twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 三輪たかし
価格 100円(税込)
タグ キャバリア物語ペット物語動物飼い主の気持ち二匹ズッコケ犬動物病院ほのぼの癒しのペット小説ブレンハイムトライカラーラブ日記三輪たかしキャバリア物語
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,612 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
38ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
★PDFページ数(38P)★
 二匹の犬と共に暮らす竹内家一家の様子を描いた明るい物語。主人公・竹内豊がペットショップで出会ったキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの蓮とラブ。この二匹を一家はこの上なく大切に育て、愛します。
後から家族に加わった蓮は、最初のうちこそ何度も死にそうになって、動物病院のお世話になるズッコケ犬だが、家族の熱心な介護もあって、やがてはすくすく育ち、ラブとともに豊のストーカーになるほど元気いっぱいになった。
飼い主とペットという枠をこえた家族としての強固な絆を思わせるエピソードを、たくさん散りばめました。心からその二匹の存在を愛する豊のまなざしはどこまでも温かいです。ラブと蓮を中心とした穏やかな日常がつづられていて、全体的にほのぼのとした気持ちが込み上げてくる作品ですが、やがて訪れるであろう別れの悲しみは、命あるものの無常とはいえ、辛いものであることを切々と訴えています。
この作品そのものが豊にとってのラブと蓮であるかのような、癒しいっぱいの一作・・・・・・。

コメント一覧

泣けるわ。私もワンちゃん大好き!8カ月のパピヨンいるけど可愛すぎて死にそう。三輪さんの温かい気持ちが素敵。他の作品も読みたいです。
hinatas : 2017-01-27 09:26:31

この世は儚いことばかり。私は会社の広報関係の仕事で文章を作成する事が多いのですが、三輪さんの文章には永遠性を感じて悲しいけど元気づけられます。他にも購読したいと思います。
373912 : 2016-11-28 10:27:45

動物とともに暮らす人々に共感を、そうでない人々にはペットのいる生活の豊かさを伝え、素朴ながら示唆に富んだ物語である。ペットとの別れをイメージしたところは、悲しさと同時に強さも感じられ、仏教的でさえある。感無量!
20160710 : 2016-06-22 13:46:32

ルビーのキャバリア大好き。あの毛並みを見ていると心がほっこり。この作品のブレンハイム、ブラックタンも良いですね。大好きなワンちゃんたちのエピソードがちりばめられていて、とっても心に響きました。ありがとうございました。
yoshimita : 2016-04-25 09:54:39

わんこ大好き。家に帰ってうちのわんこの顔を見ると嫌なことすべて忘れられるような力を持っているね。うちのわんこはミニチュアダックスのブラックタン。賢い子ですが、最近は年齢のせいか体力が落ちているのを見ると寂しくなります。 三輪さんもそんなしょうがない時の流れについて書いていますが、本当に泣けてしまいました。ありがとうさん。
taikoro : 2016-03-22 10:20:14

ワンちゃん大好き!イギリス生まれの祖先を持つラブさんと蓮さん。可愛いですね!犬好きがもっともっと増えるといいですね。
998233 : 2016-03-03 10:48:11

家でも2匹飼っています。いいえ飼っていますなんてうちの子に失礼。同居しております。最近老化がひどいので、見ているのが辛くて。私も還暦を越えましたが、私より多分あっという間に逝ってしまう事にいつも泣いています。死ぬことがなければ楽しいのにと思いつつも、受け入れなければならないと自分に駄目出しています(笑)。
302424 : 2016-02-29 10:01:13

やっと全部読みました~。私的にはわんこが一番好きなのでこの作品三輪さんでは一番好きかも。泣くこと多々あり。我が家のパピヨンを思わず抱きしめてしまいました。
192168 : 2015-12-25 09:50:40

ペットって本当に愛おしいものですね。のめり込むと人間より好きになってしまいます。でも、命が人間より格段に短い。あっという間に天に逝ってしまいます。私も何回も見送っています。だからこの作品を読むと作者のペットに対する深い執着にやっぱり号泣です。それでもその悲しみが無かったら、人生はつまらないものなのかもと思います。
takashirisa : 2015-10-28 10:00:21

文は人なりと言いますが、繊細な作者の気持ちがビンビン伝わってきます。長くても20年ぐらいの寿命しかないワンコは、それゆえになおさら愛おしいものです。もちろん人間の寿命も愛おしさを感じさせますが。
250347 : 2014-11-21 10:03:19

facebook コメント一覧