閉じる


<<最初から読む

5 / 14ページ

訓訳 孫子兵法

形篇

 

 孫子は曰う。昔の善く戦う者は、先ず勝たせなくしてから、敵が勝たせてくれるのを待つ。勝たせなくすることは己によるが、勝たせてくれるかは敵による。だから善く戦う者も、勝たせなくすることはできるが、敵をして勝たせてくれるなりにはさせられない。それで、勝つことは知るべし、しかし為すべからず、と曰う。勝たせなくするのは守りであり、勝たせてくれるのは攻めである。守れば余りが有り、攻めれば不足する。善く守る者は、九地の下にかくれ、九天の上に動くから、能く自らを保って勝ちを全うするのだ。

 勝ちをあらわして衆人の知る所に過ぎないのは、善ではないのだ。戦い勝って天下が善しと曰うのは、善ではないのだ。それは秋毫を挙げるのは多力とはせず、日月を見るのは明目とはせず、雷霆を聞くのは聡耳とはしない。古のいわゆる善く戦う者は、勝ち易い者に勝つのであるから、善くする者が戦えば、奇勝は無く、智名は無く、勇功は無い。だからその戦いは勝ってたがわない。忒わないのは、その勝ちをくだす所、已に敗れた者に勝つのである。それで善く戦う者は、不敗の地に立って、敵が敗れるときを失わないのだ。このため勝つ兵は先ず勝って後に戦いを求め、敗ける兵は先ず戦って後に勝ちを求める。

 善くする者は、道を修めて法を保ち、それで能く勝敗の政を為す。

 兵法は、一に曰く度、二に曰く量、三に曰く数、四に曰く称、五に曰く勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は数を生じ、数は称を生じ、称は勝を生じる。それで勝つ兵は鎰で銖をはかるがごとく、敗ける兵は銖で鎰を称るが若し。

 勝者が民を戦わせるとき、積水を千仞の谿に決するが若くさせる者は、形である。


訓訳 孫子兵法

勢篇

 

 孫子は曰う。凡そ衆を治めること寡を治めるが如くさせるのは、分数がこれだ。衆を闘わせること寡を闘わせるが如くさせるのは、形名がこれだ。三軍の衆が、必ず敵を受けて敗けは無くさせるのは、奇生がこれだ。兵が加わる所、を卵に投じるが如くさせるのは、虚実がこれである。

 凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。それで善く奇を出す者は、窮まり無きこと天地の如く、竭きざること河海の如し。終わってた始まるのは、四時がこれだ。死して更に生まれるのは、日月がこれだ。声は五つに過ぎないが、五声の変は、聴ききることはできない。色は五つに過ぎないが、五色の変は、観きることはできない。味は五つに過ぎないが、五味の変は、めきることはできない。戦いの勢は、奇正に過ぎないが、奇正の変は、窮めきることはできないのである。奇正がめぐって生じあうことは、環に端が無いことの如し。だれがこれを窮められようか。

 激水が疾くして石をも漂わせるものは、勢である。鷙鳥が撃って毀折に至らせるものは、節である。このために善く戦う者は、その勢は険、その節は短にして、勢は弩を張るが如く、節は機を発するが如し。

 乱は治から生じ、怯は勇から生じ、弱は彊から生じる。治乱は数であり、勇怯は勢であり、彊弱は形である。

 それで善く敵を動かす者は、これをあらわせば敵は必ずこれに従い、これをあたえれば敵は必ずこれを取り、利にてこれを動かし、詐にてこれを待つ。

 なれば善く戦う者は、これを勢に求めて人にもとめない。それで能く人を択んで勢に任せる。勢に任せる者が、その人を戦わせるときは、木石を転がすが如し。木石の性は、安ければ静まり、危うければ動き、方なれば止まり、円なれば行く。だから善く人を戦わせるの勢いを、円石を千仞の山に転がすが如くさせるのは、勢である。


訓訳 孫子兵法

虚実篇

 

 孫子は曰う。凡そ先に戦地にて敵を待つ者はやすく、後れて戦地に処て戦いにはしる者はつかれる。それで善く戦う者は、人を致して人に致されない。能く敵をして自ら至らせるのはこれに利するからで、能く敵をして至るを得なくさせるのは、これを害するからだ。それで敵が佚ければ能くこれを労れさせ、ちていれば能くこれをえさせるには、その必ずおもむく所へ出る。

 千里を行って畏れないのは、無人の地を行くのだ。攻めて必ず取るのは、その守らない所を取るのだ。守って必ず固くするには、その攻めない所を守るのだ。だから善く攻める者には、敵はその守る所を知れない。善く守る者には、敵はその攻める所を知れない。微なるかな微なるかな、形は無に至る。神なるかな神なるかな、声は無に至る。それで能く敵の命を司る。

 進むとき禦げなくさせるのは、その虚を衝くからで、退くとき追えなくさせるのは、速やかにして及べなくするからだ。そこでこちらが戦おうとすれば、敵が塁を高く溝を深くするとしても、戦わざるを得なくさせるのは、その必ず救う所を攻めるからだ。我が戦おうとしなければ、地に画してこれを守れば、敵が我と戦うを得ないのは、そのく所にそむくからだ。

 そこで善くひきいる者は、人にあらわさせて我は形さず、さすれば我はあつまって敵は分かれる。我は専まって一となり、敵は分かれて十となる。ここで十を以てその一を攻めるのだ。さすれば我は衆で敵は寡、能く衆を以て寡を撃てば、わたしともに戦う者はあつまるのである。吾が与に戦う地は知られず、知られなければ、敵は備える所が多く、敵の備える所が多ければ、吾と戦う者は寡になるのである。そこで前に備えれば後が寡になり、後に備えれば前が寡になり、左に備えれば右が寡になり、右に備えれば左が寡になり、備えない所が無ければ、寡にならない所も無い。寡になるのは人に備えるからで、衆になるのは人をして己に備えさせるからだ。だから戦いの地を知り、戦いの日を知れば、千里にしても会戦せよ。戦いの地を知らず、戦いの日を知らなければ、左は右を救うことができず、右は左を救うことができず、前は後を救うことができず、後は前を救うことができない。それをまして遠くとも数十里、近くは数里なれば。吾がこれをはかるに、越人の兵は多いといっても、またどうして勝ちに益しようか。これこそ、勝ちはほしいままにできるのだと曰うもの。敵が衆だとしても、闘えなくしてしまうのだ。

 そしてこれをはかって得失の計を知り、これを迹づけて動静の理を知り、これをあらわさせて死生の地を知り、これにれて有余不足の処を知る。

 だから兵を形すことの極みは、無形に至る。無形であれば、深間も窺うことができず、智者も謀ることができない。形に因って勝ちをくだすも、衆が知ることはできない。人が皆な我が勝ちの形を知っても、吾が勝ちを制する所以の形を知ることはい。そしてその戦勝はくりかえさずして、形に窮まり無く応じる。

 それ兵の形は水に象る。水の行くことは、高みを避けて下にはしる。兵が勝つことは、実を避けて虚を撃つ。水は地に因って行くを制し、兵は敵に因って勝ちを制する。だから兵に常の勢は無く、常の形も無い。能く敵に因り変化して勝ちを取る者は、これを神と謂う。それで五行に常勝は無く、四時に常位は無く、日には短長が有り、月には死生が有る。


訓訳 孫子兵法

軍争篇

 

 孫子は曰う。凡そ用兵の法は、将が君より命を受け、軍を合わせ衆を聚め、和を交えてとどまるに、軍争より難しいものは莫い。軍争の難しさは、迂を直とし、患を利とすること。だからそのみちげ、そして利にてこれを誘う。人より後に発ち、人より先に至る。これぞ迂直の計を知る者である。軍争は利、軍争は危、軍を挙げて利を争えば及ばず、軍をいて利を争えば輜重がてられる。このため、甲を巻いてはしり、日夜とどまらず、倍の道を兼ねて行き、百里にして利を争えば、三将軍をとりこにされる。つよい者は先だち、疲れた者は後れ、その法は十に一が至る。五十里にして利を争えば、上将軍をくつがえされ、その法は半ばが至る。三十里にして利を争えば、三分の二が至る。

 それで兵は詐にて立ち、利にて動き、分合にて変をなすものである。だからそのはやきことは風の如く、そのしずかなることは林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如く、知り難きこと陰の如く、動くことは雷震の如くして、きを指すには衆を分け、地をひろげるには利を分け、権を懸けてから動く。迂直の計を先に知る者は勝つ。これぞ軍争の法である。

 軍政に曰う、言っても聞こえない、だから鼓金をつくる、しめしても見えない、だから旌旗をつくる、と。このため昼の戦いには旌旗が多く、夜の戦いには金鼓が多い。さても金鼓・旌旗は人の耳目を一つにする所以である。人が既に専一であれば、勇む者も独りでは進むを得ず、怯む者も独りでは退くを得ない。紛紛紜紜、闘乱して乱れもせず、渾渾沌沌、形円くして敗れもしない。これぞ用衆の法である。三軍には気を奪い、将軍には心を奪える。このため、朝の気は鋭、昼の気は惰、暮れの気は帰にして、善く兵を用いる者は、その鋭気を避け、その惰帰を撃つ。これぞ気を治める者である。治にて乱を待ち、静にて譁を待つ。これぞ心を治める者である。近にて遠を待ち、佚にて労を待ち、飽にて飢を待つ。これぞ力を治める者である。正正の旗を邀えること無く、堂堂の陳を撃つこと勿し。これぞ変を治める者である。


訓訳 孫子兵法

九変編

 

 孫子は曰う。凡そ用兵の法は、高陵には向かうな、背丘にはむかえるな、絶地には留まるな、佯北には従うな、鋭卒は攻めるな、餌兵には食いつくな、帰師はとどめるな、囲師には必ずき、窮寇には迫るな。これぞ用兵の法である。

 みちには由らない所が有り、軍には撃たない所が有り、城には攻めない所が有り、地には争わない所が有り、君命にも受けない所が有る。

 それで将であって九変の利に通じる者は、用兵の法を知っているものである。将であって九変の利に通じない者は、地形を知っていたとしても、地の利を得ることはできないものである。兵を治めても九変の術を知らない者は、五利を知っていたとしても、人の用を得ることはできないものである。

 このために、智者の慮は必ず利害をまじえる。利を雑えるから務めはまことになるのだ。害を雑えるから患いは解けるのだ。

 これだから、諸侯を屈するには害により、諸侯を役するには業により、諸侯を趨らせるには利による。

 それで用兵の法は、その来ないことを恃みとするので無く、こちらの能くこれを待つこと有るを恃みとし、その攻めないことを恃みとするので無く、吾の攻めさせない所が有ることを恃みとするのだ。

 そこで将には五危が有る。必死は殺され、必生は虜にされ、忿速は侮られ、廉潔は辱められ、愛民は煩わされる。凡そこの五つは、将の過ちで、用兵の災いだ。軍を覆し将を殺すのは、必ず五危による。察しなくてはならないのである。



読者登録

小高那さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について