目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 67ページ

試し読みできます

雨の日も安心!“海山”

東紀州のリアス式海岸線沿いを更に30分ほど進んで
道の駅海山(みやま) へ到着しました。





ここは、世界遺産である “熊野古道 馬越峠(まごせとうげ)” の上り口がすぐ近くにあります。


(HPより借用)



熊野の聖地を目指す熊野古道にはいくつものルートがありますが、いずれも険峻な峠を越える、昔の人たちにとっては苦しい道のりだったのだろうと思います。



この地も深い山々に囲まれており、その山は厚い雲に覆われています。




相変わらずの雨の中ですが、ここは駐車場に沿ってこのような屋根付きの通路があるので濡れずにすみます。
この通路を “コロネード” と言うそうですが、元々雨の多い地区なのでお客の便宜を図る為に作られたそうで、こんな日には実にありがたいことです。





コロネードは建物に沿って、一番奥まで続いています。





建物は手前から、“トイレ” “休憩・情報コーナー” “海山町交流ホール” の順番ですが、交流ホールの中に売店とレストランがあります。
最初に休憩・情報コーナーに入ってみました。





外観と違ってなかなか洒落た空間です。
畳敷きのコーナーは “フォトきほく 写真展” と書いてありました。



熊野古道の起点のひとつですから、こんな人形もあります。
今度は一番奥の交流ホールへ入ってみます。







こちらもなかなか洒落た造りの売店です。
建物奥のスペースが食堂になっています。





お薦めは “ぶりてりやき丼” なのだそうです。(笑)

外観は木造平屋建てであまり新しくないイメージでしたが、中にはいると近代的な造りになっていて意外性を感じる、そんな印象の道の駅でした。





試し読みできます

写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”

いよいよ3日目の10か所目、今日の最後である
道の駅熊野きのくに へやってきました。



道の駅海山からは25km、約30分の道のりです。
ここは “熊野市” であり、霊場熊野三山にも近づいてきました。
この付近、地図を拡大するとこのようになります。



西側にマルで囲んだ “道の駅おくとろ” があります。
おくとろのある “北山村” は三重県と奈良県に挟まれているけど和歌山県に所属するという不思議な、日本で唯一の “飛び地” の村です。
私たちは和歌山県を回った時に訪問したのですが、和歌山側からのルートは、二度と走りたくない、という難所でした。
 ※その時の記事 → 和歌山の旅:二度と通りたくない! “おくとろ”

でも、こちら側からならそれ程厳しい道でもなさそうです。
電子地図帳で調べるとここからの距離は約30kmで、40分ほどで行けそうですね。
これから挑戦する人にはこちらのルートをお勧めします。

それと、左上に “十津川郷” 左下に “瀞峡街道・熊野川” の道の駅が見えます。
いずれも昨年8月の台風12号で甚大な被害を受けました。
特に “瀞峡(どろきょう)街道・熊野川” については建物自体が流されてしまい、未だ復旧の見込みは立っていません。



さて、道の駅への到着は17時少し前ですが相変わらずの雨の為、少し薄暗くなりかけています。



国道42号沿いですが、脇道を挟んだ両側に建物があり、こちらが物産館です。



そしてもう一つがこちらですが、食堂と情報コーナーがあります。
そしてその中間にトイレの建物があります。



このトイレ、見かけは古そうですが、こんな表示が・・・。



ちゃんとウォシュレットがあるんですね!(笑)




最初に物産館の方に入ってみました。





カウンターの脇にあったスタンプをまず押します。


でも、ゴムがすり減っていてこんな具合に!(x_x;)
仕方が無いので、小さいのを横に押して、これで道の駅の名前は分かるか・・・・。

そして店内を見て回ると・・・・



やはり、熊野古道に関したグッツが多いですね。
いつものように店の中を物色しながら珍しいものでもないかと探していました。



すると突然!!
「お店の中の写真を撮らないで下さい!!」
女性の店員さんに一喝されてしまいました。Σ(~∀~||;)ガーン!

これには驚きました!
今まで数か所の道の駅では、「写真撮影をご遠慮ください」 といった張り紙のしてあるところがあり、勿論そこでは写真を撮ったりはしません。
何の表示もなく、突然怒られたのは初めての経験でした。
気まずい雰囲気が流れ、私たちは何も買わず、すぐにお店を出ました。



隣の建物に行くと、まずレストランがあります。
そしてその隣が休憩所兼情報コーナーになっているようです。



やはり熊野古道や熊野三山に関する資料がたくさん並んでします。
(ここは誰もいないので遠慮なく写真を撮りました。笑)

そしてここでも道の駅スタンプを発見!
こちらは末尾に掲載しているように、立派なスタンプです。
最初にこちらへ来ればよかった!(´_`。)

今夜の宿泊はこの熊野市にあるホテルで、ネットで探して予約したものです。
今回の4泊5日のうち、3泊はANAの航空券とセットになっているホテルから選んだのですが、この地区には該当するホテルが無かったのです。
この道の駅の壁にこれがありました。



これが今夜泊るホテルなのです。
ここから15分と書いてあるので一安心。
ナビが途中で違う道に誘導したのでちょっと道草をしてしまったのですが、17時半、無事に “ホテルなみ” へ到着しました。



予想に反して比較的新しい建物で、部屋もきれいだし食事も良かったので満足しました。
ちなみに朝夕食付二人で15000円とリーズナブルでした。

翌朝撮った写真がこれです。





ここは名勝地 “鬼ケ城” にも程近く、お薦めのホテルだと思います。

 

 


試し読みできます

日本の渚100選!“パーク七里御浜”

4日目になりました。
宿泊したホテルを出て20分弱で
道の駅パーク七里御浜(しちりみはま) へ到着しました。



4日目の予定は三重県の道の駅を2か所訪問したあと和歌山県に入り、新しくできてまだ訪問していない2か所の道の駅を回り、そのあと一気に来た道を戻って伊勢志摩まで走ります。
道の駅の数は少ないけど、走る距離は今までと変わりません。






道の駅はやはり国道42号沿いですが、国道の向こうには熊野灘が一望でき、美しい海岸線が広がります。
この海岸線を “七里御浜” といい、美しい砂利を敷き詰めたような浜で、“日本の渚100選” にも選ばれています。
海岸線の写真がないので、パンフレットから借用!



この海岸は、“世界遺産熊野古道 浜街道” でもあるのです。
熊野古道といえば険しい山道が大半ですが、厳しい山岳地帯を越えてようやく平坦な道に至り、この浜街道を通って巡礼者は最終目的地熊野三山を目指したのです。



この道の駅への到着が朝の8時17分、開店は9時ですからまだ閉まっています。
和歌山を回って再びこの道を戻り、午後に再度立ち寄りましたので合わせてレポートします。

道の駅があるこの場所は御浜町立阿田和中学校の跡地で、その移転に伴い昭和63年にショッピングセンターを中心とした複合施設 「パーク七里御浜モール・ピネ」 として再開発されました。
その後、平成6年に道の駅として登録されたものです。




ここから先は午後に再度訪れた時の写真です。
道の駅の建物の前にみかん及びその加工品の直売所があります。
“南牟婁郡御浜町(みなみむろぐんみはまちょう)” は、“年中みかんのとれる町” がキャッチフレーズです。
季節により “温州ミカン” “ポンカン” “伊予柑” など、様々な種類のみかんが味わえるのです。





階段を上がったところが道の駅の入口です。



いつもの認定証は、前に色んなものが置いてあるので半分しか写りません。(^_^;)



建物の外観は正直なところ、ちょっと古ぼけているな、といった印象だったのですが、中に入るとディスプレイなど中々のものです。
中二階のようになっていて、レストランは最上階の3階にあります。





入口付近は名産品などの物産館になっていて、ずっと奥がショッピングセンターになっているようです。
あまりに広いので、奥までは行きませんでした。

この七里御浜の海岸では、夏場になると “大海水プール” が開設され、そこに真鯛を放流して “魚と一緒に泳ごう大海水プール” として開放されるそうです。
夏場には更に多くの家族連れで賑わうことだと思います。



 

 


試し読みできます

泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”

次は、わずか4kmしか離れていない
道の駅紀宝町ウミガメ公園 にやってきました。







ここは8時半のオープンですから既に開いています。
そして、昨日一日中降り続いた雨が嘘のように、今日は朝から上天気です。

国道42号沿いに、この目立つウミガメのモニュメントがあります。
道の駅の前の熊野灘 “井田海岸” には毎年5月下旬から8月上旬にかけて “アカウミガメ” が産卵にやってくるのです。
“南牟婁郡紀宝町” では全国で初めて “ウミガメ保護条例” が制定され、ウミガメ保護監視員の皆さんが海岸のパトロールを実施しています。





道の駅は中央に道の駅本体の建物があり、左手青い部分は “ウミガメ資料館” と “ウミガメプール” です。



道の駅本体を拡大するとこのようになっています。
中央入口から入って右手、情報提供休憩コーナーに道の駅スタンプはありました。





スタンプは先客がありました。(笑)
ここは2階が軽食コーナー、3階は展望テラスになっています。



1階の物産館にはさすがにまだお客は少なく、果物類の運びこみや陳列をやっている最中でした。
この時間、まだ9時前なのでがらんとしていますが、午後から再び立ち寄った時には駐車場はほぼ満杯、お店の中もごった返しの状態でした。



国道から入った左手には、先程紹介した “ウミガメ資料館” があります。
そして更にその先にあるのが “ウミガメプール” です。



こちらは9時からなのでまだ開いていません。
でもせっかくここまで来てウミガメを見らずに帰る訳にはいきませんから、午後からの帰路にもう一度立ち寄りました。
それがこちらの写真です。



ウミガメ資料館は資料の他、ウミガメグッツを販売しており、こんなバカでっかい “オサガメ” のはく製があります。
ガラスケースの上に乗っている普通のウミガメと比べてその大きさが分かりますね。
そしてウミガメプールの方へ行ってみると ・・・・・。





ウミガメが跳ねるとバシャ、と水しぶきがかかります。
ここには直径6mと3mの大小二つの水槽があります。
写真はありませんが、階段を下りて行くと水槽の中を横から見ることもできます。



アカウミガメは一度に120個ほどの卵を産みます。
産んだあとには丁寧に砂をかけて覆い、卵を狙う鳥たちを欺く為に、他の場所にも穴を掘るのだそうです。

産卵から60日前後で卵を割って子ガメが生まれます。
地中から這い出すのに3日から7日もかかり、地上に出ると一目散に海に向かって走ります。
海に出た子ガメは黒潮にのって餌の豊富なカリフォルニア沖を目指します。
再びそのウミガメが日本に戻ってくるのは10年から20年後であり、無事に大人になれる子ガメは5000匹の内の1匹なのだそうです。

壮大な命の営みに、神秘さを感じます。

 

 


試し読みできます

世界遺産のまち!“なち”

折角三重県の南の端まで来たので県境を越えて和歌山県に入り、新しくできてまだ訪問していない道の駅を2か所ほど回ることにしました。
その1か所目が世界遺産の町 “那智勝浦” にある
道の駅なち です。







熊野三山といえば “熊野本宮大社” “熊野速玉大社” “熊野那智大社” の3つのことで、全国に3000社ある熊野神社の総本山です。
人々はこの熊野の霊場を目指して熊野古道の険しい道のりを何日も歩き通し、熊野詣を果たしてきました。
2004年7月にユネスコの世界遺産に認定されましたが、その “熊野那智大社” が、ここ那智勝浦にあります。



ここはその那智大社や那智の大瀧の玄関口に位置しますが、JR那智駅に隣接しています。


世界遺産のお膝元だけに建物も荘厳な造りです。







中心に “世界遺産情報センター” と “丹敷の湯” という温泉施設があり、その左手がトイレ、右手に “JR那智駅” があります。





駅舎はこれも社殿風の建物ですが、ここは無人駅です。
かつては賑わったらしいのですが、熊野観光の玄関口を那智勝浦駅に譲り、現在は特急も停まりません。



駐車場の端に “農産物販売所” がありますがまだ閉まっています。



全体の配置がこちらです。
ここへの到着が9時半だったのですが、開店時間は10時になっています。
仕方が無いのでそれまで待とう、ということにして付近をうろうろと時間をつぶしていました。



すると誰かが世界遺産情報センターの建物に入って行くのが見えました。
あれっ?と思って行ってみると、とっくに開いています。
農産物直売所が10時開店で、ここは8時半からだったようで、時間を無駄にしてしまいました。



入口に世界遺産らしいパネルがあります。





2階が温泉ですが、こちらは13時から22時までの営業です。



3月なのでお雛飾りと、それにサッカーの資料が展示されています。
実は日本サッカーの父といわれた中村覚之助の出身地がこの地なのです。
そういえば日本チームのシンボルは足が3本のカラス “八咫烏(ヤタガラス)” で、それはここ熊野の伝説のカラスでしたね。

道の駅スタンプを押していると、そこにおられた町の観光課の職員らしい方が、色々と世界遺産について説明をしてくれました。
那智の滝は、昨年の台風12号の被害で滝壺に巨岩がいくつも落ちてきて、無残なことになっているのだそうです。
その方のお薦めで、世界遺産の情報センターに入ってみました。







パネルや資料がたくさん並んでいるその奥に、大型ディスプレーがあり映像で那智の世界遺産の紹介を見ることができます。
10分程度だったと思いますがとても迫力ある映像でした。



燃え盛る巨大な松明を神社に奉納する火祭りが圧巻でした。



その火祭りに使う松明の実物もここに展示されていました。

ここからは、もう一か所の新しい道の駅 “瀧の拝太郎” に向かうのですが、戻ってきてから那智の滝を見て帰ろう、ということにしました。

 

 

 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について