twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 , 雑誌 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 子どもの貧困養育格差拡大貧困問題乳児院児童養護施設児童相談所保育所学校医療機関札幌学院大学松本伊智朗丹波史紀
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 78ページ (Web閲覧)
78ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【特集】「子どもの貧困」に向き合って―容認できない子ども時代の不平等、不公正の実態と解消のために―

国民生活の格差拡大・貧困問題が深刻になる中、家庭で十分な養育が受けられなかったり、教育を受ける機会や病気・けがで治療を受ける機会が奪われてしまうなど、すでに人生のスタートラインで大きな格差に直面し、貧困のために未来への夢を描けない子どもたちが、今の日本にたくさんいます。「子どもの貧困」は社会問題であり、子どもを権利の主体者としてとらえ、その権利が侵害されている実態を明らかにし、どのような社会的対応が必要なのかを検討することは緊急の課題です。

総合社会福祉研究所では先日、「子どもの貧困」をテーマにした市民講座を開催しました。乳児院、児童養護施設、児童相談所、保育所、学校、医療機関からの報告では、「子どもの貧困」の実態とそれに対する福祉・医療・教育の専門職の取り組み、今後の課題などが明らかになりました。また、札幌学院大学教授の松本伊智朗さんは、「子どもの貧困」に注目し、それをめぐる論点をわかりやすく整理して講演されました。本誌10月号は、それらの内容をもとに特集を組みました。

子どもの笑顔がキラキラと輝くことを願うたくさんの方にぜひお読みいただきたいと思います。

◆福祉・教育・医療など広く社会的な努力でしあわせ平等の実現を 丹波史紀さん
◆子どもの貧困に向き合って―実態と実践報告
◆子どもの視点から貧困の再発見を―子どもの貧困をめぐる論点 松本伊智朗さん

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる