目次
はじめに
シリーズの紹介
中部のスタンプラリー
愛知・三重の旅
塩街道の宿場町!“どんぐりの里いなぶ”
素朴な山里!“アグリステーションなぐら”
標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”
えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”
歴史の小径!“つくで手作り村”
戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”
東海道五十三次の宿場町!“潮見坂”
全国有数のサーフポイント!“あかばねロコステーション”
渥美半島の先端!“伊良湖クリスタルポルト”
渥美半島の絶景!
人と地域のふれあい!“田原めっくんはうす”
渋滞に巻き込まれる!“筆柿の里・幸田”
6万石の城下町!“にしお岡の山”
日本のデンマーク!“デンパーク安城”
ぎりぎりで間に合う!“菰野”
古代三関「鈴鹿関」の跡!“関宿”
伊賀忍者発祥の地!“いが”
素朴な農村地帯!“あやま”
森林セラピー基地!“美杉”
久々の難路を走る!“茶倉駅”
天然温泉が自慢!“飯高駅”
熊野古道伊勢路の玄関!“奥伊勢おおだい”
えっ!臨時休業! “奥伊勢木つつ木館”
マンボウの唐揚げ!?“紀伊長島マンボウ”
雨の日も安心!“海山”
写真を撮るなと怒られる!“熊野きのくに”
日本の渚100選!“パーク七里御浜”
泳ぐ海がめに出会う!“紀宝町ウミガメ公園”
世界遺産のまち!“なち”
オープン予定の道の駅!“瀧之拝太郎”
悠久の聖地!“那智大瀧”
ホテルの窓からの絶景!“伊勢志摩”
再び愛知県へ!“立田ふれあいの里”
1300年の焼き物職人文化!“瀬戸しなの”
静岡・山梨の旅
全国屈指のお茶処!“掛川”
山里の癒し空間!“くんま水車の里”
天竜川の畔!“天竜相津 花桃の里”
山あいの茶店風!“いっぷく処横川”
3つの施設を持つ道の駅!“宇津ノ谷峠”
富士山はどこに?“富士川楽座”
静岡県第一号の道の駅!“富士”
ハワイアンと同居!?“伊豆のへそ”
伊豆の踊子の舞台!“天城越え”
花時計がお出迎え!“花の三聖苑”
伊豆半島最南端!“下賀茂温泉 湯の花”
幕末の歴史の舞台!“開国下田みなと”
「訪れたい道の駅」日本一に輝く!“伊東マリンタウン”
静岡・山梨の旅:初めての関東エリア!“箱根峠”
再び富士山見えず!“ふじおやま”
神奈川県の道の駅全駅制覇!“山北”
富士山登山基地!“すばしり”
緑深い水郷の郷!“どうし”
富士山レーダードームが聳える!“富士吉田”
河口湖畔のデートスポット!“かつやま”
富士山博物館を併設!“なるさわ”
まるで都会の喧騒!“富士山五合目”
富士山麓の酪農地帯!“朝霧高原”
農村文化公園!“しもべ”
創る・遊ぶ・観る!“富士川ふるさと工芸館”
巨大なタケノコがシンボル!“とみざわ”
優雅な日本庭園!“玉露の里”
大井川鉄道の始点!“奥大井音戯の郷”
お茶のテーマ館!“フォーレなかかわね茶茗館”
SL列車に遭遇!“川根温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 67ページ

試し読みできます

素朴な山里!“アグリステーションなぐら”

どんぐりの里から国道257号を10分ほど走って
道の駅アグリステーションなぐら へやってきました。







“北設楽郡設楽(したら)町” は、その面積の9割を山林が占め、人口5300人ほどの山村です。
“なぐら” という道の駅の名称は、市町村合併する前の “名倉村” の名残ですね。
自然に恵まれた地域で散策路、登山道が整備されており、登山、ハイキング、渓流釣りなど年間を通して楽しむことができます。
この地域、もう少し詳しい地図を見てみましょう。



最初に行った “どんぐりの里” そしてここ “アグリステーション” 更に、次に向かう “つぐ高原” のそれぞれの道の駅の位置関係がわかると思います。
ご覧のようにすぐ北側に県境があり、長野県、岐阜県に隣接しています。



道の駅はこのように、極めてシンプルです。





建物をはいるとまず露店の野菜市場です。



高原野菜を中心に地元の農産物が並びます。



店内の配置もやはりシンプルです。







突き当たりが食堂になっています。
この時点で12時を過ぎていますが、ゆっくり食事をする時間の余裕もないので、走りながら食べられる食料をここで調達しました。
シンプルで素朴さの残る道の駅でした。



 


試し読みできます

標高900mのリゾート!“つぐ高原グリーンパーク”

次は長野県との県境、茶臼山高原にほど近い
道の駅つぐ高原グリーンパーク に向かいました。





アグリステーションなぐらから正面の県道507号に進路をとると、ぐんぐんと高度を上げてゆきます。
ここは愛知県の最高峰 “茶臼山” (標高1415m)に向かう道路で、通称 “茶臼山高原道路” といいます。
道路の所々に現在地の 「標高」 を記した標識がありますが、1000m前後を上り下りします。
時々視界が開けると、息を呑むような雄大な眺望が眼下に広がります。

そして、同じく道路に表示されている温度計を見ると、一番低い時の気温は “マイナス1度” でした
3月下旬というのに驚きです。





所要時間17分で目的地に到着しました。
この道の駅自体、標高900mの位置にあります。



ここの住所は “設楽郡設楽(したら)町津具” で、そのため “つぐ高原” といわれます。
“つぐ高原グリーンパーク” は、オートキャンプ場、バンガロー、ペンション、グラウンド、テニスコートなど様々な施設が備わった総合リゾートです。





案内図を二つ並べてみましたが、広すぎてどちらも分かり難いですね。





道路沿いには水遊びのできる小川が流れており、その横が広々としたイベント広場です。
広場の奥に白い建物が見えます。



これは “グリーンメッセージ” という宿泊施設で、正面しか見えていませんが、ずっと奥に広いのです。



広場の端には “多目的ドーム” があります。
いろんなイベントがここで行われるのだと思います。



道の駅はほぼ中央にあり、このリゾート地の案内所を兼ねています。



玄関横にはこんな “スタンプBOX” が・・・。
分かり易いのは良いけれど、目立ち過ぎの感じもするけど・・・・・!(笑)







この時期、まだ高原で遊ぶ、という季節でもないのでお客さんはまばらです。

この道の駅からほんの少し進んだところが観光地 “茶臼山高原” です。
ここにはスキー場をはじめ、野外活動ロッジ、休暇村、美術館などの観光スポットがあります。
そして今一番の目玉は 「芝桜の丘」 です。



標高1358mの “天空の花回廊” と呼ばれ、ナゴヤドームの約2倍、22,000平方メートルの敷地に40万株の芝桜の丘が完成しています。
5月12日(土)から6月10日(日)まで “芝桜まつり” が開催され、一番の見ごろだそうですから、名古屋近辺のみなさんは楽しみですね!

 


試し読みできます

えっ!休館日!“豊根グリーンポート宮嶋”

つぐ高原から18kmで
道の駅豊根グリーンポート宮嶋 へやってきました。







“北設楽郡豊根村” は、愛知県の最も北東寄りで長野県と静岡県に隣接しています。



総面積の93%が山林という典型的な山村ですが、前回ご紹介した “茶臼山高原” “茶臼山スキー場” なども、行政区からするとこの豊根村になります。
自然環境に恵まれた村であり、道の駅自体も愛知県の第一号なのです。



通常道の駅の案内板には配置図が書いてあるのですが、ここは航空写真を使っていました。
国道151号に面し、道の駅の裏には遺跡公園、神社などがあります。





こんな看板があったのですが、毎年11月下旬から1月上旬にかけて村内各地で “花祭り” が行われ、これは 「国指定無形民俗文化財」 に指定されています。

さて、ひととおり周りの写真を撮り終わったところで、店内に入ろうとしました。
ところが ・・・・・ 。



入口に何か看板があります。



えっ!休館日!( ̄□ ̄;)!!
実はこの日回る道の駅のほとんどが 「木曜定休」 で、その為にかなり変則な行程を組んで水曜であるこの日に来たのです。
唖然として、印刷して持ってきているインターネットの情報を見てみると、間違いなく 「毎週木曜定休」 となっています。

スタンプ帳の情報を見てみると ・・・・・


やはり定休日は木曜なんだけど、“変更になる場合があります” って何だ!(-""-;)
そして玄関には ・・・・・・



木曜の上に紙を貼って水曜に訂正してある!ヽ(`Д´)ノ コラー!
ガラス越しに中を覗いてみたけどやっぱりお休みですね。
でも、道の駅スタンプだけは外に置いた小さな台の上にありました。
スタンプは押せたものの、なんとも納得がゆかず付近をうろうろ!



道の駅の横に小さな入口があり、観光案内所になっています。
そこは電気がついていて誰かいるようですが、文句を言ってもしょうが無いし・・・。(笑)
折角来たのにまともな記事も書けずに残念だけど、仕方がないので次に移動することにしました。





試し読みできます

歴史の小径!“つくで手作り村”

本日の最初の4か所は比較的近い位置にかたまっていましたが、次の
道の駅つくで手作り村 までは距離にして53kmと離れています。



豊根の道の駅を出るとまもなく国道を離れ山の中に入って行きました。
そこからは正に山また山をくねくねと曲がりくねって走って行きますが、ちゃんと舗装され、離合できる2車線の道幅がありますから、それほど苦労するルートではありません。



1時間20分ほどの山越えで、つくでに到着しました。



“新城市作手(つくで)” は、この地図にある新城市のほぼ西の端にあります。
新城市は武田軍と織田・徳川連合軍が戦った “長篠の戦い” の舞台となった設楽原の決戦場など、歴史に残る史跡が多数あります。
特に作手村は平均標高が550mあり、周りを山に囲まれた天然の要害たる地形であることから、村内に40か所もの城砦が作られました。
戦国時代の作手郷は重要な戦略拠点であり、今川・武田・徳川の勢力争いで、事あるごとに戦火が交わされたのです。

現在の作手はその戦国絵巻の舞台となったいくつもの城址などを巡る “歴史の小径” のハイキングコースが整備され、多くの歴史マニアを楽しませてくれます。





これが道の駅の本体ですが、左手に “情報案内施設” があり、右手の大きな建物が “味彩館” という食事処と “山家市” という採れたて野菜の直売所です。





“ハヤシライス” の大きな看板がかかっていますね。
特産のトマトを材料にした、ここの食事処の名物なんだそうです。







味彩館の中央付近に入口があります。
入って左側が食事処で、右に細長く物産売り場があります。





この時間、やはりお客さんは少ないですね。

“手作り村” という名前は、手作り名人の指導により、木工細工から郷土料理まで大人も子供も楽しめるメニューが揃っている為です。



全体図を、リーフレットから借用してみました。

手前が今紹介した味彩館や情報案内施設ですが、まずその右側に “みのり館” があります。
ここでは、ブルーベリーのもぎ取り体験ができます。



川を挟んだ奥の広場に “勇気工房” とあるのは農産物の加工施設です。
更にその奥の “とんちん館” で手作り体験が行われます。
例えば “木工体験” では、チェンソー体験、伐採体験、竹細工体験など7種類のメニューがあり、“クラフト体験” では、同じように6つのメニューが用意されています。

“料理体験” には、五平餅作りやこんにゃく作りなど9種類のメニューがある、といった具合です。
地元のお年寄りなどの “名人” の力を生かし、伝統を次の世代に引き継いでゆくのに有効な取り組みだろうと思います。





試し読みできます

戦国の歴史を偲ぶ!“鳳来三河三石”

初日の最後の目的地は
道の駅鳳来三河三石 です。



この道の駅も前回の “つくで手作り村” と同じく 「新城市(しんしろし)」 にありますが、つくでが西の端にあったのに対し、こちらは東の端、静岡県浜松市に隣接しています。

“新城市鳳来地区” もやはり、戦国の歴史をとどめた地域です。
つくでからの途中には長篠の合戦場があり、長篠城址や信玄塚などの付近を通ります。
そして長篠の信号から右折し、国道257号を浜松方面に進むと目的の道の駅です。





まるで合戦場のように旗がたなびいています。



ここは17時で閉まるのですが、途中を急いだ結果30分以上の余裕をもって到着しました。
ここは “天竜奥三河国定公園” の玄関口に位置し、「ぶっぽうそう」 で有名な鳳来寺山の近くになります。



「ぶっぽうそう」 は鳳来寺山一帯に棲み、「ブッポウソー」 と甲高く鳴くことから仏教の 「仏・法・僧」 につながるとして、霊鳥とされてきたものです。
正式名称 “コノハズク” は、昭和40年、愛知県鳥獣審議会による県民投票で、“愛知県の鳥” に選定されました。

山岳修験道の霊山でもあった鳳来寺山には、大宝3年(703年)に開かれた真言宗の大本山のひとつである “鳳来寺” があり、“鳳来山東照宮” “鳳来寺山自然科学博物館” などの名所があります。







この付近、どこの道の駅へ行っても “五平もち” に出会います。



さて、中に入ってみましょう。




中は売店と軽食堂があるだけの、至ってシンプルな道の駅です。



“ぶっぽうそう” の関係でしょうか、ふくろうの置物がずらっと並んでいます。
そしてこの売店であるものを発見!



“蜂の子” です。



旨いとは聞くけど、私はどうもこんなのが苦手です。
どうみたって “虫” じゃないですか!((>д<))

ここは道の駅としてはシンプルだけど、自然環境や史跡には恵まれた場所にあると思います。

さて、今日の道の駅6か所は全部回り終えました。
今夜の宿は県境を越え、初めての静岡県に入って浜名湖の湖畔に泊ります。
道の駅から31km、45分で “浜名湖ロイヤルホテル” に到着しました。



大和ハウスグループが経営するこのホテル、普段私たちが泊るビジネスホテルと違って豪華です。
パックツアーなのに、その部屋の広さにもびっくりしました。





ホテルの部屋から見る浜名湖の風景も素晴らしいものでした。

 

 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について