閉じる


<<最初から読む

2 / 2ページ

【考察】介護とは……また会える喜びを知るもの

  70歳、80歳、90歳……年齢を重ねていくと、どうしても若いときに比べ病気になりやすく、怪我もしやすくなります。昨日まで元気だった人がある日突然倒れてしまい、帰らぬ人となることはけっして珍しいことではありません。
  「一期一会」……若い僕たちには実感するのが難しいかもしれません。あの日出会って、それが最期だった、ということがあります。とても悲しいことです。最期のお別れも言えずにサヨナラをすることもあります。
  その一方で、もうダメかもしれない、そう思いながらも、また出会えることがあります。別ればかりではありません。介護には再会もあるんです。永遠の別れ、悲しみがあるからこそ、再会できる喜びはこの上なく愛しいものです。

この本の内容は以上です。


読者登録

岡本大輔@読書コミュニケーター(社会福祉士)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について