閉じる


プロローグ

プロローグ

【プロローグ】

去年、小鉢から植え替えた向日葵の苗が、今年は小さな花を咲かせました。

如雨露で水をやる妻の白いブラウスにも、鮮やかな黄色が映えています。

そして、庭の先の生垣の向こうには、地平線まで一面の向日葵畑が・・・・・・夏は黄色だとつくづく思います。

 

でも、本当にそうなのでしょうか?

向日葵の黄色は、誰でも同じように黄色なのでしょうか?

他人が見ている黄色を、私たちは感じることができません。

人と人との間には、大気しか無いのですから・・・・・・。

  

人を恋する心とは、重ねあわせた組織が互いに溶融し相互に湿潤して、渾然一体と混ざり合い、やがて感覚をも共有しながら、自己の意識の織り目に相手のそれを編込みたいと切望する、そのような心だと推定する。

 

 


« 前の章