閉じる


試し読みできます
母校が無くなった。

統廃合で近くの高校と合併され、廃校となったのだ。
こんなふうに言葉にしてみると、さらに切ない。

校舎は取り壊されずに今もあの時のまま立ちすくんでいるが、通う者は誰もいない。
最後の3年生はどんな思いだったろう。
送ってくれる下級生がいない卒業式なんて想像もつかない。

あの時のスケッチを取り出してみる。
絵を描くのも久しぶりで、長居もできないからさっさと描いて終わらせた。
はっきり言って雑だ。
手直しをしてみようか…いや、その時のままがいいんだ、きっと。

母親が一枚のはがきを持ってきた。
なんと高校の同級生から、ずいぶんとタイムリーな。
裏面は「結婚しました」のお知らせだった。
確かこいつの結婚式には出たはずなのだが…
よく見ると隅っこに小さく「再婚しました」と書いてあり、
自分と相手の女性をハート型に切り取った写真が真ん中に印刷されている。
二人とも白い歯を出して、いい笑顔だ。
しかし再婚でわざわざこんなはがき作るものなのか?

俺は冷やかし半分で、書いてある電話番号にかけてみた。

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

ストロウイカさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について