閉じる


訓訳 孫子兵法

計篇

 

 孫子はう。兵は国の大事であり、死生の地、存亡の道は、察しなくてはならないのである。だから、これをはかるには五事により、これをくらべるには計によって、その情をさぐる。一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法。道は民に上と意を同じくさせるものであり、ためにこれと死生をともにすべくして、危ぶまない。天は陰陽・寒署・時制である。地は遠近・険易・広狭・死生である。将は智・信・仁・勇・厳である。法は曲制・官道・主用である。すべてこの五つは、将であって聞かないということはい。これを知る者は勝ち、知らない者は勝たない。そこで、これを校べるには計によって、その情を索る。曰く、主はどちらが有道か、将はどちらが有能か、天地はどちらが得ているか、法令はどちらが行われているか、兵衆はどちらが強いか、士卒はどちらがれているか、賞罰はどちらが明らかか。わたしはこれにより勝負を知るのである。

 将が吾の計を聴きいれるなら、これを用いれば必ず勝つ。これを留める。将が吾の計を聴きいれなければ、これを用いれば必ず敗れる。これを去る。計が利として聴きいれられれば、のちにはこれが勢を為して、その外をたすける。勢は利に因って権を制することである。

 兵は詭道である。だから、能にしてそれに不能を示し、用にしてそれに不用を示し、近にしてそれに遠を示す。利なればそれを誘い、乱なればそれを取り、実なればそれに備え、強なればそれを避け、怒なればそれをみだし、卑なればそれを驕らせ、佚なればそれをつかれさせ、親なればそれを離す。その無備を攻め、その不意に出る。これは兵家の勢であり、先に伝えることはできないのである。

 それで、まだ戦わないとき廟算して勝つ者は、算を得ることが多かったからだ。まだ戦わないとき廟算して勝たない者は、算を得ることが少なかったからだ。算が多ければ勝ち、算が少なければ勝たない。それを算が無いときに於いては、いうまでもないことだ。吾はこれによってそれを観て、勝負を見いだすのである。


訓訳 孫子兵法

作戦篇

 

 孫子は曰う。凡そ用兵の法は、馳車は千駟・革車は千乗、帯甲は十万で、千里に饋糧すれば、内外の費・賓客の用・膠漆の材・車甲の奉は、日に千金を費やし、その後に十万の師は挙がるのである。その戦いをおこなうや久しくすれば兵は鈍り鋭は挫け、城を攻めれば力は屈し、久しく師をさらせば国用が不足する。それで兵が鈍り鋭が挫け、力が屈し貨がきれば、諸侯はその弊に乗じて起ち、智者が有ったとしても、その後を善くすることはできないのである。それで兵は拙速なることを聞いても、巧久なることはないのだ。兵を久しくして国を利する者は、有ったことがないのだ。だから尽く用兵の害を知らない者は、尽く用兵の利も知ることはできないのだ。

 善く兵を用いる者は、役は再びはらず、糧は三たびは載せず、用は国に取り、糧は敵に因り、それで軍の食は足りさせるべきなのだ。国が師にて貧しくなるのは、遠い者に遠くはこぶによる。遠い者に遠く輸べば百姓は貧しくなる。近くの師にては貴売し、貴売すれば百姓の財はき、財が竭きれば兵役に急し、力は中原に殫き、用は家に虚しくなり、百姓の費は、十にその七を去る。公家の費は、破車罷馬・甲冑弓矢・戟盾矛櫓・丘牛大車で、十にその六を去る。だから智将は務めて食は敵による。敵の一鍾を食べるのは、吾が二十鍾に当たり、萁稈一石は、吾が二十石に当たる。

 そこで、敵を殺すのは怒で、敵の貨を取るのは利である。だから車戦して車を十乗已上も得れば、その先ず得た者を賞し、そしてその旌旗を更え、車は雑えて乗り、卒は善くして養う。これこそ敵に勝って強さを益すと謂うもの。

 だから、兵は勝つことを貴び、久しくすることを貴ばない。ために、兵を知る将は、民の命の司、国家の安危の主なのだ。


訓訳 孫子兵法

謀攻篇

 

 孫子は曰う。凡そ用兵の法は、国をたもつを上とし、国を破るはこれに次ぐ。軍を全つを上とし、軍を破るはこれに次ぐ。旅を全つを上とし、旅を破るはこれに次ぐ。卒を全つを上とし、卒を破るはこれに次ぐ。伍を全つを上とし、伍を破るはこれに次ぐ。だからこそ百戦百勝は、善の善ではないのだ。戦わずして人の兵を屈することが、善の善なのである。

 だから上兵は謀を伐ち、その次は交を伐ち、その次は兵を伐ち、その下は城を攻める。攻城の法は、むを得ないからするのだ。櫓・轀を修め、器械をそなえることは、三月して後に成る。距はまた三月して後におわる。将がその忿いかりにえずして、これに蟻附し、士卒の三分の一をなせ、しかも城を抜けないというのは、これは攻城の災いだ。それで善く兵を用いる者は、人の兵を屈するにも戦うのではないのだ。人の城を抜くにも攻めるのではないのだ。人の国をやぶるにも久しくするのではないのだ。必ず全つことによって天下に争う。ために兵をつかれさせずに利を全てる。これが謀攻の法である。

 それで将は国の輔であり、輔が周であれば国は必ず強く、輔に隙があれば国は必ず弱い。そこで君が軍に患う所以は三つある。軍が進むべきでないのを知らないで、これに進めと謂う。軍が退くべきでないのを知らないで、これに退けと謂う。これを軍をしばると謂う。三軍の事を知らないで、三軍の政を同じくすれば、軍士は惑い、三軍の権を知らないで、三軍の任を同じくすれば、軍士は疑い、三軍が既に惑い且つ疑えば、諸侯の難が至るのである。これを軍を乱し勝を引くと謂う。

 ここに勝を知るには五つのことが有る。戦うべきと戦うべきでないとを知る者は勝つ。衆寡の用をさとる者は勝つ。上下の欲を同じにする者は勝つ。虞を以て不虞を待つ者は勝つ。将が能であり君が御さない者は勝つ。この五つは勝つことを知るの道だ。だから曰く、彼を知り己を知れば百戦してあやうからず、彼を知らずしても己を知れば一勝一負、彼を知らず己も知らざれば戦う毎に必ず殆うし。


訓訳 孫子兵法

形篇

 

 孫子は曰う。昔の善く戦う者は、先ず勝たせなくしてから、敵が勝たせてくれるのを待つ。勝たせなくすることは己によるが、勝たせてくれるかは敵による。だから善く戦う者も、勝たせなくすることはできるが、敵をして勝たせてくれるなりにはさせられない。それで、勝つことは知るべし、しかし為すべからず、と曰う。勝たせなくするのは守りであり、勝たせてくれるのは攻めである。守れば余りが有り、攻めれば不足する。善く守る者は、九地の下にかくれ、九天の上に動くから、能く自らを保って勝ちを全うするのだ。

 勝ちをあらわして衆人の知る所に過ぎないのは、善ではないのだ。戦い勝って天下が善しと曰うのは、善ではないのだ。それは秋毫を挙げるのは多力とはせず、日月を見るのは明目とはせず、雷霆を聞くのは聡耳とはしない。古のいわゆる善く戦う者は、勝ち易い者に勝つのであるから、善くする者が戦えば、奇勝は無く、智名は無く、勇功は無い。だからその戦いは勝ってたがわない。忒わないのは、その勝ちをくだす所、已に敗れた者に勝つのである。それで善く戦う者は、不敗の地に立って、敵が敗れるときを失わないのだ。このため勝つ兵は先ず勝って後に戦いを求め、敗ける兵は先ず戦って後に勝ちを求める。

 善くする者は、道を修めて法を保ち、それで能く勝敗の政を為す。

 兵法は、一に曰く度、二に曰く量、三に曰く数、四に曰く称、五に曰く勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は数を生じ、数は称を生じ、称は勝を生じる。それで勝つ兵は鎰で銖をはかるがごとく、敗ける兵は銖で鎰を称るが若し。

 勝者が民を戦わせるとき、積水を千仞の谿に決するが若くさせる者は、形である。



読者登録

小高那さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について