目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 67ページ

試し読みできます

戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”

初日の最後の目的地は
道の駅鳳来三河三石 です。



この道の駅も前回の “つくで手作り村” と同じく 「新城市(しんしろし)」 にありますが、つくでが西の端にあったのに対し、こちらは東の端、静岡県浜松市に隣接しています。

“新城市鳳来地区” もやはり、戦国の歴史をとどめた地域です。
つくでからの途中には長篠の合戦場があり、長篠城址や信玄塚などの付近を通ります。
そして長篠の信号から右折し、国道257号を浜松方面に進むと目的の道の駅です。





まるで合戦場のように旗がたなびいています。



ここは17時で閉まるのですが、途中を急いだ結果30分以上の余裕をもって到着しました。
ここは “天竜奥三河国定公園” の玄関口に位置し、「ぶっぽうそう」 で有名な鳳来寺山の近くになります。



「ぶっぽうそう」 は鳳来寺山一帯に棲み、「ブッポウソー」 と甲高く鳴くことから仏教の 「仏・法・僧」 につながるとして、霊鳥とされてきたものです。
正式名称 “コノハズク” は、昭和40年、愛知県鳥獣審議会による県民投票で、“愛知県の鳥” に選定されました。

山岳修験道の霊山でもあった鳳来寺山には、大宝3年(703年)に開かれた真言宗の大本山のひとつである “鳳来寺” があり、“鳳来山東照宮” “鳳来寺山自然科学博物館” などの名所があります。







この付近、どこの道の駅へ行っても “五平もち” に出会います。



さて、中に入ってみましょう。




中は売店と軽食堂があるだけの、至ってシンプルな道の駅です。



“ぶっぽうそう” の関係でしょうか、ふくろうの置物がずらっと並んでいます。
そしてこの売店であるものを発見!



“蜂の子” です。



旨いとは聞くけど、私はどうもこんなのが苦手です。
どうみたって “虫” じゃないですか!((>д<))

ここは道の駅としてはシンプルだけど、自然環境や史跡には恵まれた場所にあると思います。

さて、今日の道の駅6か所は全部回り終えました。
今夜の宿は県境を越え、初めての静岡県に入って浜名湖の湖畔に泊ります。
道の駅から31km、45分で “浜名湖ロイヤルホテル” に到着しました。



大和ハウスグループが経営するこのホテル、普段私たちが泊るビジネスホテルと違って豪華です。
パックツアーなのに、その部屋の広さにもびっくりしました。





ホテルの部屋から見る浜名湖の風景も素晴らしいものでした。

 

 


試し読みできます

東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”

2日目の朝になりました。
今日はホテルを出てまず渥美半島に向かうのですが、その途中にある
道の駅潮見坂 に立ち寄りました。



今回のメインタイトルが “愛知・三重の旅” ですが、ここは唯一 “静岡県” の道の駅です。
後半では和歌山県も一部入ってきます。



もう少し詳しい地図がこれですね。
雄大な遠州灘を左手に見ながら国道1号浜名バイパス、潮見バイパスと快適な道路を走って行くと道の駅の標識が見えてきました。



この看板、いつものブルーでなくグリーンですね。
このあとも自動車専用道にある道の駅の看板はグリーンでしたから、そのように色分けしているのかもしれません。
バイパスから案内に従って側道に入って行くと道の駅がありました。


ここの所在地は “静岡県湖西市白須賀(こさいし しらすか)” です。
“白須賀” は東海道五十三次の宿場町として栄えたところで、品川から数えて32番目の宿になります。
宝永4年(1707年)の大地震、大津波で壊滅的な被害を受け、ここ潮見坂上に宿は移転したのだそうです。

西国から江戸へ向かう旅人が、ここで初めて太平洋を望み、富士山が見える場所であり “東海道随一の景勝地” として紀行文や絵画に記されています。



これは安藤広重の描いた “白須賀” の浮世絵ですね。



浜名湖のホテルからは20分で到着しました。
ここは売店やレストランは朝7時半から開いています。
建物は和風の木造建築で、往時の宿場をイメージしているのだそうです。



建物の道路側に何やらあって、おじさんが掃除をしていたので声をかけてみました。



これは足湯です。
10時からなので、今からお湯を入れるそうなんですがおじさんの話によると、この屋根の上に “太陽熱温水器” が設置されていて、そのお湯を使い、温度が足りない分だけを沸かすのだそうです。



おじさん、ご苦労さまです!



潮見バイパスを挟んで遠州灘(太平洋)の眺望を楽しみながらの足湯も、さぞ気持ちが良いだろうと思います。
ここは、この足湯だけでなく太陽光発電、風力発電の設備があり、それでこの道の駅の電力を賄っています。



こちらが風力発電で、まん中の巨大な羽根が勢いよくくるくると回っていました。
まさにクリーンエネルギーを最大限活用した道の駅と言えます。



こちらが道の駅の全体ですが、足湯の横から坂を下ってバイパスの下をくぐると、遠州灘の海岸に出ることができ、オートキャンプやバーベキューの設備も備わっています。



さて、建物に入ってみるとまず情報コーナーがあります。







スタンプもここにありました。
そして、更に入口をはいると手前半分が売店、奥の半分がレストランです。



天井が高く途中に飾りの軒があって、、如何にも和風の造りです。
売店と食堂はそのまま続いていて特に仕切りはありません。



いろんな料理が並んでいて、すべてセルフになっているようです。
9時になったばかりですが、朝食をとっている方たちがちらほらおられました。
ここは立地が良く、眺望もすばらしいので魅力的な道の駅の一つだと思います。

 


試し読みできます

全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”

いよいよ渥美半島に入ってやってきたのは
道の駅あかばねロコステーション です。





地図に向かって左側が中部国際空港セントレアのある “知多半島”
右側が “渥美半島” ですね。
渥美半島には3つの道の駅がありますが、最初の道の駅あかばねロコステーションまで、潮見坂から50分ほどかかりました。

“田原市赤羽根町”に は太平洋を望む “赤羽根海岸” が広がっています。
赤羽根海岸は全国有数のサーフポイントであり、世界大会も開かれます。
サーファーの方なら誰でも知っているサーフィンのメッカということになります。





オレンジ色のこの道の駅、とっても目立ちます。



真っ青な空にこのオレンジ色はとっても似合います。
ご覧の通りこの日も、ほとんど雲のないすっきりと晴れ渡った快晴です。





道の駅の正面は太平洋ですが、建物の裏手の入江には赤羽根漁港があります。
早速中に入ってみます。







ここはすごく大きな売り場で、魚介類をはじめさまざまな商品が並んでいます。
サーフィンの本場だけあって、サーフショップも入っています。



これは “大あさり” ですが、私たちが普段目にするあさりの数倍は大きいです。



こんな、あさりの体が書いてありましたが、あまりに細かくリアルに書いてあると、なんだか食べにくくなりますね。( ̄Д ̄;;

ここで少し買い物をしたあと、2階にあがってみました。
2階へは階段と、車いすでも上れるようにスロープがあります。
2階は、広い展望デッキになっているのです。


駐車場の先は公園のようであり、その向こうに太平洋が一望できる恵まれたロケーションです。
ここは2009年3月にオープンしたまだ新しい道の駅ですが、その景観や店舗の規模からみて人気が更に上がってゆくだろうと思います。

 

 


試し読みできます

渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”

渥美半島を先端付近まで走ると
道の駅伊良湖クリスタルポルト(いらご) に到着します。







ここ “田原市伊良湖町” から伊良湖水道を挟んだ対岸の “鳥羽” へフェリーが出ており、道の駅はその旅客ターミナルを兼ねています。



車両の乗船入口もすぐ目の前にあります。



地図で見るとこのようになりますが、“伊勢湾フェリー” が渥美半島先端と伊勢志摩の玄関口である鳥羽をわずか “55分” で就航しています。
伊勢志摩が目的地であれば、陸上を走るよりはるかに時間短縮になりますね。



ご覧のように、“伊良湖旅客ターミナル” と “道の駅” の両方の表示がここにはあります。



玄関から入ったところが、この建物の2階です。





階段を1階に降りたところが旅客のフェリー乗り場で、そこには “やしの実博物館” があります。
3階は “レストラン花岬” です。
そしてここ2階には、ロビーやきっぷ売場があります。





道の駅スタンプは、このきっぷ売場のすぐそばに置いてありました。
この2階には更に、かなり広い土産品売り場があります。







ここにはマスクメロンが海がめに変身する “カメロン” なるオリジナル商品も!(^∇^)

そして休憩所からは、実際に停泊しているフェリーが目の前に見えます。





これが鳥羽と結んでいる “伊勢湾フェリー” です。



そしてこちらは、知多半島に就航している名鉄フェリーの “フラワーライン” です。
他にも、神島港と15分で結ぶ “神島観光船” がこの港から出ています。
この渥美半島自体観光資源に恵まれた場所ですが、更にここを拠点として船旅を楽しむのも良いだろうな、と思います。

さて、ここから再び渥美半島を戻るのですが、途中とても美しい景色に遭遇しました。
次回はそれを紹介しようと思います。

 

 


試し読みできます

渥美半島の絶景!

渥美半島の先端伊良湖から次の道の駅 “田原めっくんはうす” へ戻る途中に出会った絶景を今回はご紹介します。
それが “恋路ヶ浜” と “伊良湖菜の花ガーデン” です。



“伊良湖クリスタルポルト” から “田原めっくんはうす” に向かうには、半島の北側を走る国道259号を辿るルートと、半島南側の国道42号をあかばねの方へ戻るルートの二つがあります。
国道42号ルートの方が若干近いらしく、ナビの指示に従って今来た道を戻りました。
戻り始めて間もなく、来るときには気がつかなかった美しい海岸線が眼下に広がってきました。



丁度道路脇にバス停があり、数台停められるスペースがあったので停車しました。



このバス停、“無料シャトルバス” って書いてますね。
そういえば伊良湖の道の駅で、それらしいバスが停まっていたように思います。
道路を渡った先に下へ下りる小さな歩道がありました。



そこからの眺めがこの海岸なのですが、ここは “恋路ヶ浜” という実にロマンチックなネーミングの海岸なのです。
1kmにわたるこの浜は “恋人の聖地” にも選ばれたデートスポットなのですが、最近命名されたのではなく、江戸時代の和歌にも “恋路ヶ浦” として詠まれています。

ここには悲しい伝説が残っています。
許されぬ恋をした高貴な男女が都からこの地に逃げてきたのですが見つかってしまい、女はこの恋路ヶ浜に、男は裏の浜に引き離されてしまいました。
悲しみのあまり二人とも病気になり、互いの無事を確かめるために大きな声で呼び合っていたのですが、ついに声が絶えてしまいます。
亡くなった後、女は 「女貝」 に、男は 「ミル貝」 になったといわれています。

歩道が更に下に伸びているので下ってみました。
すると小さな公園になっていて、石碑などが建っています。



島崎藤村の “椰子の実” の石碑があり、このような説明がありました。



北マリアナ諸島ロタ島から流した椰子の実の1個がここへ流れ着いたので、記念として植樹したという内容ですね。
そしてここがまた、絶景なのです。







岩礁には海鳥がいっぱいいますね。



さて遠州灘の雄大な景色を堪能して再び走り始めると、今度は広大な菜の花畑が広がってきました。
渥美半島は元々菜の花畑が多いところなのですが、この恋路ヶ浜にほど近いところに “伊良湖菜の花ガーデン” というのがあります。
丁度この日は “菜の花まつり” が開催されていたのです。



今月のスキンにも使っていますが、ずらっと並べてみますね!








おっと、ちょっとしつこいのでこの位に・・・。(^_^;)
この菜の花ガーデン、4haの広さがあり、1200万本の菜の花が咲き誇ります。
開花時期は1月から3月までで、夜はライトアップもされるそうです。
常春といわれる渥美半島ならではの風景でしょうね。

では、道草はこのくらいにして、目的の “田原めっくんはうす” へ急ぐことにします。

  



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について