閉じる


<<最初から読む

12 / 14ページ

訓訳 孫子兵法

九地篇

 

 孫子は曰う。用兵の法には、散地が有り、軽地が有り、争地が有り、交地が有り、衢地が有り、重地が有り、地が有り、囲地が有り、死地が有る。

 諸侯が自らその地に戦うところを、散地とする。人の地に入るもまだ深くないところを、軽地とする。こちらが得れば利、あちらが得ても利あるところを、争地とする。我もそこを往け、彼もそこを来られるところを、交地とする。諸侯の地が四属し、先に至れば天下の衆を得るところを、衢地とする。人の地に入ること深くして、城邑を背にすること多いところを、重地とする。山林・険阻・沮沢を行き、凡そ道を行き難いところを、地とする。由って入る所はせまく、って帰る所はまがり、彼は寡にして吾が衆を撃てるところを、囲地とする。疾戦すればたもち、疾戦しなければ亡ぶところを、死地とする。

 このため、散地では戦わず、軽地では止まらず、争地では攻めず、交地では絶たず、衢地では合交し、重地では掠め、地では行き、囲地では謀り、死地では戦う。

 いわゆる古の善く兵を用いる者は、能く敵人を前後が及びあわず、衆寡が恃みあわず、貴賎が救いあわず、上下がたすけあわず、卒が離れて集まらず、兵が合ってもととのわなくさせる。利に合ってこそ動き、利に合わなければ止どまる。

 敢えて問う、敵がむらがり整っていま来ようとする。これをどう待つか。曰く、先にその愛する所を奪えばしたがうであろう。兵の情は速さを主とする。人が及ばないのに乗じて、不虞の道に由り、その戒めない所を攻めるのだ。

 凡そ客の道は、深く入ればほしいままにして、主人は克たず、饒野を掠めて三軍は食うに足り、謹み養ってつかれさせず、気を併せ力を積み、兵を運び謀を計り、測られなくする。これをる所無しに投げいれれば、死んでもげない。死はどこに得ようが、士人は力を尽くす。

 兵士は甚だしく陥ればおそれず、往く所が無ければ固まり、深く入ればつながり、むを得なければ闘う。このため、その兵は修めなくてもみ、求めなくても得、約さなくても親しみ、令しなくても信あり。うらないを禁じて疑いを去れば、死に至るまでる所は無い。吾が士に余財は無くても、貨をにくむのではないのだ。余命は無くても、寿を悪むのではないのだ。

 令が発せられる日には、士卒の坐る者はなみだが襟をらし、偃臥する者は涕があごに交わる。これをる所無しに投げいれれば、諸・の勇になる。

 それで善く兵を用いる者は、譬えば率然の如く、率然とは常山の蛇であるが、その首を撃てば尾が至り、その尾を撃てば首が至り、その中を撃てば首尾が倶に至る。敢えて問う、兵は率善の如くさせるべきか。曰く、そうだ。さても呉人は越人とは悪みあうものだが、その舟を同じくしてわたり風に遭うときには、その救けあうことは、左右の手の如し。これだから馬をならべ輪を埋めても、まだ恃みとするには足りないのだ。勇をととのえ一つにするのは、政の道である。剛柔みな得るのは、地の理である。それで善く兵を用いる者が、手を携えるがごとく一つにならせるのは、人をして已むを得なくさせるのである。

 将軍の事は、静かにしてふかく、正しくして治まる。能く士卒の耳目を愚にし、これに知られない。その事をえ、その謀をあらため、人にさとられない。その居を易え、その途をげ、人に慮らせない。ひきいてこれと期すれば、高くに登ってはしごを去るが如く、深く諸侯の地に入って機を発すれば、群羊を駆るがごとし。駆られて往き、駆られて来るも、之く所を知らない。三軍の衆を聚め、これを険に投じる、これぞ将軍の事であり、九地の変、屈伸の利、人情の理は、察しなくてはならないのである。

 それで、諸侯の謀を知らなければ、あらかじめ交わることはできず、山林・険阻・阻沢の形を知らなければ、行軍することはできず、郷導を用いなければ、地の利を得ることはできない。この三つは、一つも知らなければ、王霸の兵ではないのだ。

 さても王霸の兵なるものは、大国を伐てばその衆は聚まることを得ず、威が敵に加わればその交わりは合うことを得ない。これだから、天下の交を争わず、天下の権を養わなくても、己のわたくしばし、威は敵に加わる。ためにその城を抜き、その国を堕とすことができる。

 無法の賞を施し、無政の令を懸け、三軍の衆をもちいることは、一人を使うがごとし。これを犯いるには事により、ことばにて告げるな。これを犯いるには利により、害にて告げるな。これを亡地に投げいれてこそ、その後に存し、死地に陥れてこそ、その後に生あり。そも衆は害に陥ってこそ、その後に能く勝敗を為す。

 だから兵を為すの事は、敵の意を順詳するに在る。并敵一向、千里に将を殺す、これぞ事を巧みにすると謂うもの。

 このため、政を挙げる日には、関をとざふだを折り、その使いを通わせず、廊廟の上にてはげみ、よってその事をもとめる。敵人が開闔するとき、必ずすみやかにこれに入り、その愛する所をひそかに先にすると期し、践墨随敵、よって戦い事を決する。このために始めは処女の如く、敵人が戸を開き、後には脱兎の如くし、敵をふせぐに及ばせない。


訓訳 孫子兵法

用間篇

 

 孫子は曰う。凡そ十万の師を興し、千里に兵を出せば、百姓の費・公家の奉は、日に千金を費やし、内外が騒動し、なりわいり得なくなる者は、七十万家。守りあうこと数年にして、一日に勝ちを争う。それを爵禄百金を愛しみ、敵の情を知ろうとしない者は、不仁の至りで、人の将ではなく、主のたすけではなく、勝ちの主ではないのだ。だから明主賢将が、動いて人に勝ち、成功して衆に出る所以は、先知である。先知というものは、鬼神から取るものではなく、ほかかたどることはできず、はかりあらわそうとしてもいけない。必ず人によって取り、知るものなのだ。

 そこで、間を用いることには五つが有る。郷間が有り、内間が有り、反間が有り、死間が有り、生間が有る。五つの間をともに起こし、その道は知られることがい、これぞ神紀と謂うもの、人君の宝である。

 郷間は、その郷の人に因ってこれを用いる。内間は、その官人に因ってこれを用いる。反間は、その敵の間に因ってこれを用いる。死間は、誑事を外に為し、吾が間にこれを知らせて、敵に伝えさせる。生間は、かえり報じるのである。

 それで、三軍の親しさは間より親しいものは莫く、賞は間より厚くするものは莫く、事は間より密かにするものは莫い。聖でなければ間を用いることはできず、仁でなければ間を使うことはできず、微妙でなければ間の実を得ることはできない。微なるかな微なるかな、間を用いない所は無いというもの。間の事がまだ発しないのに聞こえることあれば、間と告げた者とは皆、死なせる。

 凡そ撃とうとする軍、攻めようとする城、殺そうとするあいては、必ず先にその守将・左右・謁者・門者・舎人の姓名を知り、吾が間に令して必ずこれをもとめ知らせる。

 敵の間が来てこちらを間する者は、因ってこれに利し、導いてこれをとどまらせる。そうして反間は得て用いることができるのだ。これに因ってそれを知り、そうして郷間・内間は得て使うことができるのだ。これに因ってそれを知り、そうして死間は誑事を為し敵に告げることができる。これに因ってそれを知り、そうして生間は期した如くにさせることができる。五つの間の事は、主が必ずそれを知る。それを知ることは必ず反間に在る。だから反間には厚くしなければいけないのである。

 殷が興るとき、伊摯が夏に在り、周が興るとき、呂牙が殷に在った。だから明主賢将だけが、能く上智を間者にたて、必ず大功を為す。これが兵の要、三軍が恃みとして動く所である。


訓訳 孫子兵法

火攻篇

 

 孫子は曰う。凡そ火攻には五つ有る。一に曰く火人、二に曰く火積、三に曰く火輜、四に曰く火庫、五に曰く火隊。火を行うには因が有り、因は必ず素よりそなえる。火を発するには時が有り、火を起こすには日が有る。時とは天がかわくときである。日とは月が箕・壁・翼・軫に在るときであり、凡そこの四宿は風が起こる日である。

 火が内から発すれば、早く外からこれに応じる。火が発しその兵が静かならば、待って攻めるな。その火のわざわいを極め、すすむべきならこれに従み、従むべきでなければめる。火を外から発するべきなら、内からを待つことは無く、時を以てこれに発する。火を上風かざかみから発するときは、下風かざしもに攻めることは無い。昼の風が久しいときは、夜の風にはめる。凡そ軍には五火の変が有ることを必ず知り、すべにてこれを守る。

 そして火にて攻めをたすけるものは明、水にて攻めを佐けるものは強。水によって絶つことはできるが、奪うことはできない。

 さて戦い勝ち攻め取って、なおその功を修めなければ凶であり、なづけて費留と曰う。だから明主はこれを慮り、良将はこれを修める。利でなければ動かず、得ることなければ用いず、危ういのでなければ戦わない。主は怒りにて師を興してはならず、将はうらみにて戦いを致してはならない。利に合えば動き、利に合わなければめろ。怒りはた喜び、慍みは復たほぐれることもあるが、亡びた国が復た存り、死んだ者が復た生きることはない。だから明主はこれを慎み、良将はこれをむ。これぞ国を安んじ軍をたもつ道というものなのである。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

小高那さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について