twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】舞緋蓮 ―刀郷武侠譚―」 のバックナンバーです。(2013-03-20 23:16:20 発行)

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格75円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , アクション 作者 刀史郎
タグ 連載武士創作おねえさん殺陣チャンバラ小説歴史時代小説泣けるシリアスヒューマンドラマかっこいい
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 16ページ (Web閲覧)
17ページ (PDF)
試し読み:13ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
明治維新と共に関東に設けられた自治区「刀郷」 
そこは武士の精神と刀を振るう生き方を遺す者達が住まう場所。
辰ノ神と獅士堂の二大任侠一家により統治されるこの郷で、
獅士堂一家の女頭梁・獅士堂緋蓮の「刀」に生きる姿を語ろう―――。

衝突する二人の間で交わされる武と言葉。
それが千夏にもたらすものは、この復讐劇をどう導くのか。
決着の章。

この本には試し読みが 13 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

もっとみる