閉じる


はじめに

試し読みできます

はじめに

 はじめに

 今、幕末の志士「坂本龍馬」が人気だ。「失われた20年」とか「100年に一度の大不況」とか叫ばれて久しいが、こういう行く末の見えない混沌とした時だからこそ龍馬のような真のリーダーの登場を社会は待ちこがれるのだろう。しかし、政治の世界にもビジネスの世界にも、日本の社会全体で坂本龍馬のような偉人がいなくなってしまった。日本の国際的地位がだんだんと低下し、国力も民間活力もどんどん衰退して行く一方で、政治は混迷を深めるばかりだ。
 今の日本はまさに、江戸時代末期のような混乱の最中にある。だが残念なことに真のリーダーがいない。輩出して来る気配さえも全くない。日本のように他力本願的で集団性の強い国において、真のリーダー不在は非常に深刻な問題である。このままでは「失われた20年」がすぐに 「失われた30年」になってしまう。

 いやいや、それほど深刻に悲観することはないだろう。確かに今の40代以上の日本人を見渡すと日本の将来を真剣に憂い、行動している大人物は非常に少なく、大変心細く思う。しかし、あの龍馬だって志を高くもち新しい国家像を見据えて明治維新の引き金となった薩長同盟締結に奔走したり、日本最初の商社「亀山社中」を創ったりと、幕末の大混乱時に大活躍したのは30歳前後のまだ青年期といってもよい年頃であった。もちろん龍馬一人ですべてを成し遂げたわけではなく、勝海舟のような先見の明がある師匠との出会いや、西郷隆盛などの維新の立役者達と接して行く中で、龍馬はどでかいことを企て、実践して行ったのだ。

最終更新日 : 2010-10-14 17:29:27

試し読みできます

はじめに

 「求む、坂本龍馬!」の声は、特に今のような混沌とした時代にはよく聞かれる。時代こそ違えど、今の日本も当時と非常に近い共通点がある。世界が大きなパラダイムシフトに直面しダイナミックに変革しようとしている中、日本だけが旧態依然のままなす術を見失い、衰退化の流れを止めることができないでいる。まさに徳川幕府末期のように政治はリーダーシップを発揮できず、国民は醜い政権争いの茶番劇を見せられ、100年に一度の経済危機に対しても経済界のリーダー達はこれまで築いた蔵(資産)と家(ブランド)を守るためにひたすらリストラを強化し、新たなイノベーションへのチャレンジを怠っている。
 龍馬は日本の将来を憂えて、家柄や社会階級による不平等、日本人同士の無駄な争いや人命を不条理に殺める封建的制度に疑問を呈し、「自分は何ができるか」を常に問い詰め熱い志をもって疾風のごとく幕末の混乱期を駈け抜けた。33歳(満31歳)という若さで命を落とすまで、倒幕・明治維新という近代日本の礎に多大なる影響を与えた訳で、それだけでも後世の日本人にとって大いなる刺激と勇気を与えてくれる。
 40代以上の日本人は既にそのDNAを忘れかけているかもしれないので、20・30代の心をもつ君が、再び龍馬のDNAを取り戻し、志と知を結集して活動することで、日本は世界が羨む称賛と尊敬に値するNo.1の国家へ復帰するに違いない。

 龍馬の時代も今の時代も賢人は歴史と諸外国から知を学ぶ。若い君が龍馬として活躍するためには、知らず知らずのうちに衰退していった時代の真実を知る必要がある。
この本は、「失われた20年」である1990年から2010年にフォーカスして、特に日本ビジネス界で起こった真実と、利害関係国での事実を中心に、日本衰退の要因を紐説くことで、現代の龍馬を目指す君への羅針盤としたい。

最終更新日 : 2010-10-14 17:29:27