閉じる


<<最初から読む

5 / 10ページ

風景に気を取られていると見逃してしまいそうな小さな花、名前が分かりません。
















頬ずりをしたくなるような柔らかい衣を幹にまとった白樺です。









梓川ほとりのズミの花、清楚な白い花びらと初々しい葉が綺麗です。










かっぱ橋の先を川原に下りました。ここからの穂高連峰のなんと美しいことでしょう。とうとうと流れる雪解けの水も新緑の山を映しています。

徳沢へ花たち

白い花をつけるエンレイソウが多い中で、珍しくピンク色のエンレイソウを見つけました。










サンカヨウの可憐な花、大きな葉に守られるように可愛い小さな花を咲かせます。

ツバメオモト、小さな小さな花なので気ずく人は少ないかも知れません。太陽の光があまり届かない徳沢への道では白い花がひっそりと咲いています。








これは薄紫色のタイツリオウギ、面白い形が特徴で目立ちます。

ニリンソウがいっぱいです。ハルニレの老木たちを取り囲むようにニリンソウが満開でした。背丈10cmほどの花が我も我も背比べをするように誇らしげに咲いています。









空に向いて真っすぐ咲くさまはかわいいです。


読者登録

puffpuffさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について