twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 三輪たかし
価格 100円(税込)
タグ 愛する青春ふるさと関川村関谷中学校ブラスバンド文子富士夫中学3年生水害恋物語星条旗よ永遠なれ第一回定期演奏会
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,772 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
20ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 ⭐️コスモス文学賞入賞作品⭐️ ★PDFページ数(24P)★
 新潟県新潟市の北東約60キロ離れた関川村を舞台にした恋物語。昭和44年の春から秋までの期間、ブラスバンド部の中学三年の富士夫と二年の文子の恋の葛藤が描かれる。最初、富士夫は文子に対して抱く気持ちの正体がわからなかったが、ある日の『星条旗よ永遠なれ』の練習を終えたとき、初めて『好きだ』という感情に気づいた。日ごとに彼女への思いは募り、夜の彷徨などをしたが、最終的には手紙で告白することにした。その頃、ブラスバンド部は第一回定期演奏会を開催することが決まった。
 文子から返事が来た。素直に受け入れる返事ではなかった。しばらくして村の夏祭りのとき、始めてデートをした。
 合宿練習の時、流れ星を富士夫と文子は見て、お互いのことを祈る。文子との間もますます進展していくようだが、今度は親の宗教の問題で富士夫と文子は別れることになる。文子の親より富士夫と付き合うことを禁止されたのである。
 九月二十八日に関川村を大きな水害が襲った。一人で留守番をしていた文子を、必死に助けようと富士夫は駆けつけるが……。

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山関応援イラスト・大阪場所・名古屋場所イラスト付きダイジェスト...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

もっとみる