ということです。
普段のように航空会社や旅行会社のパックツアーを使う場合、毎年7月と8月はどこへ行くにも旅行代金が跳ね上がります。
ですから計画を立てる時7月、8月は最初から敬遠していたのですが、今回はパックツアーを使わず、飛行機も宿泊もレンタカーもすべてネットで予約しました。
その結果、飛行機は2か月前の “早割” でほぼ半額、ホテルはすべてビジネスホテルで、朝食付二人で1万円以内、レンタカーも割引があって、結局トータルではいつもより安く済みました。

もう一つは航空会社で、“FDA(フジドリームエアライン)” を初めて使ったことです。
これは、福岡空港と富士山静岡空港を結ぶ直行便がある為ですが、結構快適でした。
FDAは、名古屋小牧空港や信州まつもと空港にも直行便があるので、来年岐阜県や長野県を回る時には大いに利用することになると思います。


空港カウンターでレンタカーの受付を済ませ、車を受け取ると一番近い道の駅掛川を目指しました。
こういう郊外にある空港は道が分かり易くて助かります。
空港を出ると、周囲はお茶畑ばかりの風景になりました。
静岡はもちろんお茶の産地ですが、これから向かう掛川は、特に全国屈指のお茶処なのです。



空港から20分もかからずに到着しました。
掛川はかつて山内一豊が治めた城下町です。
日本列島のほぼ真ん中に位置し、東海道五十三次の “白坂宿” があったところです。


すぐ横を “国道1号掛川バイパス” が走っています。
この道の駅、平日だというのに車も人もいっぱいなのに驚きました。







道の駅の配置はご覧の通りで、バイパスから直接下りてこられるのでこんなに多いのでしょう。
中に入ってみましょう。







なかなか広い売り場です。
食堂が2か所と、焼き立てパンを食べられる喫茶コーナーもあります。



この “CokoCoko” というレストランは、ずらりと並んだおかずから好きなものをトレイに取って、最後に精算する方式です。



もうひとつの食事処は麺類の専門ですね。
ここは店内がなかなか充実しています。



別の出口から出ると、こんな石像が・・・・・!



外にはこんな休憩所やトイレの建物がありますが、それらの間には露店がたくさんでていて賑やかです。

ここは空港に近いので、最終日にもう一度立ち寄って時間調整に使うことにしました。
ここを出発するときに、エンジンの掛け方が分からずに慌てたのは (速報) でお伝えした通りです。
2か所目は静岡県の西の端まで一気に70km以上走って、“くんま水車の里” へ向かいます。

 

 

 


試し読みできます

山里の癒し空間!“くんま水車の里”

2か所目は一気に静岡県の西の端まで走り
道の駅くんま水車の里 を目指しました。



東名高速の掛川ICから袋井ICまでわずか15kmほどを高速で走り、あとは県道を進むのですが、これが結構狭い!
阿多古川沿いのキャンプ村などを横目に山の中をぐるぐる回って、1時間25分かかって到着しました。




深い山に囲まれた小さな集落ですが、近くに郵便局や小学校やバスの車庫らしいのがありますから村の中心部なのかもしれません。
所在地は “浜松市天竜区熊” で、“熊” を “くんま” と読むことからこの名前がついています。



最初に配置図を見て頂いた方が分かり易いと思います。
もう一つ、HPからお借りした図面も載せておきましょう。


入口から入って最初にあるのが “かあさんの店” です。



ここは蕎麦を中心とした食事処です。
中を覗くと、道の駅の登録証があったので、食事はしないけど中に入って写真を撮らせて貰いました。





ここは店内のテーブルの他に、裏側にあるオープンテラスで阿多古川の流れを見ながら食事をすることもできます。
ここには道の駅の登録証はありましたが、スタンプは物産館の方に置いているようです。


“かあさんの店” のすぐ横にあるのが “ふれあいの家” で、会議もできる多目的施設ですが、この日は“そば打ち体験会場” になっていました。
その二つの建物の間を入って行った奥に “物産館ぶらっと” があります。



この通路は橋になっていて、下を覗くと駐車場でたくさん車が停まっています。
この駐車場、どこから入って行くんだろう?





店内は天竜美林をふんだんに使った木造建築です。
あとで分かったのですが、ここは2階で、この下に1階がありそれは展示室になっています。
道の駅スタンプはこの店内にありました。

店の裏側に出口があり、そこはテラスになっています。



裏を流れるのが “阿多古川(あたごがわ)” で、天竜川水系の1級河川です。
川の向こうに見える二つの建物は、味噌や蕎麦の加工施設で、この道の駅の一部です。



ここでは水遊びなどもできるようです。
ここが何故 “水車の里” なのか、探してみました。



物産館の横の階段を下りたところに水車はありました。
これがこの道の駅のシンボルなんでしょうが、この水車を回す水は、ここから距離にして700m、高低差50mの場所からホースで流れてきているのだそうです。



そしてこの水車小屋の中も見学できるようになっています。
この道の駅、夏場のキャンプ気分で訪れるのには、最適なのかもしれません。



 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について