目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 67ページ

試し読みできます

素朴な農村地帯!“あやま”

今日からは再び愛知・三重の旅の再開です。
3日目の2か所目に向かったのは
道の駅あやま です。



「道の駅いが」 からは12kmしか離れておらず、15分で到着しました。
ここも伊賀市になります。





相変わらず雨が降っており、空はどんよりとしています。



メインの建物と並んで、弁当屋さんやお饅頭やさんなどいくつものテナントが並んでいます。





このみたらしだんごの幟が目立ちます。
まだ朝早いことと、この雨でお客さんの姿があまり見えませんね。


このメインの建物の屋根は、自然豊かな山の傾斜をイメージしているのだそうです。
この付近、田んぼが広がる農村地域で、自然豊かな静かなところです。



店内に入ってみましょう。







奥が食堂になっていますが、結構広そうです。
手前に見える焼き物は “伊賀焼” で、1200年以上の歴史を持つ国の伝統的工芸品です。
一見岩石のように見える荒々しい重量感がその特徴です。



中部の道の駅はどこも、このような全駅制覇認定証の見本を置いています。
中部は特に道の駅の数が多いから、これを手に入れるのはまだまだ先になりそうです。

この道の駅、休日だとかあるいはお昼時になればたくさんのお客さんが来るのでしょうが、これといった紹介できる特色もみつからず、少し寂しい気がしました。

 

 

 


試し読みできます

森林セラピー基地!“美杉”

次は国道368号を一気に南下して
道の駅美杉(みすぎ) に向かいます。



今日の行程ではここが一番離れているのですが、距離は60km、1時間20分かかりました。
三重県は山の多い県です。
このルートは山また山の山越えコースですが、ちゃんと舗装され2車線あるので走り難さはありません。
途中奈良県の “道の駅伊勢街道御杖” の前を通り、そこから11km、15分ほどで到着です。




ご覧の通り、山深い場所に道の駅はあります。



道の駅の近くにあった道路標識ですが、国道でも “通行不能” ってところがあるんですね!





相変わらず雨が降っています。
山の中の純和風造り一軒家ってところですね。


広い駐車場に停まっているのは私たちのレンタカーのみ。
左奥から何故かミニパトが入ってきました。


“津市美杉町” にあるこの道の駅、看板によるとここは森林セラピーの総合案内所にもなっているようです。





こちらが正面入口です。
そしてその右側には・・・・



材木が置いてあります。
美杉地域の主産業は林業であり、日曜大工などに使う木材を産地直売で並べてあるのです。



正面玄関から中に入ると、左手が食堂、右手が物産販売所です。



もちろん誰もお客さんはいませんね。
そしてこの食堂の脇には和室もあります。





そして物産販売所はこちらです。









これが先程駐車場に看板のあった “森林セラピー基地” なんですね。
“森林セラピー” というのは森林の持つ癒し効果を活かして 「こころ」 と 「からだ」 の元気を取り戻そうという取り組みで、医学的見地からも推奨されています。
美杉地域は 「健康の郷・美杉~都市近郊の癒し空間~」 として、東海地方で初めて認定されたものです。



霧山城址などを巡る森林セラピーロードは距離にして3400m、1時間半のコースで、他にも11種類の森林セラピーロード、まち歩きコースが用意されています。

そしてここには、最初ご紹介した主産業 「林業」 を生かした、たくさんの木工製品も展示されていました。





道の駅自体としてはあまり大きくは無いのですが、都会の喧騒を離れて、“癒し” を味わうには最適な場所ではないかと思います。

 

 

 

 


試し読みできます

久々の難路を走る!“茶倉駅”

次に向かったのは松阪市にある
道の駅茶倉駅 です。



三重県は元々山越えコースが多いのですが、道の駅美杉から道の駅茶倉駅へのルートは、久々に走り甲斐のある(笑)道路でした。



例の “走り易さマップ全国版” からの転載です。
左上にある美杉から右下の茶倉駅を結ぶ国道368号、ぎざぎざですね。
最近はこの地図でぎざぎざの「Dランク」であっても、実際走ってみると既に道路補修工事が終わって奇麗になっているところも多いのですが、ここは正しくDランクでした。

薄暗い山の中の離合不可能な1車線、所々はガードレールが無く路肩が崩れている道を、対向車に出くわさないよう祈りながらライトをつけて走ります。
この区間、16kmと短いので良かったですが、久しぶりの “酷道” を楽しみました。(^_^;)


国道166号(368号と併用区間)にでて間もなく、左に大きく急坂を上ると道の駅茶倉駅がありました。





駐車場は普通車15台、大型車2台分とあんまり広くはありませんが、まずまず停まっています。





駐車場の脇に長い階段があり、上った先は展望広場です。
茶倉駅と “駅” がついていますが、別に鉄道の駅がある訳ではありません。

“松阪市飯南町” は “飯南茶”(伊勢茶) の産地です。
その飯南茶を保管する倉と、CHAKURA(サンスクリット語で「輪」の意味)をあわせ持ち、茶倉にあつまり、ふれあいの輪を広げる、といった意味で名付けられたそうです。

そして松阪といえば “松阪牛” です。
ここは酪農も盛んな地域です。


(A)が道の駅で、(B)が駐車場、その中間にある小さな建物がトイレです。


道の駅は実にシンプルです。
このメインの建物と、隣にトイレがあるだけです。







玄関を入ったすぐのところにスタンプはありましたが、なんだかごちゃごちゃしています。



更に中に入ると、その大半のスペースがレストランです。



外には人影がほとんど無いのに車だけは停まっているな~と思っていましたが、皆さんここで食事をされていたんですね。
ちょうど選抜高校野球をご覧になっていました。



この道の駅は食堂がメインで、物産販売はそのついで、のような気がします。
ここは短時間で切り上げて、次に向かいました。

 

 


試し読みできます

天然温泉が自慢!“飯高駅”

次は同じ国道166号沿いで、8kmしか離れていない
道の駅飯高駅 へ向かいました。








前を走っていたバスがここに入って行ったので、これが道の駅かと思ったら、こちらは “松阪市飯高地域振興局” と書いてありました。
道の駅はこの隣で、敷地は繋がっています。



これはまた、久々にでっかい道の駅です。



“お食事” “天然温泉” と書いてあります。





敷地のずっと奥の4つの屋根の建物は、“山里協同組合” といって、パン屋さんやファーストフードなど4つのお店が入っています。
まず全体がどうなっているかを把握するのに、看板を見てみました。



随分と横に長い施設ですが、今ここから見えているのはその半分だけです。



ご覧のような配置になっていて、その先の半分は “芝生公園” になっているようです。
ここは “飯高駅” と “駅” がついていますが、前回の茶倉駅同様、鉄道の駅がある訳ではありません。
今から1000年ほど昔、この地は “飯高氏” が治めていましたが、当時都と地方を結ぶ公的な交通・通信手段を維持するために “駅” が置かれました。
この “駅” は当初 「馬継所」 として栄え、これが 「伝馬所」 更に 「宿場町」 と発展していったのです。
道の駅の名前は当時の “飯高駅” に由来しています。

この道の駅は平成2年7月に地域の特産物販売所としてオープンしました。
これが建設省(当時)の道の駅構想に基づき、平成5年4月、全国103カ所の施設と共に最初の道の駅として登録されたのです。
ですから三重県ではもちろん第一号ですし、地元では “飯高駅が道の駅構想の基になったのだ” と言われています。

私の知っているだけで “道の駅の発祥の地” と名乗る道の駅が全国に4カ所ほどありますから、この駅もそれに加わることになるのでしょうか?(笑)


まず一番手前から道の駅の中に入ってみます。





入口をはいると正面に “天然温泉いいだかの湯” の玄関があります。
この付近の河原には古くから鉱泉が湧き出ていて地元の人たちはそれを持ち帰って入浴用に使っていました。
いいだかの湯は付近を再掘して高濃度の源泉を確保し、温泉施設を作ったものです。



入口横のテレビで温泉を紹介していますが、ここには11種類18槽の浴槽があります。



(HPより借用)

右半分が “局の湯” 左半分が “赤湯波の湯” といいますが、奇数日、偶数日で男女が入れ替わります。



入口の左側が “レストランいいたか” です。
この地も “松阪市” ですから、当然 “松阪牛丼” や “松阪牛うどん” といった看板メニューがあります。

そして入口右側にはまず “案内所” があります。



道の駅スタンプもここにあったのですが、その上の方には・・・・・・。



有名人らしいサインがいっぱい!!
ここはテレビの取材などが随分たくさんあったようです。



その先には長い廊下があって、体験工房などがあります。
特産品販売所は、この奥を一旦外に出て、この先の建物にありました。







ここは温泉、食事、買い物を楽しみ、更に芝生公園でゆっくり家族で過ごせる、充実した道の駅だと思いました。





試し読みできます

熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”

次は40分ほどで
道の駅奥伊勢おおだい に到着しました。








広い駐車場の奥にあるこれが道の駅の全景です。
ロッジ風の建物と、その左にテント屋根が見えます。
道の駅の標識に、道の駅と大台町役場が一緒に表示されていますね。
道の駅の左隣が “大台町役場” なのです。


これが町役場なのですが、ドーム型のスポーツセンターのように見えますね。


そして右隣はご存知マックスバリュー、ここは町の中心部に位置しています。




早速中に入ってみましょう。





入口を入った右側に60席のレストランがあります。




(HPより借用)

建物の中はご覧のような配置です。
そして左手から出ると、テント屋根があります。



ここは “わいわい広場” といって、まわりに揚げたてコロッケとかソフトクリームとかの屋台があるのです。

この道の駅、“奥伊勢” という名前がついていますね。
伊勢神宮を参拝した旅人は玉城町の田丸で巡礼姿に旅装を変え、熊野古道を通って熊野の山を目指します。
ここは世界遺産である、“熊野古道伊勢路” の玄関口にあたるのです。



熊野古道は本宮道、中辺路(なかへち)、大辺路(おおへち)などいくつものルートがありますが、この伊勢路もその一つです。



大台はかつて熊野の聖地を目指した旅人達の歴史、文化など多くの史跡が残る場所でもあります。

 

 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について