閉じる


<<最初から読む

9 / 30ページ

中扉

 

 

 

絵本

『時鳥の兄弟』


絵本 『時鳥の兄弟』

昔むかし、ホトトギスには善い弟がありました。

5月になると、弟は山芋を掘ってきて、煮て、一番おいしいところを兄に食べさせました。

 

しかし兄は、弟が更においしい山芋を食べているのだろうと、疑って憎んだすえに、包丁を持ち出して、弟を殺したのです。そのあと、弟の腹を裂いてみると、筋ばかりの芋ばかりが出てくるだけでした。

 

兄は後悔して悲しんでいるうちに、この鳥になったそうです。


中扉

 

 

 

漢文調

『時鳥の兄弟』


漢文調 『時鳥の兄弟』

昔々、時鳥に、甚だ親切、尚且つ、善き弟有りと云う。

毎年五月とならば、山に行きて、沢山の山芋を掘りて来て、煮て、最も美味なる処を、兄に食わしむ。

 

兄、其れを疑いて、弟が更に美味なる山芋を食すたりと思いけり。

遂には憎みて、包丁を持ち来りて、其の優しき弟を殺したりと云う。

而して、弟の腹を裂いて見たるや、中より「あわた」なる筋ばかり多き芋、出ずるなり。

 

是は悪しき事を成したりと、後悔し悲しみたる間、遂に此の鳥になりけり、と云う。

 

故に、今になるも、山芋を掘る時節なりせば、啼きつつ方々を飛び廻るなり。

よく聞きおれば、彼の声は「弟、恋し、掘りて、煮て、食わしむ、弟恋し、芋掘って、食わしむ」と言いつつ啼くと云う。

(越中)



読者登録

茜町春彦さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について