twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 , 雑誌 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 生活保護孤独死経済的貧困福住節子格差格差社会貧困真田是
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 87ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【特集】生活保護利用者の「人としての生活」保障を考える

貧困と孤立の深まりと広がりは、さまざまな深刻な事態を呈しています。障害を持つ子と高齢の母親の2人暮らし、そこで母親の急病死、残された子が餓死。高齢姉妹暮らしの餓死事件。このような事例の報道は絶えることがありません。少し古いデータ(2006年)ですが、東京都23区の孤独死は、男女合わせて1年間で3,395人、毎日10人前後。死後、発見されるまでの平均日数は、男性12日、女性6.5日です(東京都監察医務院「東京都23区における孤独死の実態」2010年発行より)。経済的貧困と関係の貧困が結びつきを強めています。貧困で失った社会関係を取り戻すことは容易ではありません。

今号では、生活保護利用の実態とその背景を考えながら、失った社会関係の修復や新たな人としての関係づくりから社会で生きることに踏み出せる力を育む活動などを紹介します。4月に行ったシンポジウムの内容を掲載するものです。

なお、当日の参加者の一人、福住節子さん(大学非常勤講師)より感想を寄せていただきました。紹介して、本題に入ります。

今回の「シンポジウム」では、3人の報告者の方々、また質問やコメントをされた方々の発言を通して、多くの気づきや学びの機会を得させていただくとともに、私自身の課題をあらためて確認することができました。

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

この本を開く

日本のお城の探訪記。壮大な天守閣を持つお城から、今は城址公園や記念公園となっている城郭・城館、その土...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

もっとみる