twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 マーモン
価格 無料
タグ 福島原発原発事故公害パラダイム科学技術経済競争安全な原発原子力村エネルギー放射能
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

17 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
30ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 我々は、産業革命の頃に確立した文明の原理に沿って、日々考え行動し暮らしています。その機械文明は、自然科学の法則の発見、発明品の創造に威力を発揮してきました。おかげで大変便利な生活ができるようになりました。しかし、公害は科学技術で克服しましたが、代わりに原子力発電所から出る核廃棄物、グローバルな気候変動、環境ホルモン汚染、植動物の種の絶滅等といった人類を脅かす問題を新たに生み出し、解決できず苦悩しています。機械文明の原理では、解決できないかもしれないのです。
 この度の福島第1原子力発電所の事故は、機械文明における発電という光明面と放射性物質の未来永劫に亘る悪影響の暗黒面を如実に曝け出しました。原子力村は再び原発安全との宣伝をしていますが、事の本質は安全の押し売りという単純な話ではありません。もっと深く原発事故を掘り下げないと禍根を残しそうです。根源的には近代の哲学観と科学観がこの先の人類の安全を担保できるのかと言うことです。筆者が、一介の哲学者になり思惟したのが拙著です。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧