閉じる


運命の夜

1

 扉を叩く音がしたような気がして、エルシアンは顔を上げた。
 既に夜は深く、蒼月宮に放してある小鳥たちも静まり返っている。家族を持たない王子たちの部屋は皆同じ作りをしている。先代、先々代と比べて父王は極端に子が多く、部屋を用意するために増築するよりは客間を転用してしまったせいだ。だから王子であるといっても部屋の作り自体は簡素である。居間、書斎、中庭に寝室。寝室には大きめの衣装部屋がある。
 エルシアンは耳を澄ませた。今彼がいるのは自身の書斎、蒼月宮の回廊につながる扉までは、内扉を二つ隔てている。特に物音もしないようだったが、エルシアンは首をかしげて立ち上がる。 廊下に一番近い居間に出てからエルシアンはしばらく耳の痛いほどの沈黙に神経をさらす。確かに自分の部屋の扉を叩く音がした気がするのだ。気のせいかと首をかしげた時、音がした。やはりそれは扉を叩いているのだった。その音を聞いた瞬間、エルシアンは何故かぎくりと動きを止めた。
 出てはいけない。そんな本能に近い声が止めているのが聞こえる。どくんと一つ大きく心臓が鳴って痛い。立ちすくんだままで扉の方向を見つめていると、もう一度、静かにそこが叩かれた。
 エルシアンは息を飲み込んだ。喉がひりつくようだった。
 こつこつという音がまだ続いている。迷い迷った挙句、エルシアンは扉に足を向けた。もし何かがあれば大声で近衛を呼べばいいだけだろうと考えたのだ。
 細く扉を開くと、その前に立っている人物が誰だか分かった。嫌な不安が急に消えた。エルシアンはああ、と気の抜けたような溜息を漏らして扉を大きく開いた。するりと侵入してきた兄の体はやはり鍛え抜かれて大きい。エルシアンにはない、強い意志と自負が兄を押しあげている。
 アスファーンはエルシアンの様子に微かに笑うと奥へ行ってもいいかを目で聞いた。エルシアンは頷いてから扉をそっと閉め、先を行く兄の背を追う。こうしていつまでもその背を追うことができれば幸福だろうかと考えると何だか気恥ずかしい。
 アスファーンがこの部屋に来るのは初めてだった。エルシアンは彼が自分の居場所にいるという怪訝な違和感を、次第に押し上がってきた昂揚で握りつぶす。アスファーンはいつでも彼の目標であり、指針であった。エルシアンに無いものを持っていて、その輝きで眩しい。
 アスファーンも珍しげに部屋の中を見ていた。殺風景なのに驚いたのだろうかと思うとエルシアンは羞恥に似たものに俯く。王族の部屋は大方その母方の親族を中心にした献上の品々で溢れていて、骨董や美術品や豪奢な調度で飾られているのが普通だ。
 アスファーンは自身のマントを外すと長椅子の背にかけ、腰を下ろした。エルシアンは何か飲むものでも用意させようかと侍女たちの控室に通じる呼び鈴の紐に手を伸ばす。紐に手が触れようとしたとき、後ろからアスファーンがエルシアンを呼んだ。
 振り返ると、アスファーンはゆっくりと首を振りエルシアンを手で招いた。人を呼ぶなと言われているのに気づいてエルシアンは頷き、自分で酒とグラスを出した。時折はリュードとここで飲むから置いてある。
 手早くそれを並べながらエルシアンはそっとアスファーンを窺った。何をしに来たのだろうというのがまず最初だった。アスファーンは無駄なことをしない。いつでも彼のすることには筋と道理がある。こんな夜中に一人で、随従も連れずにエルシアンの元を訪れるなど確かに異常なことであった。それを聞こうかどうしようかと迷っていると、アスファーンが不意に言った。
「……一昨日のことだが」
 エルシアンは不思議な顔つきになる。一昨日はアスファーンに剣技の指導を受ける約束をしていたが、ラジール侵攻の件で兄は多忙を極めていたからエルシアンから断った。アスファーンもすぐに頷いていたから同じことを考えていたのだろう。
 一昨日の王族会議の席でラジールに対する施策の大まかな方針が決定したが、一報が入ってすぐに布告文を書いたのか、アスファーンは既に声明の草稿の了承を父に得ているようだった。
 結局、王族会議といってもエルシアンを含めて年少に属する者たちは追認の署名を入れるだけで何もない。父が自ら戦場に赴くのは珍しいが、これは先手を取られたことを挽回するための鼓舞策といってもいい。父が行くということならば、万一のためにアスファーンが王都に残るのも確定だった。
 エルシアンはそんなことを思い出しながら、一昨日アスファーンと交わしたはずの幾つかの会話を思い出そうと首をひねる。だが、特に何か思い当たるものもない。困惑して異母兄を見ると、アスファーンは唇の端で笑った。それは、失笑と言うべきものだった。その笑みの暗さにぞっと背中が粟だったのが分かった。
 エルシアンは思わず腰を浮かしかける。父王の生誕の儀のときに感じた嫌な黒い予感が不意に肌に張りつく。それを払いのけるように、エルシアンは兄上、と大きな声を出した。
「あの、何か……」
 いや、と答えるアスファーンの様子は変わらない。ただこみ上がってくる笑みを押し殺すのに夢中に見える。エルシアンは今度こそはっきりとした悪い予兆を感じ取った。何かがおかしい。
 アスファーンがゆっくりとエルシアンの出した酒を口に含んでいる。目上が飲んでいるときに自分だけ無視する訳にもゆかず、エルシアンはつき合うように酒を舐めた。普段は好きな酒が、この瞬間やけに舌に苦かった。
 アスファーンは本当におかしそうに唇を震わせている。その様子が危険極まりない獣の余裕に見えてエルシアンは、少しづつ迫ってきた恐怖を予知する草獣のように、身をアスファーンから遠ざけた。どうしていいのかわからない。アスファーンの暗く沈んだ笑みをあしらってしまうだけの度胸も無かったし、流して勝手なことを喋ってしまうことも出来なかった。
「兄上……あの……」
 とにかく今夜はここから帰してしまおう、とエルシアンは恐る
恐る口に出す。
「何かご用事でしたら明日、太子宮か公用私室のほうへ伺いますけれど……?」
 公用なら執務室で、私用ならアスファーンの居宮でという提案をアスファーンは承知も却下もしなかった。エルシアンの脅える笑みを浮かべて小さく喉を鳴らし始めている。
 エルシアンは次第にはっきりした恐怖を覚え始めていた。何かが確かにおかしい。絶対に変だ。
 兄上、と声を上げるとふとアスファーンが笑みを収めてエルシアンを見た。正面からあった視線の強さに射抜かれるようにエルシアンは凍え固まった。
「エルシアン、私を好きか」
 質問の意図が掴めずにエルシアンは一瞬ぽかんとする。何を聞かれているのか分からない。好きか、というのはどういう意味なのだろう。困惑しきってアスファーンを見るが、異母兄の視線は怖いほどに真剣で、遊びを許されるものではなかった。
「あの……好き、というのはどういう意味で……」
 エルシアンは口ごもる。基本的な箇所が噛み合わない会話だと、自分でも分かっていた。アスファーンはゆるく首を振った。それに答えるつもりはないようだった。エルシアンは更に強く激しくなってくる恐怖の風音を耳奥にやり過ごしながら俯いた。アスファーンは確かに優しげな人格者ではなかった。いつでも厳しい空気を漂わせていた。だが、こんな相手をなぶるような威圧だけは感じたことがない。何かが変だ、──今、自分は食われるのを待つ兎のように無防備なのかもしれない……
 その考えが急に上がってきてエルシアンは立ち上がりかけた。それを止めるようにアスファーンが先に立った。アスファーンはエルシアンよりも頭半分ほど背が高く、体格は遥かにがっしりとしており、眼前に立たれると竦むような圧迫感があった。
 アスファーンがゆったりと低いテーブルを回ってエルシアンの前に立った。エルシアンは気後れと怯えの判別のつかないものについ後ずさった。


2

 ──怖い。とても怖い。身に降りかかる危険に小さな獣のように震えている。何かおかしい。そして怖い。アスファーンはこんな嫌な笑い方をしただろうか。
 あの、と言いかけたときだった。首筋を突然何かが這ったような感触にエルシアンは思わず体を揺らす。一瞬遅れてアスファーンが自分の首筋をゆっくり撫でたのだとわかった。
「何を……」
 エルシアンは触れられた場所を自分の手で隠しながらアスファーンから遠ざかろうとじりじり後ろへ下がる。だが下がった分だけアスファーンもその差を埋めて、ほとんど向き合うような格好になった頃には背に寝室へ通じる扉が突き当たり、エルシアンは微かな焦りを感じる。
「さて、どうするか……」
 呟きがした。エルシアンは視線を上げて目の前にたたずむ兄を見た。
 アスファーンの口元には相変わらずどこか歪んだ黒い笑みが張りついていたが、目が少しも笑ってなどいないのにエルシアンはやっと気付いた気がした。
 とにかく逃れようと身をそらすとアスファーンの腕が背後の扉に突き刺さるようにしてそれを封じた。エルシアンの膝が不意にがくんと落ちた。全身が怖がっているのだった。扉にもたれてずり落ちそうな体をアスファーンの腕が支えた。
 捕まれた二の腕が痛い。エルシアンは呻いてそれを放してくれるように兄の手を押しやろうとした。
 その手が捕まれてエルシアンははっとする。反射的に空いた手がそれを降り払おうとするが、それが途中で止まった。アスファーンがそれをも手首を掴んで止めたのだった。腕力の勝負は分が悪かった。エルシアンの渾身の力など問題にもならないほど呆気なく、両手首が吊り上げられて扉に押しつけられる。軋みがぴりっと骨を伝い、脳裏に響いた。
「兄上、あの、」
 様子がおかしいのは分かる。だがアスファーンの全てを否定して叫び声をあげるにはエルシアンにはまだ覚悟が足らない。そして、恐らく足らないことを承知されているのだった。
 だが、声をかけることで何とか好転しないだろうかと思った甘い期待はすぐに打ち砕かれた。
 エルシアンは微かに悲鳴を喉で鳴らした。声にさえ、ならなかった。ぬるっとしたものが首筋を撫でた。そこを唇が這ったのだと理解できるまで茫然とした時間は長かった。
 なに、と言おうとした唇を塞がれて息苦しさにエルシアンは呻く。呼吸を求めて上向きに喘いだ瞬間、ぬめらかなものが歯列を割って侵入してきた。
 それが好き放題に口中を蹂躙するうち、エルシアンの口端から唾液が一筋落ちた。水滴むず痒さにエルシアンの神経はやっと現実を認識した。自分が今、何をされているのかを。
 エルシアンは自分に覆い被さるアスファーンを振り切ろうと身をよじった。唇が離れる。
 お互いの絡んだ唾液が細い糸を引き、すぐに落ちた。
「なに、兄上、いったい、何を……」
 動転というよりはひどい眩暈に近い感覚が脳幹を揺すぶっていて、あまりのことに一瞬怒りも恐怖もわいてこない。アスファーンは相変わらず笑っていた。その笑みの穏やかな暗さにエルシアンは微かに体が震え出すのを分かった。認識した途端に震えはあらわになった。おこりのように、膝が立たない。アスファーンはますます低く笑っている。その笑顔が教えてくれる。彼が本気で自分を手に入れるつもりでいることを……!
 エルシアンは通りすぎた激しい眩暈をぎゅっと目を閉じてやり過ごした。何故、と声を出すとアスファーンは嫌な形に固まったまま笑っている唇から答えを囁いた。
「──愛している、私の……」
 アスファーンは言いかけて止め、その代わりにもう一度唇を寄せてきた。エルシアンは顔を背けた。アスファーンの目には愛情を信じるための何もない。情欲であるというならましだとさえ思う。瞳に見えているのはこちらを傷つける意思そのもの、それがむら燃えているように見えるのはアスファーンが今の状況を快楽の前兆として引き延ばしているからだ。
 遊ばれているのだと思うと目の前が暗くなるほどの絶望感が湧いた。アスファーンにとってエルシアンの抵抗などは余興でしかない。上背も体重も、遥かに兄のほうが上回っていて、差分で押さえ込めるはずだ。自分が気付くくらいだからアスファーンは当然知っているだろう。
 思いを逸らしたのは一瞬だったが、その間にアスファーンの手が自分の上着の中へ潜り込んでくる。体を扉に押しつけながら肌を手に馴染ませるように蠢いている嫌悪感を喉で呻き、エルシアンはアスファーンの肩を思い切りつき飛ばしてどうにか腕の中からまろび出た。
 よろめく足で懸命に走ろうとした瞬間景色がぐるりと回り、床に身を打つ。足を掛けられて転んだのだった。起き上がろうとした刹那、髪が捕まれて首が後ろへ反った。
 ぐ、と喉が絞られるように鳴った。上着の襟にアスファーンの手がかかって引き上げられる。喉に襟が食い込んで呼吸ができない。何かいう代わりにエルシアンは手を振り回したが、自分の真後ろにいる人間に当たるはずはなかった。
「い、いや、やめ……」
 声を絞り出すと体が仰向けに反転させられ、口を手で塞がれた。
 他人に聞かれることを望んでいないのを悟り、エルシアンは更に大きな声を出そうとする。深く呼吸をした瞬間だった。
 突然息が詰まった。喉が絞められて、気管が潰されそうだ。何かを叫んだが声にはならず、かすれた呼気音になった。エルシアンは口を開けるが空気は一向に恵まれなかった。
 目の前が白く霞む。鼻腔に血が集まり始めて痺れになる。エルシアンは必死で手を泳がせ、宙へ腕を伸ばす。脳裏に薄くもやがかかり始め、すっと気が遠くなる……
 不意に首を絞めていた大きな手がそこを離れ、エルシアンは反射的に喉に手をやりながら肩で呼吸をする。咳き込んでいたエルシアンの耳に金属の音が小さく聞こえた。アスファーンが寝室の扉を開いたのだ。
 エルシアンは顔を歪めた。アスファーンは本当に、本気だ。まだ痛む喉を押さえながらエルシアンは出来る限りに素早く起き上がろうとした。
 扉を開けるか、侍女の呼び鈴の紐を引くか。どちらにしろ他人を呼ばなくては。声を出したほうが早そうだった。エルシアンは呼吸を深く吸った。
 それをアスファーンの手がまた塞いだ。そのまま床に頭を押しつけられ、アスファーンの手が鎖骨を撫でて肌を下へ下へ、下がっていく。エルシアンはもがき、押しかぶさってくる兄の肩を掴んでもどそうとするが体重の差もあるのだろう、上からなくなる気配がなかった。
 エルシアンは首を振る。それでも剥がれない大きな掌に噛みつこうとした。だがそれも唇の動きで察したのだろう。一瞬の差でアスファーンが手を離した。エルシアンは思い切り声を上げようとした。口から手が離れればどちらでも良かったのだ。
 ──次の瞬間、みぞおちに重い衝撃がきた。エルシアンは呻いて身を折り、床に崩れた。一瞬おいて胃の中が煮えたようにたぎり上がってくるのを肩全体で殺しながら口を押さえていると、震えるほど低い声が耳元でもう一度、愛していると囁いた。
 首を振ろうとした体からふっと自重が消えた。アスファーンが彼を抱き上げたのだった。もがこうとしてもまだみぞおちの苦しみが熱く、体の神経を鈍く麻痺させていて体がうまく動かない。
 寝台の上に放り投げられてエルシアンは衝撃で息を詰まらせる。肺が軋んで一瞬空気を吸えない。両手首をアスファーンが片手でまとめ、エルシアンの頭上で寝台に押しつけるように固定した。エルシアンは身をよじる。
 やめて、と言った声は恐怖か動揺かで激しくぶれ、小さかった。
アスファーンはそんなことには頓着せずに、開いた片手で器用にエルシアンの着衣を剥がしていく。露になる部分が増える度、自分の中の何かを引き剥がされて踏みにじられている気がしてエルシアンはやめて、といいながら足をばたつかせたが、あまり効果はなかった。アスファーンの手が下衣のベルトにかかる。
 背を恐怖が真実覆ったのはその時だった。やめろ、とエルシアンは掠れ声で叫んで腕を振り切った。勢いのついた手が強くアスファーンの首を叩いた。一瞬弛んだ力の下から這い出ようとしたとき、耳の近くで激しい破裂音がして顔から寝台に打ちつけられ、頬がやけつくように熱くなった。口の中でじわりと血の味がした。 何故、とエルシアンは言った。愛などという嘘を信じる気は毛頭なかった。アスファーンはそれには答えなかった。手首がまた掴まれる。強い力に負けたように首から下に力が入らない。愛している、という声が三たび降りそそがれた。
 もがき、苦痛にのたうち、声にならない悲鳴を絞り出しながらエルシアンはアスファーンの所有物になった。


3

 ……エルシアンはほの暗い早暁の底辺に一人、座り込んでいる。
 何かに縋りたくて伸ばした指先がふと明かりのランプに触れて反射的に手を庇った。何故、と小さく呟く。
(愛している……)
 そんなのは嘘だ。それは考えることでさえなかった。
 体はこの夜の出来事を全て押し出そうとするかのように吐き気を訴えてくる。それを中庭で解放し、部屋に戻ると床に転がった。
 寝台には戻れなかった。どうしても。
 床に押し当てていた耳に靴が床を打つ音が聞こえた。エルシアンは跳ね起き、床に沈んだ。足音の連れてくる悪い予感はあった。数日前から妙に追い詰められているようで怖かった。だが、それがこんな現実を伴ってくるなどと考えてもいなかったのだ。
 足音が近づいてくる。次第にこちらへ来る。やめろ、とエルシアンは喉を鳴らして起き上がろうとした。
 だが体は正直だった。長く明けない夜の残照が未だに筋肉に正常な力を戻してくれない。
足音がする。こつこつ一定の間隔をおいて寄ってくる。よるな。 エルシアンは呻く。こっちへ来るな──来ないで。けれど懇願も抵抗も役に立たなかった……
 う、と喉が詰まった。また吐き気が上がったのだった。固形物は殆ど吐いているから酸味だけが押し寄せてくる。それを必死で押さえていると寝室の扉が叩かれた。
 エルシアンの心臓がぎゅっと締まった。返答は出来なかった。恐怖で竦んで唇さえ動かない。怖い。恐怖に彩られ始めたこれから先の時間を告げるように扉が鳴り続けている。
 エルシアンは震えながら床に顔を押しつけ、耳を塞いだ。聞きたくない。何も聞きたくなどないし、何もしたくなかった。
急に肩に手がかかり、エルシアンはそれを思い切り打ち払った。
 触るな、と怒鳴ってから喉を塞ぐ空気の固まりを咳にして押し出す。もう一度肩が揺すられて、エルシアンは癇性な叫びをあげてその先の体をつき飛ばした。溜息がした。
「なに、お前何なの? せっかく帰ってきてやったのに最初の挨拶がそれ? 犬だって三日も餌をやれば尻尾を振るけど?」
 呆れと苛立ちが半々に混じった軽い声がした。エルシアンは恐る恐る目を開いた。つま先から次第に視線を上げて、最後に行き付いた顔にエルシアンは吐息を漏らす。彼の唯一の侍従である友人が不機嫌にたたずんでいた。
「リュー……」
 エルシアンはゆるくその名を呼び、急激な安堵で深く呼吸をした。なにやってんだ、という声と共に体が起こされた。寝るならあっちだろうと手を引かれ、エルシアンはついそれを乱暴に振りほどいた。エルシアンの珍しい粗暴さにリュードは顔をしかめた。
 エルシアンはリュードをそもそも部下として扱っていない。それでも許されているのはエルシアンが利権から程遠い位置にいるからだが、リュード自身もエルシアンを友人だという認識でいるだろう。友人から粗末に扱われて怒っているのだと分かった。
「ちょっと暑かったから。何でもない、少し……休みたいから一人にしてくれないか……」
 エルシアンはそんなことを言って大丈夫だというように起き上がって見せる。自分の頬がぴくぴくと動いているから笑って見せているに違いなかった。だがリュードはいつものように笑みを返したりはしなかった。ますます面を歪めてエルシアンの前に視線の高さを合わせて膝をつき、まっすぐに見据えてくる。
 久しぶりに会うリュードは相変わらず造形が良かった。赤茶けた猫毛を後ろでまとめただけでも、優美で繊細な顔立ちとそれの醸す気品が彼をいっそう端麗に見せる。
 それが眉を潜めると酷く嫌そうな顔になるのを本人も分かっているだろうが、エルシアンの前でリュードは自分の感情を誤魔化さなかった。彼は何かを面白くない。
 いや、不機嫌だというよりは真剣さのほうが勝っているだろうか。そこに至ってエルシアンはやっとリュードの視線が自分の顔に当たっているのに気付いた。
 エルシアンは慌てて触れるとまだ痛い箇所を手で隠した。唇の端が少し切れている。顔、と言われて咄嗟に何でもないと言ってしまったのは、この夜の出来事を誰かに告白するなど出来なかったからだ。
「何でもない、じゃねぇだろ? それ、どうしたんだよ。自分でやったとかいうヨタなら信じないからな?」
 エルシアンは首をようやく振る。誰かに知られると思うとその圧迫で胸が詰まる。体の中に抱え込んだ秘密の重さで潰されてしまいそうだ。
 秘匿が尚更、自分の傷を深めることは分かっているが、口に出した瞬間にそれは悪い夢から修正のきかない現実へと転化する気がして怖い。今ならまだ夢だったと思えるだろうか。
 アスファーンの手が自分の肌を滑ったあの感触、無理やり開いた体の痛み、それから……思い出されること全てがぼんやりした遠景であるのと同時に、くっきりと感触を伴って蘇る記憶でもある。エルシアンは目を閉じた。気分が悪かった。


4

 リュードはしばらくエルシアンの肩を揺すっていたが、友人から何も聞き出せないと諦めたようだった。
 とにかく、と腕が掴まれる。エルシアンはよせ、とそれを振り払った。アスファーンに捕まれたのと同じ位置だった。それだけで一瞬体が震えるのが分かった。これも反射と言えた。中天の月が傾くだけの時間で自分の体の中には別の生き物が棲んだ。
 泣きわめき、叫びながらも暴力に脅えて膝を折る卑屈なものが。
 何だよ、というリュードの声がした。この声はもうはっきりと不快を示していた。
 エルシアンは怪訝に友人を見て、それから自分が彼の手を半ば叩き返すように打ったのだと気付いた。エルシアンは顔を歪める。 リュードにあたってはいけない。彼は関係がない──そう、本当に関係ないのだ。
「ごめん……あの、俺、本当に、気分が悪……」
 言いかけてまた吐き気が襲ってくるのにエルシアンは肩を震わせた。リュードの険しかった雰囲気がそれで甘く緩んだ。仕方のない奴め、という苦笑気味の呟きがしてリュードはエルシアンの背中をぽんぽんと軽く叩く。
 エルシアンはまた首を振った。他人の手が触れる度にそこから火がつくように熱く、そして同じ箇所を触れた手のことが皮膚の上に波立ち現れる気がした。
 リュードが体を引き上げて寝台に戻そうとするのを、エルシアンはやめろ、と強い声で静止した。
 リュードはふん、と唇を歪めた。もともとリュードは自分のすることに注文をつけられるのが酷く嫌いだったし、エルシアンもリュードのことに口出しすることは少なかった。本来は侍従と主人であるのだが、友人として同じ地平に立っていた。
「人の親切を断ってるとそのうち誰も助けてくれなくなるってね。ま、いいけど。気分悪いならどっかで転がるのが一番いいよ。寝台が嫌なら向こうの長椅子にいく? ……っていうかさ」
 リュードはぐるりと部屋の様子を見回して口元に曖昧な笑みを浮かべた。
「お前、女連れ込んでたろ? 換気しとけよ、気配がするぜ」
 リュードはくつくつ笑っているが、エルシアンは血の気が引くのを感じた。濃い臭気に慣れたのは自分だけで、他人にはまた違うのだと思うと尚更怖くなる。
 エルシアンの表情がこわ張ったのをリュードは素早く察知して何だよ、と薄笑いのまま肩をすくめた。
「いいじゃないの、どーせお互いの素行は知ってるわけでしょ?今更繕わなくたっていいさ。あの女じゃなけりゃ、俺は歓迎」
 あの女というのはナリアシーアのことだ。リュードはナリアシーアにまつわる暗い噂を最初から知っていて、彼女を嫌っている。
 絶対に名前では呼ぼうとしないし、あの女と言うときの口調は激しい。エルシアンがナリアシーアと想いを通じたときもひどい喧嘩になったものだ。
 リュー、とエルシアンは低く言った。気分もまだ回復しなかったせいで声は自分でもぎくりとするほど不機嫌だった。リュードは何も聞こえなかったように大きく伸びをすると、中庭に通じる硝子戸を開け放した。
 外を覗いたことでリュードはそれに気付いたようだった。
「ああ、吐いてるのか? 馬鹿だな、本当に具合が悪いならちゃんとそう言えよ。寝台戻れエルシ、医者と侍女を呼んできてやるから。夏風邪は馬鹿がひくんだぜ、知ってるか?」
 そんなことを口にしてリュードはエルシアンの腕を取った。エルシアンはそれを再び突き放した。誰かに体を触られることが不快で仕方がなかった。リュードとアスファーンがまるで違うのを頭で理解していても、抑えがきかない。
 リュードは何だよ、と低い声になった。彼もそろそろ苛立ちが募ってきたようだった。
「いいからどこか下の柔らかいとこで横になれよ。もうすぐ学院も新しい学期が始まるし、長引くと王城から出られなくなるよ?」 エルシアンはやっとそれに頷いた。
 ずっと部屋にいるのは恐ろしかった。アスファーンとのことを嫌でも思い出すし、足音全てが兄のものに聞こえる。どうしようもなく神経が過敏になっているのは承知しているが、どうにも抑えが効かなかった。
 リュードの肩に怖々と掴まり、エルシアンは居間の長椅子まで歩いた。長椅子に崩れるように横になった様子が思っていたよりも酷く見えたのだろう。リュードが衣装部屋からエルシアンのマントを持ってきて上からかけた。
 ありがとう、と呟くと額が軽く弾かれ、次いで手のひらが押し当てられた。どうやら熱をみているようだった。熱はないよ、というとリュードは首をかしげた。
「そう? 何だかちょっと熱っぽいような感じもするけどね。ま、そっちは専門に見てもらおうな。呼んで来るから待ってろや」
 医者、と悟ったその瞬間に顔がひきつったのが分かった。
「医者は呼ぶな!」
 跳ね起きて叫ぶとリュードは眉を寄せた。
「だって、薬くらい出してもらえば……」
「いいから呼ぶな、絶対に嫌だ!」
 怒鳴り立ててエルシアンは急な動作のせいの眩暈に額を押さえた。ほら見ろ、とリュードの苦笑がした。
「まともに動けないくせに。いいから寝てろ、すぐ戻って……」
「嫌だって言ってんだろ!」
 リュードの言葉を遮ってエルシアンは叫んだ。鼻白んだ顔でリュードが黙った。エルシアンは嫌だと繰り返した。まだ体中にアスファーンの刻んだ、彼が愛情だと言い張ったものの痕跡が残っているはずだった。それを他人に見られたくない。絶対に嫌だ。
「エルシ」
「嫌だって言ってるんだよ! 余計なことするな!」
「……じゃあ、夏風邪で死ぬ馬鹿になっちまえ」
 リュードの声が低く、そして投げやりに吐き捨てられた。エルシアンは顔を上げる。リュードの端麗な美貌は苦々しく歪んでいた。馬鹿野郎と怒鳴ってリュードは背を返し、それから思い出したように振り返った。
「お前、今日、変!」
 確信を切り込まれてエルシアンは青ざめたままで鼓動が大きく一つ鳴ったのを聞いた。血の気がひく音がした。リュードはふん、と頬を痙攣させて乱暴に扉を開けて出ていった。
 エルシアンは長椅子に横たわり、マントを顔まで被って目を閉じた。その時初めて、目の奥が滲んだ。