閉じる


試し読みできます

ある、たっか~い山のペンギン家族

ペンギンのペンとグル兄弟は家族と一緒に

ある、たっか~い山のふもとに住んでいました。

くわしい場所は言えないのですが、

ある、たっか~い山と言えばわかりますよね?

近くには有名な湖が5個あって

中でも、

いちばんうす暗くてこわい森の近くだということだけ教えておきましょう。

じつはだれにも気づかれたくないので、ひっそりと住んでいるわけです。

 

夜になると特にこわいのですが、そのときがチャンスです!

近くの湖へ食べるものを探しにいきます。

たまに、にんげん様にばったりあうこともありますが、

ぬいぐるみのふりをして、しばらく動かずにいると

にんげん様も気づかずにいってしまいます♪

それがとてもワクワクするので、

いつも家族みんなで、わだいにしては楽しんでいます。

近所のホテルでは、

ぼくたちが住んでいる森の『ハイキング』という

もよおしものがあります。

にんげん様のこどもたちが参加して、たんけんにやってくるので

ときどき、おどかしてみるのが楽しいです!

「ワッ~」というと、たいていの子どもはおどろき、

なかには泣きだす子もいます。

ぼくたちはそれが楽しくって楽しくって、ゆかいなのです。

でもかあさんにはいつもおこられます。

「かわいそうだから、やめなさい」って・・・。

 

ぼくは、ぼくたちの住んでいる森をあらされるのが悲しくていやなのです。

ときどきこんなことがあります!

にんげん様は、食べもののゴミや飲みもののカンをすてていきます。

さいしょはきづかずに、食べものが落ちているのかと思い口にすると、

おなかをこわしてしまったので、かあさんが心配してかんびょうしてくれました。

あるときは暗がりのなか、カンにつまずきケガをしたよ(>_<)

 

とうさんとかあさんには、しんぱいばかりかけています。

だからぼくたち兄弟は、とっちめてやるつもりで

にんげん様をおどかしているのです!

こんなに美しい自然の湖や森にたいして、

とてもしつれいだと思うからです。

ぼくたちみんなが、住んでいるところなのですから。

 

 

 

ひるまは森の外へ出ないように、家族とやくそくしています。

それでも晴れの日は、たっか~い山があまりにもきれいで、

ぼくはどうしても見たくなり、こっそりペン兄ちゃんと出かけます!

これだけ自然が多いところでも、

道路というものがいっぱいあって、車にひかれそうになります~

 

とうさんと、かあさんはそれが心配で、

「明るいうちは外にでないように」注意します。

でもぼくたち兄弟は、こうき心が強いようで、

とてもがまんできないのです!

 

 


試し読みできます

奥付


ある、たっか~い山のペンギン家族


http://p.booklog.jp/book/74406


著者 : みゆか
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/black3f/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/74406

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/74406



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

みゆかさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について