閉じる


アナタのために〇〇〇〇スープ <3.11シリーズ Ⅳ>

アタシっ!見習い魔女の、キキ・カン・リー、だヨォ~ッ!!

「キキ」って呼んで、イイからね~っっ♪


でね……あのね、きのうアタシね…秘薬の材料の『野草の人参』を取り寄せようと、お庭で召喚魔法を使ったらね…魔法陣の中に、『夜盗の人間』を三人…出現させてしまってさあぁ……テヘヘッ!失敗シッパイ~。
…え…?なんでそいつらを、『夜盗』だと思ったのか…?

んなもん雰囲気よ、フ・ン・イ・キ!話がウソくさいっていうかぁ~、同じセリフの繰り返しっていうかあぁ~~、なンかこいつら…お天道様の下で白昼堂々…とか、超~苦手なんじゃね?…って感じなンだよおォ~~~!!!

 

でね、縛り上げて、お庭に転がしといたんだけどさぁ………。


「”やとう”と呼ぶな!俺は”よとう”だあぁ~!!」とか、
「人参じゃないぞ!!大根…いや!大臣だああぁ~~~!!」とか、
「もっと強い”絆”を!この程度の束縛では、逃げ出したくなる~っ!!!」とか……。
三人とも、そりゃあもう大騒ぎ!で…五月蝿いったりゃ、ありゃあしないのョ~!!

名前を聞いたらサ…NO~ンダに、エンダ~NO~に、ホッソ~NOン」……なんだって……。
NO!NO!!NO~~~!!!
語呂の悪い、ゴロツキどもだと思わない?
面倒だからアタシ…こいつらをチャチャ~ッと、元居たトコロへ還すことしたの…。

 

 


「さて…と、あなたたち!元の世界に戻してあげるから、この鍋の中に入りなさい!!
真っ直ぐに立って、そうそう!整然と、キレイに並んでいるのよ!

 

…セシウムトリウムストロンチウム…燃やして冷やして釜の中……半減何年全消万年……え~っとえ~っと、それからぁ……。

 

あ!~ああっ?!方術の途中で動かないで!!ぶつかり合って、互いが接触したら~!!
駄目よだめだめっ!そんなに暴れると、鍋の内の水がこぼれて~~~!!!」

 

 


 

 


……かくして……、鍋の中には”でっかいキノコ”のスープ、が…出来上がっちゃいましたとさ~~~。

うん…方術…ね……また、失敗しちゃった……テヘペロッ!

 

 

…でねでね、ここだけの話…そのスープのせいで、お鍋に穴…開いちゃってさあぁ……。

アナタ…直してくんない?……無理?…どして?

ねェねェねェ~~オ・ネ・ガ・イ~~~!!!

中身ダダ漏れで、アタシ…困ってんのよおォ~~~。

 

 

 

おねがいっっ


奥付

 

 

 

2012年9月19日 第一稿(旧著者名:夏樹)

2013年7月26日 改訂稿(著者名:咲.)

アナタのために〇〇〇〇スープ


http://p.booklog.jp/book/74746


著者 : 咲.
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/saki62e81/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/74746

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/74746



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

咲.さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について