◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 三輪たかし
価格 100円(税込)
タグ 愛する青春ふるさと関川村関谷中学校ブラスバンド文子富士夫中学3年生水害恋物語星条旗よ永遠なれ第一回定期演奏会
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,373 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
20ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 ⭐️コスモス文学賞入賞作品⭐️ ★PDFページ数(24P)★
 新潟県新潟市の北東約60キロ離れた関川村を舞台にした恋物語。昭和44年の春から秋までの期間、ブラスバンド部の中学三年の富士夫と二年の文子の恋の葛藤が描かれる。最初、富士夫は文子に対して抱く気持ちの正体がわからなかったが、ある日の『星条旗よ永遠なれ』の練習を終えたとき、初めて『好きだ』という感情に気づいた。日ごとに彼女への思いは募り、夜の彷徨などをしたが、最終的には手紙で告白することにした。その頃、ブラスバンド部は第一回定期演奏会を開催することが決まった。
 文子から返事が来た。素直に受け入れる返事ではなかった。しばらくして村の夏祭りのとき、始めてデートをした。
 合宿練習の時、流れ星を富士夫と文子は見て、お互いのことを祈る。文子との間もますます進展していくようだが、今度は親の宗教の問題で富士夫と文子は別れることになる。文子の親より富士夫と付き合うことを禁止されたのである。
 九月二十八日に関川村を大きな水害が襲った。一人で留守番をしていた文子を、必死に助けようと富士夫は駆けつけるが……。

コメント一覧

なるほどこちらが金と黒の楽器のベースですね。なんか作家の初々しさが出てるわ。良いね!
keikobaba : 2017-09-29 18:18:11

コスモス文学賞って長崎県の賞ですね。 この作品は宝の青春を見事に扱っている アナザーストーリーの原版として残りますね。
20170824 : 2017-08-11 17:44:23

この前読んだアナーザーストーリーの凝縮版でしたね。新潟のある市の文学賞で良いところまで行ったけど、その市の受賞条件と違うところがあって残らなかったと聞いています。いっその事その市の川の名前で書けばよかったのにね。良くまとまった作品です。三輪さんの処女作ですね。
masaakim : 2017-06-04 15:44:07

仙台の田舎を出てきた僕にとっては年代が違うとはいえ、同じようなキュンキュンすることがたくさんあった。そんな美しい記憶がよみがえったよ~。
3453333 : 2017-04-07 18:38:52

昭和の中学生可愛くてキラキラしてる!良いじゃん!
hinatas : 2017-02-05 11:18:03

淡い青春の光が見えました。 私は東京育ちでも、青春の一コマには都市と地方に変わりはありません。 素敵なポエムのようでした! ありがとう。
373912 : 2016-12-12 10:54:05

拝読させていただきました。激流の中での二人の抗いの描写が、とても生き生きしていて驚きました。三輪さんの面目躍如ですね。
20160710 : 2016-06-27 09:48:21

流れ星の描写の所大好き。文子さんてとっても素敵で私も惚れそう。
yoshimita : 2016-04-26 09:43:34

昔の話だけど、ピュアなものは変わらないですね。メルヘンのような気もして良かったです。過去の淡い気持を思い出しました。
taikoro : 2016-03-23 10:22:13

新潟県の関川村に一度行きたくなりました。私は静岡出身で旦那は長野。親近感が湧き、とても心がピュアになったわ。
998233 : 2016-03-04 10:13:13

facebook コメント一覧