twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格890円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 IT関連 , テクノロジー 作者 栗林健太郎
価格 890円(税込)
タグ PuppetDevOpsサーバ管理LinuxChefプロビジョニング
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

272 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 24ページ (Web閲覧)
115ページ (PDF)
試し読み:2ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
クラウドが一般的になってきた昨今、サーバ構成管理の自動化は、もはやそれなしでは考えられないほど当たり前のものになっています。Puppetは、そのためのフレームワークのひとつです。

Puppetは2005年のリリース以来、後発のChefとともに、サーバ構成管理の自動化に欠かせないフレームワークとして広く利用されてきました。とはいえ、ドキュメントが非常に充実してはいるもののその機能は膨大で、初心者にとって決してとっつきやすいものでないことは確かでしょう。現に、筆者の周りでも「Puppetを学習してみたいけど、どこから手をつけたらいいのか……」という声をよくききます。

クラウドの一般化によって、物理的な制約から離れ、サーバをあたかもプログラム上のオブジェクトであるかのように扱えるようになった現在、エンジニアにとって、Puppetのような自動化ツールを使いこなせるようになることは、技術スキルの向上に大きく寄与するでしょう。この本は、既にPuppetなどの自動化ツールを使いこなしているオペレーションエンジニアよりもむしろ、技術向上への意欲を燃やすアプリケーション開発者への入門となることを目指しています。

本書の目標は、この本を読んだ読者がPuppetの基本についてひととおり知り、オペレーションエンジニアの書いたmanifest(サーバのあるべき状態を記述した設定ファイルのようなもの。後述)に変更を加えたり、ある程度の規模のものなら自力でいちから書けるようになったりすることです。そのため、本書はあえてリファレンスとしての網羅性を目指しません。実際の学習段階で必要となる知識にしぼって説明します。

是非、本書を読みながら自分でも手を動かしてみて、一歩先行くエンジニアになってみませんか。

この本には試し読みが 2 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山...

趣味・生活・芸術

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し...

小説・ノンフィクション

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があ...

ビジネス・教育・社会

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度にお...

小説・ノンフィクション

この本を開く

人差し指と中指の間に入る感情線の持ち主は...

小説・ノンフィクション

もっとみる