閉じる


<<最初から読む

13 / 14ページ

訓訳 孫子兵法

用間篇

 

 孫子は曰う。凡そ十万の師を興し、千里に兵を出せば、百姓の費・公家の奉は、日に千金を費やし、内外が騒動し、なりわいり得なくなる者は、七十万家。守りあうこと数年にして、一日に勝ちを争う。それを爵禄百金を愛しみ、敵の情を知ろうとしない者は、不仁の至りで、人の将ではなく、主のたすけではなく、勝ちの主ではないのだ。だから明主賢将が、動いて人に勝ち、成功して衆に出る所以は、先知である。先知というものは、鬼神から取るものではなく、ほかかたどることはできず、はかりあらわそうとしてもいけない。必ず人によって取り、知るものなのだ。

 そこで、間を用いることには五つが有る。郷間が有り、内間が有り、反間が有り、死間が有り、生間が有る。五つの間をともに起こし、その道は知られることがい、これぞ神紀と謂うもの、人君の宝である。

 郷間は、その郷の人に因ってこれを用いる。内間は、その官人に因ってこれを用いる。反間は、その敵の間に因ってこれを用いる。死間は、誑事を外に為し、吾が間にこれを知らせて、敵に伝えさせる。生間は、かえり報じるのである。

 それで、三軍の親しさは間より親しいものは莫く、賞は間より厚くするものは莫く、事は間より密かにするものは莫い。聖でなければ間を用いることはできず、仁でなければ間を使うことはできず、微妙でなければ間の実を得ることはできない。微なるかな微なるかな、間を用いない所は無いというもの。間の事がまだ発しないのに聞こえることあれば、間と告げた者とは皆、死なせる。

 凡そ撃とうとする軍、攻めようとする城、殺そうとするあいては、必ず先にその守将・左右・謁者・門者・舎人の姓名を知り、吾が間に令して必ずこれをもとめ知らせる。

 敵の間が来てこちらを間する者は、因ってこれに利し、導いてこれをとどまらせる。そうして反間は得て用いることができるのだ。これに因ってそれを知り、そうして郷間・内間は得て使うことができるのだ。これに因ってそれを知り、そうして死間は誑事を為し敵に告げることができる。これに因ってそれを知り、そうして生間は期した如くにさせることができる。五つの間の事は、主が必ずそれを知る。それを知ることは必ず反間に在る。だから反間には厚くしなければいけないのである。

 殷が興るとき、伊摯が夏に在り、周が興るとき、呂牙が殷に在った。だから明主賢将だけが、能く上智を間者にたて、必ず大功を為す。これが兵の要、三軍が恃みとして動く所である。


訓訳 孫子兵法

火攻篇

 

 孫子は曰う。凡そ火攻には五つ有る。一に曰く火人、二に曰く火積、三に曰く火輜、四に曰く火庫、五に曰く火隊。火を行うには因が有り、因は必ず素よりそなえる。火を発するには時が有り、火を起こすには日が有る。時とは天がかわくときである。日とは月が箕・壁・翼・軫に在るときであり、凡そこの四宿は風が起こる日である。

 火が内から発すれば、早く外からこれに応じる。火が発しその兵が静かならば、待って攻めるな。その火のわざわいを極め、すすむべきならこれに従み、従むべきでなければめる。火を外から発するべきなら、内からを待つことは無く、時を以てこれに発する。火を上風かざかみから発するときは、下風かざしもに攻めることは無い。昼の風が久しいときは、夜の風にはめる。凡そ軍には五火の変が有ることを必ず知り、すべにてこれを守る。

 そして火にて攻めをたすけるものは明、水にて攻めを佐けるものは強。水によって絶つことはできるが、奪うことはできない。

 さて戦い勝ち攻め取って、なおその功を修めなければ凶であり、なづけて費留と曰う。だから明主はこれを慮り、良将はこれを修める。利でなければ動かず、得ることなければ用いず、危ういのでなければ戦わない。主は怒りにて師を興してはならず、将はうらみにて戦いを致してはならない。利に合えば動き、利に合わなければめろ。怒りはた喜び、慍みは復たほぐれることもあるが、亡びた国が復た存り、死んだ者が復た生きることはない。だから明主はこれを慎み、良将はこれをむ。これぞ国を安んじ軍をたもつ道というものなのである。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

小高那さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について