閉じる


<<最初から読む

52 / 68ページ

試し読みできます

5−1



でんでんむしむしでんでんむしむし かたつむり~♪でんでんむしむしでんでんむしむし かたつむり~♪(シルバー仮面主題歌「故郷は地球」イントロの節で)

チンチンブラブラチンチンブラブラ ソーセージ~♪チンチンブラブラチンチンブラブラ ソーセージ~♪(シルバー仮面主題歌「故郷は地球」イントロの節で)

ブラックサバスのアイアンマンに日本語版の歌詞をつけてみました。♪俺 アイアンマン 悪い奴らはぶっ飛ばす 俺 アイアンマン 邪魔する奴は許さねえ♪

イングヴェイ・マルムスティーンのデジャヴの替え歌 ♪デ~ジャブ 高木ブー 荒井注 加藤茶♪

HELLOWEENのヘビー・メタル(イズ・ザ・ロー)の替え歌でハッテン行為(イズ・ザ・ロー)というのを考えました。♪ハ~ッテン行為! ハ~ッテン行為! ハッテン!(ハッテン!) 行為!(行為!) ハァァァァァ~ッテン!♪ って連呼してるだけなんですが。

俺の歌を聞いてください。「ドスコイ大相撲」作詞・作曲 オレ様自身 ドスコイ!ドスコイ!ドスコイ!ドスコイ!大相撲! 日本の国技は大相撲(ドスコイ!) ぶつかり揺れる肉と肉 脂肪と脂肪のせめぎ合い 四十八手の決まり技 張り手がはじけて空を切る まわしが外れてアレが出る 「よくぞ日本に生まれけり」 ぶつかり稽古土俵入り 見せろ男のド根性 ドスコイドスコイドスコイドスコイ! 大相撲!(ドスコーイ)

「ネッシー」作詞・作曲 オレ様自身 ネッシー!ネッシー!ネッシーネッシーネッシー!ネス湖のネッシー! 君は見たのか ネッシーを スコットランドの ネス湖に潜む 30メートルメガトンパワー 地球最大のボディだぜ 悪いやつらも ひとのみさ 古代の友よ 聞こえるか 三億年の 雄叫びが ネッシー!ネッシー!ネッシーネッシーネッシー!ネス湖のネッシー! トリャーッ!

機動刑事ジバンを歌っていたらローリングドリーマーになった!♪ジバーンジバーン人は誰でもーローリーンローリーン

俺の歌を聞いてください。「ハッテン・ブギ」作詞・作曲 オレ様自身 ハッテンブギウギハッテンブギ 極限怒張でブギウギ ハッテン ブギ ブギ ハッテン ブギ ブギ ハッテン ブギ ブギ ジョンソン露出でブギウギ サウナでブギ 銭湯でブギ 公衆便所でブギウギ ハッテン ブギ ブギ ハッテン ブギ ブギ ハッテン ブギ ブギ 通報上等でブギウギ

吸盤男!オクトマン!♪悪い奴らを 一網打尽 そいつが俺の 生き様さ 吸盤パワーが炸裂すれば 巨大な敵もタコのツボ イチ!十!百!千!万!オクト! 「オクト百烈拳!」 吸盤男に生まれたからにゃ 行かねばならぬ道がある 吸盤男オクトマン


試し読みできます

6−1



思い出した!小学校の時、クラスでかるたを作るってのがあって、一人一文字担当するんだが、俺の担当は「ぬ」だったんだよ。あの頃から壮絶にツキに見放されていたのかもしれない。

21世紀に伝えたい美しい言葉ベスト3 一位 ドサンピン 二位 ド外道 三位 ド畜生

仕事中精神的にヒマだったので、ウルトラマンタロウのサブタイトルの怪獣の部分を中年に改変してみてたら吹き出しそうになって我慢するのが大変でした。「中年を塩漬けにしろ!」「中年サインはV」「中年の虫歯が痛い!」「歌え!中年ビッグマッチ」「やさしい中年お父さん!」

「人はなぜ富士山を見るか。立派だからだ。人はなぜエジソンを尊敬するか。立派な人物だからだ。ならば、我が輩の立派な陰茎も人は見て崇めるべきだ!」と 夜中に叫んで下半身を露出している中年男がいたので、近所迷惑だから蹴り倒して馬乗りになって殴っていたら俺が逮捕された。世の中間違っとる!

前にも書いたがバスで他に空席がいくらでもあるのにわざわざ俺の隣に座ってくる(主に中年)男性がいると、「この腐れホモ野郎が!」って怒声をあげて椅子から引きずりおろして口の中に丸めた月刊大相撲をねじ込んでやりたくなる。

映画の題名から適当に内容を想像するシリーズ 「ションベンライダー」ライディング中に小便を高速で後方に噴射することで、尿圧によって驚異的な加速力を得ることに成功した天才ライダーの物語。敵に向かって噴射すれば鉄板も貫通する破壊力の武器になる。

映画の題名から適当に内容を想像するシリーズ 「パリ・テキサス」パリ人の中年男性とテキサス人の中年男性がイデオロギーの違いから対立して、サバットとウエスタンラリアートが激突する大抗争になる。 最後は友情がめばえてフレンチドレッシングとバーベキューソースを交換する。

映画の題名から適当に内容を想像するシリーズ「ゴッドファーザー」神(ゴッド)の力を拳に宿した神父が、世界をまたにかけて邪悪な存在と戦う伝奇バイオレンスアクション。主演 ドルフ・ラングレン 監督 アンソニー・ヒコックス

映画の題名から適当に内容を想像するシリーズ「フェイス・オフ」顔面をスーパーウェポンに改造したスーパー特殊工作員が、世界をまたにかけて悪と戦うバイ オレンスアクション。「フェイス・オフ!」のかけ声で顔面が外れて、目からビームを出して鼻からミサイルを連射して口から火を吐く。

このクソ暑いのに辛ラーメンか…


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

combatzandigさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について