閉じる


<<最初から読む

14 / 14ページ

訓訳 孫子兵法

火攻篇

 

 孫子は曰う。凡そ火攻には五つ有る。一に曰く火人、二に曰く火積、三に曰く火輜、四に曰く火庫、五に曰く火隊。火を行うには因が有り、因は必ず素よりそなえる。火を発するには時が有り、火を起こすには日が有る。時とは天がかわくときである。日とは月が箕・壁・翼・軫に在るときであり、凡そこの四宿は風が起こる日である。

 火が内から発すれば、早く外からこれに応じる。火が発しその兵が静かならば、待って攻めるな。その火のわざわいを極め、すすむべきならこれに従み、従むべきでなければめる。火を外から発するべきなら、内からを待つことは無く、時を以てこれに発する。火を上風かざかみから発するときは、下風かざしもに攻めることは無い。昼の風が久しいときは、夜の風にはめる。凡そ軍には五火の変が有ることを必ず知り、すべにてこれを守る。

 そして火にて攻めをたすけるものは明、水にて攻めを佐けるものは強。水によって絶つことはできるが、奪うことはできない。

 さて戦い勝ち攻め取って、なおその功を修めなければ凶であり、なづけて費留と曰う。だから明主はこれを慮り、良将はこれを修める。利でなければ動かず、得ることなければ用いず、危ういのでなければ戦わない。主は怒りにて師を興してはならず、将はうらみにて戦いを致してはならない。利に合えば動き、利に合わなければめろ。怒りはた喜び、慍みは復たほぐれることもあるが、亡びた国が復た存り、死んだ者が復た生きることはない。だから明主はこれを慎み、良将はこれをむ。これぞ国を安んじ軍をたもつ道というものなのである。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

小高那さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について