閉じる


<<最初から読む

14 / 15ページ

ニュースポーツを体験しよう!

●スポーツ吹矢


 ジョギングしていて「スポーツ吹矢協会 草加市部」という看板を見つけた。

 吹き矢というと、忍者の暗殺の道具か、ジャングルでの狩猟の道具というイメージだが、今、スポーツとなって表舞台に現れている。

「社団法人日本スポーツ吹矢協会」のホームページがあった。「スポーツ吹矢について」というページに説明がある。

「健康を目的とした新しい国民的スポーツ」というタイトル。そして、競技の基本説明。

「スポーツ吹矢は、5~10m離れた円形の的をめがけて息を使って矢を放ち、その得点を競うスポーツです」

 アーチェリーやダーツのようなジャンルといえそうだ。そして健康を強調している。

「健康効果の秘訣は、腹式呼吸をベースにしたスポーツ吹矢式呼吸法です。精神集中や血行促進、細胞の活性化に役立ち、内臓の諸器官にもよい影響を与えます。また精神力・集中力が身に付きます。」


※「社団法人日本スポーツ吹矢協会」

http://www.fukiya.net/


 スポーツ吹矢は、Wikipediaによると「1988年頃、長岡市の開業医・樋口裕乗が試行錯誤の末、吹矢を現代風にリニューアルしたものを考案」した、「肺機能を活性化する健康法」だったようだ。そこからルールが整備され競技に発展した。つまり日本生まれのニュースポーツ。今では全国に支部を持つ巨大組織になっている。


※Wikipedia「スポーツ吹矢」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E5%90%B9%E7%9F%A2


 YouTubeに「スポーツ吹矢」の動画がたくさん上げられていた。上級者の動作は、弓道にかなり近い静かな所作。集中力が要求されることがわかる。

「日本スポーツ吹矢協会 草加支部」は草加市体育協会に登録されている。中央公民館で練習会が開催されているらしい。『広報そうか』で情報をチェックしておこう。


●インディアカ 


 草加市体育協会に登録されているニュースポーツには「インディアカ」もあった。ドイツ発祥のスポーツだ。バレーボールを、ボールの代わりに羽根のついたシャトルコック状のボールでやるようなもの。このボールの名称がインディアカである。

 全国大会やワールドカップもある。YouTubeで競技の様子を見ると、ほとんどバレーボールに見える。トップレベルの試合では高い身体的能力や技術力が要求されそうだ。

 草加市には「草加市インディアカ連盟」があって、複数団体が加盟し、大会が行われている。


※一般社団法人日本インディアカ協会

http://www.japan-indiaca.com/index.html


●カローリング


 氷上のスポーツ「カーリング」を室内でやろう、と考案されたのがカローリングだ。

「軽やかにローリング(回転する)」という意味で命名された。カーリングのストーンの代わりに、底面に3つの車輪がついた「ジェットローラー」と呼ばれるプラスチック製の円盤を使う。頭脳と身体を駆使する氷上のチェスを体育館で体験できる。

 草加市内ではいくつかの団体が小学校の体育館を利用して練習会を行っている。昨年の11月には「市民体育祭‐アスレチック競技大会」でカローリングが行われたので、今年11月の大会でもあるかもしれない。


※日本カローリング協会

http://www.curolling.com/


 ニュースポーツはほかにもたくさんある。

 目標に金属製のボールを投げ合って、相手より近づけることを競う「ペタンク」

 かさを逆さにした形のゴールに向けて、バドミントンの羽をつけたボールをゴルフクラブで打つ「ターゲットバードゴルフ」は埼玉が発祥。

 スポーツチャンバラや綱引き競技、スポーツ雪合戦もある。どれも組織がきちんとしており、競技者が地道に切磋琢磨をしていて、着実に競技人口を伸ばしている。


 ニュースポーツのどれかが、もしかしたら将来、オリンピックの種目になっていないとは言い切れない。


奥付

草生人メールマガジン2013年6月号
http://p.booklog.jp/book/73621

発行元 : ASYMOS
編集・発行責任者:ASYMOS 染谷洋子 someiyoshino@asymos.com
※本メルマガに掲載される記事の著作権は発行元及び発行責任者に帰属します。

© 2013 soseijin ASYMOS.INC
※記事の引用、転載のご希望がある場合は、記事によって取材先の許可が必要な場合がありますのでご連絡をお願いします。
※メルマガの内容に関するお問い合わせは:asymos_info@asymos.com
感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/73621
ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/73621

電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

ASYMOSさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について