twitterアカウントでログイン

カテゴリー コミック ファンタジー , ミステリー 作者 夏色ノ箱
価格 無料
タグ 宝探しミステリーファンタジー古本屋
ダウンロード

この本には、PDFファイルとePubファイルが存在していません。

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません

状態 完成 ページ数 39ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
とある港町の片隅に開店した古本屋、トリストラム堂。そこに集まる不思議な本たちが巻き起こす様々な事件。「奇書」をテーマにしたミステリアス・ファンタジー、第3話。

トリストラム堂を訪ねた一人の少年。彼が間違えて買っていった本には、宝の場所を示す暗号が書かれていた。

※第一話以外のバックナンバーは有料になっています。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

もっとみる