twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF , ヒューマンドラマ 作者 塚越広治
価格 無料
タグ 火星宇宙船開発泣ける感動人類
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

25 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 43ページ (Web閲覧)
411ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
現在から250年を経た未来。人類は火星に街を築き、子どもを育てています。ただ、遙か距離を経て生活する人々には地球の人類と別の価値観が生じていました。火星市民は自分たちは何者かと模索しながら生きる人々でした。そんな人々が暮らすとある都市に旧式の小型宇宙船のライセンス製造を行う中小企業がありました。地球の大資本に飲み込まれかけた彼らは、社運をかけて、新たな宇宙船の自社開発に挑みます。様々な困難に遭遇しながら完成した船は大失敗に終わります。しかし、そんな彼らを支えたのは数多くの名もない人々でした。彼らの夢は様々な人の思惑を織り込みつつやがて、アスカと名付けられた船が完成します。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

もっとみる