閉じる


試し読みできます

もくじ

1.もくじ

2.はじめに

3.ビットコインとは

4.ビットコインとは つづき

5.ビットコインを手に入れるには

6.ビットコインを手に入れるには つづき

7.実際にビットコインの採掘を体験する

8.採掘者の収入

9.ビットコインを購入して手に入れる

10.ビットコインのメリット

11.ビットコインのデメリット

12.ビットコインの活用方法

13.ビットコインの安全性

14.参考文献、引用資料

                  


試し読みできます

はじめに

ビットコインに関する日本語の情報が少なく、困っている方も多いと思い本著書を出版しました。

 

一人でも多くの方に、ビットコインの利用がスムーズにできれば幸いです。

 

個人的に”ビットコイン”は、将来私たちの生活の中に溶け込んでいると予想します。

 

一例をあげると”FX(外国為替証拠金取引)”があります。

 

1998年に外国為替及び外国貿易法が改定されて、日本でもFXの市場が徐々に拡大してきました。

 

15年たった今では、だれでも気軽に取引ができるツールになりました。

 

FXも駆け出しのころに大きく利益を上げた方が多かったと思います。

 

”ビットコイン”でも同じようなパターンが予想されます。

 

世界経済第3位の日本(日本人)が、まだあまり参加していない今こそチャンスではないでしょうか?

 

すこし”ビットコイン”の可能性と利便性を学んでみましょう。

 

※本著書の情報は、2013年5月末時点のものになります。

 お読みいただいている時点で、運用中のビットコインシステムと相違があるかもしれません。

 予め、ご了承願います。


試し読みできます

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、10円玉や1000円札の様な硬貨や紙幣と違って、物としては存在しない”仮想通貨”になります。

 

インターネット上に示されるビットコインの数字が、お金の量になります。

 

インターネット銀行(ネットバンク)や電子マネーを利用されている方は、イメージがわきやすいと思います。

 

そもそもビットコインは、2009年に立ち上げられた実験的なオンライン通貨の名称です。

 

2010年5月にLaszloという名のプログラマーが、オンラインフォーラムで「1万ビットコインとピザを交換してくれる人はいないか?」と呼びかけたのが流通の始まりといわれています。

 

当時は、1ビットコインは1セント(約1円)以下でしたが、現在は1ビットコインが100ドル(約10,000円)を超えています。

 

わずか3年で価値が10000倍以上に跳ね上がっています。

 

このような価値の上昇は大変珍しいと思います。

 

 

      

 

価値の上昇の背景には、ビットコイン特有の発行システム(生成)と昨今の世界金融不安があります。

 


試し読みできます

ビットコインとは つづき

まずビットコインの発行システム(生成)について少し紹介します。

 

ふつうお金は、日本銀行(日銀)などの国の中央銀行が発行しています。

 

ビットコインの場合は、ネット上のプログラム(※)からビットコインが発行(生成)されます。

 

予め、世の中に流通するビットコインの量は決められています。

 

2013年5月末時点で、11,215,575ビットコインが流通しており、最終的には20,999,999.9769ビットコインで固定されます。

 

下の図はビットコインの流通量の推移になります。

     

 

 date sourced from BitcoinCharts.com

                        

ビットコインの流通量は決まっており、将来的には需要と供給の関係からビットコインの価値が上がる可能性があります。

 

身近なところでは流通量が限られているダイヤモンドや金、プラチナなどが高いですよね。

 

将来、あまりにビットコインの価格が上がった場合は、ミリビットコインやマイクロビットコインなどが使われるかもしれません。

 

昔、円の下の単位に”銭”がありましたよね、それと同じことでしょう。

 

そんなビットコインを手に入れる方法は、大きく分けて2種類あります。

 

「ビットコインを購入する方法」と「ビットコインを採掘する方法」です。

 

 

 

(※)

文面を複雑にしないために「ネット上のプログラム」と記載しました。

正式には、新規ビットコインは難解な数式を計算し解決されることで発行されるネットワークノード認証方法の一種で、proof of workプロトコルから生成されます。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

オシママサラさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について