閉じる


はじめに


「草生人」とは

「草生人」は埼玉県草加市に密着したフリーペーパー、いわゆるタウン誌です。
2012年6月に創刊以来、ほぼ隔月刊のペースで発刊。インタビューを基本とし、お店の紹介だけではなく、生活に密着したテーマに沿った記事や、市内のイベント、出来事などを掲載しています。
合い言葉は「草加再発見」。
部数は現在2500部。ご協力いただいている店舗で配布させていただいています。

「草生人メルマガ」とは

「草生人メルマガ」は「草生人」編集部が制作する「草生人メイキング」メールマガジン。 
メルマガだけのコラム、編集部日記、取材時のこぼれ話(本誌に載せきれなかったこと)を掲載しています。オリジナルのメルマガは月に3回発行しているテキストベースのメールマガジンですが、3回分をひとつにまとめて読めるようにしました。
スマートホンの場合はePubでお読みください。

草生人関連URL


もくじ

編集部コラム
おもに編集長による日々思っていること
  1. 「趣味」について考える
  2. 私的「ネット体験」もろもろ
  3. 「草生人」電子版への道
  4. 「よりよい「情報」を求めるときりがない話
  5. ブログ中止とメルマガの関係
編集部日記
イベントレポート
  1. 「イベントレポート」について
  2. 松江北周辺5町会とダイキン工業合同防災訓練
  3. 草加さわやかさんコンテスト
草加小話
じつに彰による草加レポート
  1. クルーザーと戯れるイルカの群れ(じつに彰)

「趣味」について考える

 このコラム、いつもテーマを決めて書き始めるのだけれど、時々全然まとまらなくてわけのわからないものになり、自分でボツにし続けて締め切りをすぎてしまうことが多い。
 とりあえず今回はまとまりのないところをそのまま記しておきます。いつか自分の中で納得できたら、再度書きたいと思います。

 まずは「仕事」と「趣味」の関係。

 個人的というか、私のことで恐縮だけれど、私にとって仕事と趣味の間の境界線は曖昧だ。
 もともと本が好きだったし(書店勤務)、文章書くのも割と好きだったし(ライター)、それが含まれる「編集プロダクション」勤務はかなり好きなことに近かった。

 でも、「好きなこと」も、それが「仕事になる」と、つまり対価と責任が発生すると、「好きなこと」というコア部分の周りに、さまざまな「好きじゃないけれどやらなければならないこと」が増えてくる。
 それをひっくるめたものが「仕事」なのだけれど、それが「好き」という気持ちで相殺できるか、相殺できないか、相殺できないほど増えてしまうか、というところが、難しいんだろうと思う。
 この場合、「仕事」と「趣味」はどういう関係になっているのだろう。
 多くの人にとってたぶん「趣味」は1つではないし、仕事が生きがいという人は仕事が趣味なんだろうし………。
 仕事と趣味は違うでしょう、と言う人は多いと思うけれど、そういう人たちにとっての「仕事」は「稼ぐ手段」であり「耐えるもの」なのかな。

 いったい「趣味」ってなんだろうか。 

 もうひとつは「人生のフェーズと趣味」。

 要するに、生活の状況が変わると「趣味」もがらりと変わることがあるということ。

 たとえば私の場合、バイト時代は一人旅が趣味で日本全国まわっていた。
 結婚相手とつきあい始めてから一人旅はしなくなったが、その代わり映画や演劇やライブを年60本以上鑑賞するようになった。
 子どもが生まれてからは、映画も旅も年に何数本になってしまったけれど(映画も子ども向け(^_^;))その代わり、子どもにつきあって動物園行ってキャンプ行って温泉行って吹奏楽の世界を知った。

 「趣味」も「仕事」も人生のフェーズでどんどん変わる(可能性がある)。
 人間が活動できる(生きる)時間は限られていて、そのときできることも限られている。生きている今の時点での、仕事と趣味ともろもろ、何をどれくらいしていけばこの先も快適に楽しく生きていくことができるのか、それぞれの優先順位をうまく判断していくことが、人生後悔少なく生きていけるポイントかなと。

 人生と趣味と仕事、上の文章読み返すと単純に「柔軟に生きよう」みたいにまとめられそうな気がするけれど、なんか違うんだよ。

 もやもやする頭の中の何か、考えないと。。

私的「ネット体験」もろもろ

パソコン通信時代と今の違い? 

 以前「編集」仕事について書いたが(※草生人メルマガ2月25日号「編集」って何の仕事?というお話」)、「編集プロダクション」に務めていた20年余り、実はネットの掲示板管理系の仕事もけっこう多かった。
 特に出産、子育て期には、自宅でもできるということで、それだけをしていた時期もある(※小企業ゆえ「育児休暇」をもらって優雅に自宅作業、というわけではなく、正社員をやめて外注的に仕事をもらっていた)。

 40代~50代の方は、インターネット以前にあったネットサービスコミュニティ、「パソコン通信」を利用されていた方も多いだろう。当時の話をすると長くなってしまうのでやめておくけれど、私が掲示板の仕事をしていたのはその「パソコン通信」からインターネット掲示板への移行期にあたる。
 使っていたのは Nifty-Serve、PC-VAN、日経MIX、People。「インターネット」が登場した後、半分くらいは「パソコン通信」ではなく「インターネット接続サービス」を提供する会社になっていった。

 パソコン通信からインターネットへの移行期の説明。「インターネットって何?」
「パソコン通信はひとつの会社の中のネットワークだけれど、そういった会社同士が全部繋がってやりとりできるネットワークがインターネット」。
 なんか違う気がしないでも無い。
 

Wikipedia:パソコン通信
 

 さて、パソコン通信時代と今、状況がものすごく違っていることがふたつある。

 ひとつは、当時はネットへの接続が、時間課金だったこと。今や「常時接続」なんていう言葉も古い気がする(一昔前、常にインターネットに接続している状態を保つには、月何万もしていた)。
 ふたつめは、使いたいときにいつでも安くネットに接続できるようになって、使っている人数が圧倒的に増えたこと。今はもうみんなネットに繋がってるのが当たり前になった。

 なので、常識やマナーが変化してるのも当たり前。

 たとえば今の「何かの問いにはすぐにレス(返事)をする」という習慣。見ている人の絶対数が多いんだから当然だ。
 けれどパソコン通信の場合、ネットに接続する時間が限られていたから(費用が発生するのはやっぱりシビア)、同時に見ている人も少なく、返信のタイミングが合わないことはごくふつう。掲示板に書いた質問について、すぐに返事が来るなんてことはめずらしく、のんびり待っていた。

 そもそも、パソコン通信時代は(パソコン通信っていうくらいだから(^_^;))スマホどころか携帯電話も無く、ネットに接続するのは基本デスクトップパソコン(ノートパソコンは高かった)、普通の人の場合、『自宅のパソコンの前に座っている時』しか、パソコン通信に参加できない。
 不自由だったんだなあ、今に比べて。
 
 「重複発言」も嫌がられた。限られた時間なんだから同じ内容を読ませるな、という感じ。
 もし当時の人が今の「発言小町※」見たらなんじゃこりゃと思うだろう(実は私も最初思った)。質問発言について、回答のレスが100個ついていても、ほとんどが「私もそう思うという同意」的な感じで同じ事を書いているから。。
 一昔前だと、ちゃんと過去ログ(前の発言)を読んで、まったく同じ内容の発言は控える、というのがマナーだった。

 パソコン通信の場合は、それぞれのコミュニティに「管理者」がいたし、何より絶対数が少なかったから「ケンカでもめる」ことはあっても、「炎上」という状況にはならなかった。

 なんか田舎暮らしと都会暮らしの比較っぽい………。

発言小町:読売新聞Webの読者投稿コーナー

「ここ10年」。

 この原稿を書くのに、ネットの変遷とか変化とかのキーワードで調べたら「ここ10年で激変した」という表現に複数会った。10年でも激変なのか、とちょっと感動していたが、その激変は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の変化だと気がついた。
 そう、mixiとGREEは今からほぼ10年前、2004年開始なのだ。
 「まだ」なのか「もう」なのか。
 TwitterとFacebookの日本語対応は2008年。先日世界での先日世界での利用者が1億5000万人を突破したLINEは2011年開始。
 いやーなんだか本当に10年一昔だ。

 ちなみに2ちゃんねるが始まったのは1999年。しかも掲示板のシンプルなシステムは当時と変わらない。これはこれですごいな。

 私が子どもだった頃、こんな「世界の人がネットワークに繋がる世界」っていうのは、完全にSFであり、不老不死と同じくらいの認識だった。ここまでの進歩はすごいと思う。
 ただ、この先、サイバーパンクな電脳世界への敷居はまだ相当高い気はする。

 だってまだアンドロイド(人間と見分けがつかないロボット)も存在しないし、大地震さえ予測できていない。

 電脳世界を描き、「サイバーパンク」の始まりとなったSF作品「ニューロマンサー」
(日本語訳)が1986年、「攻殻機動隊」が1989年(日本のアニメの凄さを世界に知らしめた劇場用作品は1995年の「GHOST IN THE SHELL」)。
 いやー意外と古い。
 
 「技術の進歩」は、想像より早いんだろうか、遅いのだろうか。

「草生人」電子版への道

(このまとめ版の由来)

 ネット万能の感があるこの時代、あえて「草生人」を紙のタウン誌として出した理由は、最初の号あたりに書いたけれども、実は当初から、ネットでも配布できたらいいな、スマホで快適に読めるよういできたらいいな、という思いはあった。
 ようやく第1歩を踏み出せたと思うので、記念原稿。


 現在、「電子書籍プラットホーム」のPuboo(パブー)というところから、メルマガのまとめ版、および「草生人」最新刊(3・4月号)をテスト的に配布中だ※(メルマガまとめは100円の有料版)。


 今後、「パブー」で草生人の関連電子書籍を配布していきたいと思っている。

※配布中のメルマガが月100円なので、月ごとのまとめ版も100円となる。ただ、メルマガを取っている人で、ePub版も欲しいという方については、どうすればいいかを今考え中だ。

 なぜ「パブー」にしたか。
  • 作成が比較的簡単。
  • Webベースなので、パソコンをはじめどの端末でも読める(ePubやPDFファイルも配布できるのでスマホやタブレットでも快適に読める)
  • 課金システムがWebマネー「おさいぽ」を利用することによって、銀行振り込みやコンビニ支払いが使える。
  • 自作のePubファイルの配布ができる。

 「草生人」は、広告を最小限にして読めるタウン誌として創刊した。
 何も考えず、自分が読みたいと思ったタウン誌を作ったと考えていい(理想にはもちろん届いていないが)。仕事をお金に換える「マネタイズ」は後で考えようと企画を優先、1年間やってきた。
 が、最小限の広告さえなかなかとれないという「現実壁」に阻まれている。

 それはさておき、広告以外のマネタイズ手段として最初に考えたのが、「有料メルマガ」だ。
 ネットの情報にあるていど詳しくないとピンと来ないかもしれないが、今、有名人・知識人の有料メルマガがかなり成功を収めている。
 この始まりは2010年2月から始まった『堀江貴文のブログでは言えない話』だと思う。月840円。利用するメルマガスタンド(配信・課金システムを所持している会社)に、システム使用料としていくらか取られるが※、残りは収入になる。これがヒットして、メルマガでも充分稼げることがわかったのだ。

※たとえば「草生人メールマガジン本誌」は「まぐまぐ」のシステムを利用しているが、使用料は50%。
※『堀江貴文のブログでは言えない話』

 しかし、以前ブログにも書いたけれど、本当にまったくぜんぜん、ユーザーが増えない。認知度不足、宣伝不足もあるけれど、地域限定「タウン誌」の限界を思い知った。

※「草生人メルマガ」の切ない事情(:_;)

 で、次の手段として考えたのが、デジタル化した「草生人」の有料化だ。
 しかし、もともと無料で配布しているものを、形態を変えたからといって有料にするというのは、あまりいいものではない。制作側としては、形態を変えるのに手間がかかるので手間賃くらい許してもらえないかな~と考えたいけれど、ユーザー側が少しでも不自然に思うことはダメダメだ。

 なので今回、メイン記事を電子書籍化したものを無料で配布することにした。見た目はシンプルで、スマホでも読みやすくなっている。
 ただ、このシンプルさの影にはけっこうな手間暇がかかっていることはここで書いておきたい。

 最終原稿はInDesign(「草生人」を制作している印刷用データを作るアプリケーションソフトウェア)上にしかないから、そこからテキストデータを取り出し、画像も全部印刷用のデータから電子版用に変換し、という作業を行う。
 その後、パブーのシステムを使い、ひとつひとつの項目にテキストを貼り付けて画像を読み込んで、とやっていくわけだ。
 たぶん、今後はテキスト化も意識して本誌を作る予定なので、多少は手間は少なくできるだろうけれど、「パブーシステム上での作業」は変わらない(パブー側で制作する機能を変更すれば変わるけど)。

 まあそんなこんなで無事「大地震に備える~キーマンに聞く草加の防災~ 電子版」をなんとかアップしたので、ぜひご覧下さい。

※草生人2013/03・04電子版



読者登録

ASYMOSさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について