twitterとfacebookアカウントでログイン

カテゴリー コミック ファンタジー , ミステリー 作者 夏色ノ箱
価格 無料
タグ 宝探しミステリーファンタジー古本屋
ダウンロード

この本には、PDFファイルとePubファイルが存在していません。

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません

状態 完成 ページ数 39ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
とある港町の片隅に開店した古本屋、トリストラム堂。そこに集まる不思議な本たちが巻き起こす様々な事件。「奇書」をテーマにしたミステリアス・ファンタジー、第3話。

トリストラム堂を訪ねた一人の少年。彼が間違えて買っていった本には、宝の場所を示す暗号が書かれていた。

※第一話以外のバックナンバーは有料になっています。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧